説明

バイエルクロップサイエンス株式会社により出願された特許

21 - 23 / 23


【課題】
十分な残効性を維持しつつ速効性が付与された除草用混合液剤等を提供すること。
【解決手段】
有効成分として、N’―メトキシカルボニルスルファニルアミドナトリウムとDL−ホモアラニン−4−イル(メチル)ホスフィナートの塩類とを重量比で1:1〜20:1の割合で含有することを特徴とする除草用混合液剤、及び、当該混合液剤の有効量を雑草又は当該雑草が生息する領域に対して施用することを特徴とする除草方法等。 (もっと読む)


【課題】 農薬活性化合物の溶出が促進された農薬粒剤を提供すること。
【解決手段】 アニリノカルボニル部分を有する化学構造をもつ農薬活性化合物とアルカリ土類金属の炭酸塩を含有することを特徴とする、該農薬活性化合物の溶出が促進された農薬粒剤。 (もっと読む)


グリホサートの有する残効性を維持しつつ速効性を併せ持たせ、投下薬剤量を20%程度減少させ得る除草用混合液剤を提供する。グリホサートに対して、重量比率で、その1/5から1/15のグルホシネートを混合した除草用混合液剤。 (もっと読む)


21 - 23 / 23