説明

日本農薬株式会社により出願された特許

91 - 97 / 97


【解決手段】 一般式(I)


{式中、Qは(C−C)アルキル基、ハロ(C−C)アルキル基、フェニル基、置換フェニル基等、Rは水素原子、(C−C)アルキル基等、Rは水素原子、(C−C)アルキル基等、R及びRは、水素原子、(C−C)アルキル基等、又、RとRは一緒になって(C−C)アルキレン基を形成でき、Rは(C−C)アルキル基、ハロ(C−C)アルキル基、フェニル(C−C)アルケニル基、置換フェニル(C−C)アルケニル基、フェノキシ(C−C)アルキル基、置換フェノキシ(C−C)アルキル基等、Wは酸素原子等、−NR−等。}で表されるアミノアセトニトリル誘導体及び該誘導体を有効成分とする有害生物防除剤並びにその使用方法。
【効果】農園芸分野の害虫及び家畜・ペット等に寄生する動物分野の外部寄生虫に対して防除効果を示す。 (もっと読む)


【解決手段】 一般式(I)


(式中、Arは同一又は異なっても良くハロゲン原子、ハロ(C−C)アルキル基、ハロ(C−C)アルコキシ基等から選択される置換基を有する置換フェニル基等、Arは同一又は異なっても良く、ハロゲン原子、ハロ(C−C)アルキル基、ハロ(C−C)アルコキシ基等から選択される置換基を有する置換フェニル基等、GはNH、単結合等、Rは水素原子、(C−C)アルキル基、ハロ(C−C)アルキル基等、Rは(C−C)アルキル基等、R、R、R及びRは水素原子等、Wは酸素原子等、nは0等)で表されるN−シアノアルキルチオイミデート誘導体及び該誘導体を有効成分とする有害生物防除剤並びにその使用方法。
【効果】 農園芸分野の害虫及び家畜・ペット等に寄生する動物分野の外部寄生虫に対して顕著な防除効果を示す。 (もっと読む)


【課題】 農園芸用殺虫剤として優れた防除活性を有し、他の殺虫剤等と混合使用しても優れた効果を奏する新規な殺虫剤を提供する。
【解決手段】 一般式(I):


{式中、R1及びR2はH、(置換)C1-C6アルキル、C1-C6アルコキシカルボニル、R3はC1-C6アルキル、AはH、アルキル、アルケニル、アルキニル、(置換)フェノキシアルキル等、pは0〜4、qは0〜2、Xはハロゲン、CN、NH2、アルキル、アルケニル、アルキルチオ等、mは0〜4、YはH、ハロゲン、CN、NH2、アルキル、(置換)フェニル等、nは1〜5、Z1とZ2はC−Y、N。}の光学活性フタルアミド誘導体、その塩類、該誘導体を有効成分とする農園芸用殺虫剤。 (もっと読む)


【解決手段】 一般式(I):
【化1】


(式中、R1はアルキル、(ハロ)アルキル、アルケニル、アルキニル、(置換)フェニル、(置換)フェニルアルキル等、R2はH、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシアルキル、シアノアルキル、ハロアルキルカルボニル、アルケニルカルボニル等、R3はハロゲン、CN、NO2、OH、−SF5、アルキル、アルケニル、アルキニル、アルコキシ等、R4はハロゲン、(ハロ)アルキル、アルケニル、(ハロ)アルコキシ、OH、ホルミル、CN、−SF5等、2R4は−OCF2O−、−OCF2CF2O−等、XはO、S、−NH−又は単結合、YはO、S、mは0〜3、nは1〜5、pは0又は1。)で表されるフェニルピリジン類又はその塩類、該化合物を有効成分とする除草剤。
【効果】 本発明化合物は、高い除草効果を示し、重要作物に対して十分な安全性を示す除草剤である。 (もっと読む)


【課題】 医薬及び農薬の製造原料又は有効成分として有用なイミノキナゾリノン類の新規かつ経済的な製造方法を提供する。
【解決手段】 一般式(II)で表されるアニリン類とハロゲン化ギ酸エステル類と反応させ、フェニルカルバミン酸エステル類とし、該フェニルカルバミン酸エステル類を、ラジカル開始剤の存在下にハロゲン化剤と反応させ、ハロメチルフェニルカルバミン酸エステル類とし、該ハロメチルフェニルカルバミン酸エステル類をヒドラジンと反応させることにより、アミノキナゾリン類とし、該アミノキナゾリン類をアルデヒド類と反応させることにより、一般式(I)で表されるイミノキナゾリノン類を製造する。
【化1】


【効果】 医薬及び農薬の製造原料又は有効成分として有用なイミノキナゾリノン類を効率的かつ安価に提供できる。
(もっと読む)


【課題】従来のマイクロカプセル化技術は、被膜物質が太陽光による光分解を受けて被膜の透過性に変化が起きると、効果持続期間の短縮や薬害発生などの好ましくない問題が発生する。例えば、成分が必要以上に速く放出し残効不足となったり、薬害発生につながる危険性がある。
本発明の目的は、太陽光によるマイクロカプセル被膜の分解が小さいことにより、自然環境下での使用において耐光性の優れたマイクロカプセル農薬組成物を提供することにある。
【解決手段】界面重合法を用いたポリウレア樹脂被膜マイクロカプセル農薬組成物において、ポリアミン類として1種又は2種以上のポリオキシアルキレンアミン類を原料として使用する。
【効果】耐光性の優れたマイクロカプセル農薬組成物を得ることができ、自然環境下においてマイクロカプセル中の活性成分の溶出を制御し優れた効果持続性を発揮させることができた。 (もっと読む)


【解決手段】 一般式(I):
【化1】


{式中、R1はH、C1-C6アルキル、ハロC1-C6アルキル他。;R2はH、ハロゲン、C1-C6アルキル他。;GはC2-C10アルキル他。;Zは酸素原子又は硫黄原子;Xは同一又は異なっても良く、H、ハロゲン原子他。;Yは同一又は異なっても良く、H、ハロゲン原子、シアノ基他。;m及びnは1〜3の整数を示す。}
で表される置換ピラジンカルボン酸アニリド誘導体及びその塩類、及び該化合物を有効成分とする農園芸用薬剤、その中間体化合物並びにその使用方法。
【効果】農園芸用薬剤、特に農園芸用殺虫剤又は殺ダニ剤として従来の薬剤に比して優れた殺虫、殺ダニ作用を示す。 (もっと読む)


91 - 97 / 97