説明

株式会社日立システムズにより出願された特許

1 - 10 / 394



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】コンペア結果内から確認する必要のない不一致箇所の抽出を防止すること。
【解決手段】本番環境資材データベース133及びテスト環境資材データベース140から取得した本番用資材情報とテスト用資材情報との比較によるコンペア結果を作成するコンペア処理部120と、テスト用資材情報が本番用資材情報とのリリース確認作業を行うためのチェックリストを作成するチェックリスト作成処理部115と、前記コンペア処理部120によるコンペア結果を読み込み、該コンペア結果の不一致箇所からリリース日時及び資材格納先のパスの確認不要な箇所を除いた他項目の不一致箇所を記載した不一致箇所通知書を出力する結果確認処理部125とを設けた資材リリース確認支援システム。 (もっと読む)


【課題】特定の分析対象ドメインにおいて、所有する分析対象データに含まれないドメイン知識を有するテキストデータを抽出し、分析対象ドメイン内での分析結果の精度を向上させることができるテキストデータ管理システムを提供する。
【解決手段】テキストデータ管理システムにおいて、入力されたデータ分析要求に基づいて、分析対象データ群501から分析対象データを抽出し、抽出した分析対象データから特徴量を抽出する連携管理サブシステム300と、分析対象データおよび特徴量に基づいて、テキストデータ群503からテキストデータを抽出して、抽出したテキストデータを分析するテキストデータ管理サブシステム400とを備え、テキストデータ管理サブシステム400は、分析に利用したテキストデータと分析対象データの特徴量を関連付けて履歴として管理し、テキストデータの抽出を履歴の特徴量の類似度に基づいて行う。 (もっと読む)


【課題】携帯端末から送信される電子メールを利用して任意のコマンドを実行する。
【解決手段】携帯端末から利用者が実行させたいコマンドに対応する予め決められた宛先メールアドレスが設定され、コマンドの実行に必要なパラメタが設定されたコマンド実行指示メールを送信し、サーバコンピュータのメール受信手段は、コマンド実行指示メールを受信し、利用者DBを参照し、利用者に実行権限があることを確認して、メール本文を解析して実行指示パラメタを取得し、そのパラメタと受信したメールとをコマンド生成手段に送信し、コマンド生成手段は、制御DBから宛先メールアドレスに対応する実行指示コマンド雛型を取得し、実行指示コマンド雛型と実行指示パラメタとから実行指示コマンド文字列を生成して前記コマンド実行コンピュータに送信してコマンドを実行させる。 (もっと読む)


1 - 10 / 394