説明

株式会社日立ハイテクコントロールシステムズにより出願された特許

21 - 30 / 130



【課題】
プロセス制御システムの分野で、システムを構築するに当たってテストを効率化する仕掛けを提供する。
【解決手段】
プロセス制御システムを構成するプロセス機器をソフト的にモデル化し、このソフト的にモデル化した機器モデルを登録する機器モデル登録部250と、そのプロセス制御手順を登録するプロセス制御手順登録部240とを備え、テスト時には、このプロセス制御手順と関連付けて対応する前記機器モデルを仮想的に作動し、この機器モデルからの動作信号をテスト結果DB300に逐次蓄積するとともに、この蓄積データを前記プロセス制御手順と関連付けて登録・テスト用端末60に画面表示することで、プロセスモデルベースでのテストを実現した。 (もっと読む)


【課題】グラフィック画面を作画する際に、視覚的に登録内容を明確にすることができ、登録・変更を容易に行えてドキュメント作成効率・エンジニアリング効率向上を図ることができる計装用オペレータズコンソールを提供する。
【解決手段】プロセス監視制御システムに用いられ、プロセス状態を表す表示形態を表示してプラント制御装置の運転状態を監視するためのグラフィック画面の作画と表示に用いられる計装用オペレータズコンソールにおいて、表示形態を構成する構成要素と構成要素の詳細情報であるプロパティについての登録情報、及び構成要素とプロパティとの対応を表す関連情報を格納する記憶装置を備える。グラフィック画面250上で構成要素が選択されると、登録情報と関連情報に基づき、選択された構成要素と関連付けて、選択された構成要素のプロパティ260をグラフィック画面上で表示する。 (もっと読む)




【課題】メンテナンスの際に搬送装置を容易に移動することを可能とし、かつ、再設置時に位置の再現性が得られるようにし、搬送ロボットのティーチングが不要とし、露光装置及びコータ・デベロッパの稼動停止時間の短縮を実現する。
【解決手段】装置固定台210と、装置固定台210の下面に固定された位置決め用突起部8a、8b、8cと、位置決め用突起部8a、8b、8cに対応する位置決め用突起受け部7a、7b、7cと、装置固定台210を鉛直方向に移動させるための昇降機構と、装置固定台210を水平移動させるための水平移動機構と、昇降機構を操作するための操作部とを含む搬送装置用位置決め機構を用いる。 (もっと読む)






21 - 30 / 130