説明

伯東株式会社により出願された特許

81 - 90 / 135


【課題】グリセリンの3つの水酸基のうち1位と3位の水酸基の間でアセタール化されたベンジリデングリセロールが優先的に生成し、製造コストの低廉なベンジリデングリセロールの製造方法を提供する。
【解決手段】ベンズアルデヒドとグリセリンとをハロゲン化アルキル溶媒中、酸触媒の存在下でアセタール化する(アセタール化工程)。次に、アセタール化工程で得られた反応生成物から再結晶法によってcis-1,3-O-ベンジリデングリセロールを単離する(精製工程)。 (もっと読む)


【課題】 腐食性の有機酸または有機酸を含む溶液と接触しているステンレス鋼の腐食を抑制する方法を提供する。
【解決手段】有機酸または有機酸を含む溶液中に特定のN−オキシル化合物を存在させる。 (もっと読む)


【課題】界面活性剤および高粘度シリコーンのように石鹸等と馴染みにくい油性成分を配合しない紫外線防止化粧料を提供することで十分な耐水性を持ちながら、しかも洗い流しが容易な紫外線防止化粧料及びその製造方法を提供する。
【解決手段】表面に含水ケイ酸及び/又は含水ケイ酸化合物を被覆した微粒子酸化チタン、高級アルコール、高級アルコールを除く油性成分及び多糖類を含有し、多糖類はフコース、グルコース、グルクロン酸、ラムノースの内少なくとも1種を構成単糖とし、フコース及び/又はラムノースを側鎖に含む多糖類が化粧料の全量に対して0.01重量%〜1重量%含有される乳化状態の化粧料およびその製造方法である。 (もっと読む)


【課題】被乳化分散成分の油性基剤及び/または顔料と乳化分散剤と水を含む化粧料において、熱安定性や経時安定性が向上した化粧料およびその化粧料の製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】 粒子構造をした多糖類を主成分とした乳化分散剤と、2種以上の被乳化分散成分を含有する化粧料である。その被乳化分散成分の誘電率が1〜5(F/m)であり、且つ無機性値と有機性値の比が0〜0.5の範囲であることを特徴とする化粧料及びその製造方法である。 (もっと読む)


【課題】硫化鉄、硫酸亜鉛及び硫化銅などの水難溶性金属硫化物を含むデポジットの洗浄方法であり、取扱性に優れ、作業安全性がよく、短時間で充分な洗浄効果を発揮することができる水難溶性金属硫化物を含むデポジットの洗浄方法を提供することを解決すべき課題としている。
【解決手段】水難溶性金属硫化物を含むデポジットに過酸化水素と酸を共に接触させて、当該デポジットを除去することを特徴とする水難溶性金属硫化物を含むデポジットの除去方法。 (もっと読む)


【課題】 精度の高い傾き調整機能付きプレス装置、傾き調整機能付きパターン形成装置、型の傾き調整方法を提供すること。
【解決手段】 加工対象物200に転写するための所定のパターンが形成されている型100と、加工対象物200を保持するための対象物保持手段20と、型100を保持するための型保持部41を一端に有すると共に、型100のパターンが形成されている面の中心を中心点とする凸球面46を有する型保持手段40と、凸球面46と当接する凸球面46と同径の凹球面55を有し、型保持手段40を介して型100を加工対象物200に押圧する押圧手段50と、凸球面46を凹球面55に対して自由な方向に変位させるための傾き調整手段60と、を具備する傾き調整機能付きパターン形成装置を用いて、正確に型100と加工対象物200との相対的な傾きを調整する。 (もっと読む)


【課題】硫酸バリウムや硫酸カルシウムを含んだデポジットに対して短時間で充分な洗浄効果を発揮することができる工程水系の洗浄方法を提供する。
【解決手段】本発明の工程水系の洗浄方法は、炭酸塩、リン酸塩及びホスホン酸塩の少なくとも1種を含み、pHが8以上とされた第1洗浄液を硫酸バリウム及び/又は硫酸カルシウムを含んだデポジットが存在する工程水系に流通させる(第1洗浄工程)。その後、工程水系に塩酸、硝酸、スルファミン酸、有機酸等を含む第2洗浄液を流通させる(第2洗浄工程)。 (もっと読む)


【課題】 紙パルプ製造工程において、紙パルプの製造及び製品品質に影響を及ぼすことなく、当該工程水中におけるピッチ粒子やコロイド状ピッチの分散性を向上させ、これらの凝集を防止し、紙の汚点・欠点・断紙、作業性の低下などのピッチ障害を防止するピッチコントロール剤及びピッチコントロール方法を提供する。
【解決手段】 二塩基性カルボン酸化合物とポリアルキレンポリアミンのポリアミドポリアミン縮合物にエピハロヒドリンを当該ポリアミドポリアミン縮合物中のアミノ基に対してモル比で1:0.001〜1:0.3の範囲で反応させて得られる水溶性ポリアミドポリアミン−エピハロヒドリン縮合物を有効成分として含むことを特徴とする紙パルプ製造工程用ピッチコントロール剤及びピッチコントロール方法。 (もっと読む)


【課題】硫酸バリウムや硫酸カルシウムを含んだスケールに対して短時間で充分な洗浄効果を発揮することができる紙・パルプ製造工程用洗浄剤及び紙・パルプ製造工程用洗浄剤系の洗浄方法を提供する。
【解決手段】本発明の紙・パルプ製造工程用洗浄剤は、炭酸塩、リン酸塩及びホスホン酸塩の少なくとも1種と、アミノカルボン酸塩型キレート剤とを有効成分として含む。この紙・パルプ製造工程用洗浄剤を紙・パルプ製造工程系中に添加し、pHを8以上とすることによって、デポジット中の硫酸バリウムや硫酸カルシウムを溶解除去する。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、補給水としてイオン交換水を使用しており鋼材と銅合金を含むボイラシステム(ボイラ本体だけでなく脱気器、給水配管、給水ポンプ、給水予熱器、エコノマイザー等のボイラの給水系統ならびに過熱器、タービン、蒸気配管、復水器、復水配管等の蒸気・復水系統も含む)において、鋼材と銅合金の腐食を同時に防止できる腐食抑制方法を提供することである。
【解決手段】 補給水としてイオン交換水を使用し、鋼材と銅合金を含むボイラシステムの腐食抑制方法において、(A)炭素数が3〜5のアルコキシアルキルアミンと(B)モルホリン、更には(C)2−アミノエタノールを添加して、給水のpH(25℃)を9.0〜9.5に調整することを特徴とするボイラの腐食抑制方法。 (もっと読む)


81 - 90 / 135