説明

富士通テレコムネットワークス株式会社により出願された特許

1 - 10 / 682



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 本発明はシェルフの冷却風漏出防止構造に係り、ユニット非実装スロットからの冷却風の漏出を防止すると共に、構造が簡単で保守の手間がかからない冷却風漏出防止構造を提供することを目的とする。
【解決手段】 スロット毎に収納された挿抜可能な伝送装置の複数のユニットに、各スロット内に設けた通風口からファンによる冷却風の通風を行うシェルフであって、各スロット内に前記通風口を開閉するスライド板を配設すると共に、当該スライド板に前記ユニットとの係止部材を設けて、ユニットの挿抜に連動してスライド板をスライド可能に構成し、前記スロットからのユニットの抜去により、前記スライド板で前記通風口を閉鎖し、前記スロットへのユニットの挿入により、前記スライド板で前記通風口を開放することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】高変換効率、高信頼性、低コストな前置コンバータ付き電源装置を提供する。
【解決手段】第1DC−DCコンバータ50は、負荷R1に供給すべき電圧を生成する。前置コンバータ40は、第1DC−DCコンバータ50の前段に接続され、昇圧チョッパを含む。制御部70は、前置コンバータ40への入力電圧が所定の基準値より低くなったとき、昇圧チョッパを稼働させて、入力電圧を昇圧する。第2DC−DCコンバータ80は、制御電圧を生成する。第2DC−DCコンバータ80の入力端子は、前置コンバータの40出力端子に接続される。 (もっと読む)


【課題】パケット伝送ネットワークにおいて、監視制御信号を好適に伝送する。
【解決手段】パケット伝送システム10は、パケット伝送ネットワークを構成する複数のパケット伝送装置A〜Gと、監視制御信号を用いてパケット伝送装置A〜Gの監視制御を行う監視制御装置12とを備える。遠隔監視制御装置12は、パケット伝送装置A〜Gを制御して、パケット伝送ネットワークを伝送される監視制御信号のデータ量に応じて監視制御信号用の帯域を動的に変化させる。 (もっと読む)


【課題】熱電対ののべ配線長を低減するとともに、各制御装置でのCPUの処理負荷を低減し温度データ受信処理を迅速化した充放電試験システムを実現することを目的とする。
【解決手段】複数の試料に対して充電試験または/及び放電試験を遂行する充放電試験システムにおいて、複数の試料の温度を検出する複数の熱電対と、複数の熱電対から取得したデータに基づいて複数の試料の温度を算出し、シリアルデータに変換して出力する温度計測装置と、複数の熱電対のいずれか任意の一つに対して排他的に導通制御するスイッチ部と、複数の試料の充放電を各々制御する複数の制御装置とを備える充放電試験システムとする。 (もっと読む)


【課題】
従来、二次電池を試験する充放電試験装置の校正作業を保守者が計測器を用いて定期的に行わなければならず、多大な手間とコストが掛かるだけでなく、校正中は充放電試験装置を使用できなくなり、二次電池の生産効率が低下するという問題があった。
【解決手段】
本発明に係る校正機ユニットは、二次電池の試験に使用する充放電試験装置を校正するための校正機ユニットにおいて、前記校正機ユニットは、前記二次電池と同じ配置の接続端子を有する前記二次電池と同形状の筐体で構成され、前記二次電池の代わりに前記接続端子を介して前記充放電試験装置に接続して前記充放電試験装置との間の電気的特性を計測する計測部と、前記充放電試験装置との間で無線通信を行う無線通信子機と、前記計測部と前記無線通信子機とに電源を供給するユニット用二次電池とを有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】外部メモリの個数を抑制しつつ、メモリへの高速なアクセスと、ユーザトラヒックのバースト吸収とを両立したスイッチ装置を実現する。
【解決手段】スイッチ装置100は、アクセス速度が高速で小容量の内部メモリ20と、アクセス速度が低速で大容量の外部メモリ80を備える。振分け処理部30は、入力ポート12において受け付けられたパケットを格納すべきバッファとして、内部メモリ20の空きが所定の閾値未満の場合に内部メモリ20を選択する一方、内部メモリ20の空きが所定の閾値未満の場合は外部メモリ80を選択する。 (もっと読む)


【課題】屋外ボックスの小型化を維持しつつ、内部外設置装置の確実な冷却を可能とした冷却構造を提供する。
【解決手段】ケーブル余長処理ボックス11と、ケーブル余長処理ボックス11内部と連通する屋外ボックス25と、屋外ボックス25に収容され、ケーブル余長処理ボックス11と屋外ボックス25の内部とに夫々連通するメタルボックス43とからなり、ケーブル余長処理ボックス11内に、屋外ボックス25との連通領域とメタルボックス43との連通領域とを区画する隔壁79を設け、隔壁79で区画された屋外ボックス25との連通領域側のケーブル余長処理ボックス11に吸気口21を形成し、隔壁79で区画されたメタルボックス43との連通領域側のケーブル余長処理ボックス11に排気口17を設けると共にファン81を装着し、メタルボックス43の外周に、ケーブル余長処理ボックス11内に突出するヒートシンク53を取り付けた。 (もっと読む)


【課題】 本発明はネジの抜止め構造に係り、保護カバーやユニットなどの取付部材をネジを用いて電源端子盤や機器本体などの被取付部材に着脱する際に、ネジの確実な脱落防止を図ったネジの抜止め構造を提供することを目的とする。
【解決手段】 被取付部材に取付部材を固定するネジの抜止め構造であって、前記取付部材のネジ挿入穴の周囲に形成された係合部と、前記係合部に係脱可能な係合手段が形成された環状の抜止めクリップとからなり、前記ネジ挿入穴に挿入されたネジの頭部側から前記係合部に係合手段を係合し、ネジの軸部に取り付くワッシャを抜止めクリップで抜止め保持することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】非同期網からの受信データを所定フレームに収容する際のコード変換に伴うデータ量の増加分を予測可能にして、同期網の回線使用効率を向上させる。
【解決手段】非同期網からの受信データを収容したフレームを複数のセグメントに分割し、該分割した各セグメントの未使用コードを検出する。各セグメント内にある特定コードを、上記検出した各セグメントの未使用コードにそれぞれ変換し、該コード変換後のフレーム間のギャップ部分に、無効を示すコードとして上記特定コードを挿入することにより、同期網を伝送可能なフレームを生成する。 (もっと読む)


1 - 10 / 682