説明

株式会社フジシールインターナショナルにより出願された特許

581 - 590 / 641


【課題】 本発明は、ネジキャップの付いた容器に装着される熱収縮性筒状ラベルに於いて、装着された筒状ラベルが、ネジキャップの開封時に、容器に対して空回りし難く改良することを課題とする。
【解決手段】
注出口を開閉栓可能なネジキャップ25と円筒状の胴部22とを有する容器の該円筒状の胴部22にシュリンク装着される熱収縮性筒状ラベル1であって、85℃温水中に10秒間浸漬した際の周方向に於ける最大収縮応力が9N/15mm以上の筒状ラベル。 (もっと読む)


【課題】 保管流通時などの際、梱包材内で偏りを生じ難く、梱包材から取り出した後、ラベルの突出部が自立復帰しうるラベル付き包装箱を提供する。
【解決手段】 接続部23を介して一面部22及び他面部21の少なくとも2面が形成された包装箱2と、包装箱2に貼着可能な貼着部31と貼着状態で包装箱2から突出する突出部32とを有する柔軟シートからなるラベル3と、を備え、ラベル3の貼着部31が、包装箱2の一面部22に貼着されていると共に、ラベル3の突出部32が、包装箱2の接続部23から他面部21の外側へ伸びて突出しており、包装箱2の接続部23が、鈍角状又は円弧状に形成されているラベル付き包装箱。 (もっと読む)


【課題】 振動や揺動によっても破損することが無く、確実に医療用薬液バッグを保護することが可能な医療用薬液バッグ収容袋をローコストに提供する。
【解決手段】 傾斜融着部14a,14bは、収容空間15を底融着部13に向けて幅を狭め、かつ収容空間15の中央に向けて収容袋10の両側辺から遠ざかるように傾斜して融着されている。傾斜融着部14a,14bと底融着部13とで区画された略三角形の領域は、シート材11aとシート材11bとが互いに融着されない非融着領域17とされている。この非融着領域17では、皺や角が生じる。シート材11aとシート材11bとが互いに離れて広がるなどの状態を許容する。 (もっと読む)


【課題】手で簡単に開封することができる開封作業性に優れたサイドガセットタイプのパウチ容器を提供する。
【解決手段】パウチ本体10と、このパウチ本体10の開封開始位置に貼着される破断用シール20とから構成されており、パウチ本体10を形成しているフレキシブルシートには易裂性が付与されている。パウチ本体10は、1枚のフレキシブルシートを順次折り畳むことによって、表裏一対の外装部11及び左右一対のサイドガセット部12を形成し、そのフレキシブルシートの両端部の内面同士を背面側で重ね合わせてヒートシールすることで筒状に形成した後、上縁部及び下縁部の内面同士を相互にヒートシールすることによって袋状に形成されている。パウチ本体10は、開封開始位置が設定されている左側縁におけるサイドガセット部12の折込量を表面側と裏面側とで変化させており、表面側の左側縁SEが裏面側の左側縁BEに対して内側に入り込んでいる。 (もっと読む)


【課題】 輸液バッグ保存用外装袋の連続体を、製造後、直ぐには切断せず、一旦プリメイドロールにして輸送、保管等する場合であっても、切断した輸液バッグ保存用外装袋がブロッキングすることのない輸液バッグ保存用外装袋の連続体を提供することを課題とする。
【解決手段】 本発明は、重ね合わせたガスバリアー性フィルム帯の側方及び間隔を空けて複数の幅方向が適宜シールされ、切断することで、輸液バッグを収納するための開口を残して両側部から底部にかけての三方向が、側方シール部、位置規制シール部及び底シール部によって連続的にシールされ、該開口から輸液バッグを収納した後、該開口をシールして封止するようになっている輸液バッグ保存用外装袋が得られるようになっている輸液バッグ保存用外装袋の連続体であって、前記三方向のシール部によって画定されている輸液バッグ保存用外装袋の内部空間と、その外部とを遮断するための封止用シール部が形成されてなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】液体内容物の注出作業性に優れ、しかも、液体内容物を完全に注出することができるパウチ容器を提供する。
【解決手段】自立性を有するボトムガセットタイプのパウチ本体10と、このパウチ本体10における一方の側縁に装着されるスパウト20とから構成されている。パウチ本体10は、表裏一対の外装シート11と、外装シート11の下端部において両者の間に折り込まれるガセットシート12とから構成されており、外装シート11の上縁部及び両側縁部が相互にヒートシールされることによって胴部が形成されると共に、外装シート11間に折り込まれたガセットシート12の周縁が外装シート11の内面にヒートシールされることによってボトムガセット部が形成されている。スパウト20が装着される一方のサイドシールSSaの内縁は、スパウト20の装着位置からボトムガセット部に向かって、他方のサイドシールSSb側に徐々に近づいている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、看者にデザインの立体感を印象付けることができる立体的意匠表示が施されたラベルを提供することを課題とする。
【解決手段】 3次元モデル表面を実測して得られた3次元データ(X,Y,Z)及び色彩データ(R,G,B)のうち、高さデータ(Z)を平面上に変換すべく、2次元データ(X,Y)及び色彩データ(R,G,B)から選ばれる少なくとも1つのデータを立体化補正処理することにより得られた2次元画像データに基づいて立体的意匠表示3が印刷されているラベルを解決手段とする。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、容器に良好に装着でき且つより断熱性に優れた熱収縮性筒状ラベルを提供することを課題とする。
【解決手段】 少なくともラベルの周方向に熱収縮しうる熱収縮性フィルム層3に発泡樹脂層5が積層されたラベル基材2を、発泡樹脂層5を内側にして筒状に形成してなる熱収縮性筒状ラベルであって、発泡樹脂層5の樹脂成分が、ラベルの縦方向に配向されており、熱収縮性フィルム層3が、少なくともラベルの周方向に熱収縮可能で、且つこの熱収縮温度に於いて発泡樹脂層5の周方向の熱収縮率が、熱収縮性フィルム層3の周方向の熱収縮率よりも小さいことを特徴とする。 (もっと読む)


本発明の熱収縮性乳白フィルムは、無彩色又は380〜500nmの波長帯域の光の透過を抑制する有彩色の中心層と白色の表裏層とを有する。中心層は黒、黄、赤又は茶系の顔料を含有していてもよい。前記熱収縮性乳白フィルムの好ましい態様では、380〜500nmの波長帯域の光の透過率が5%以下である。前記熱収縮性乳白フィルムの他の好ましい態様では、中心層が無彩色であって、200〜600nmの波長帯域の光の透過率が3%以下である。本発明のシュリンクラベルは上記の熱収縮性乳白フィルムの表層側の表面に表示印刷インキ層を有している。また、本発明のラベル付き容器では容器本体に上記のシュリンクラベルが装着されている。このようなラベル付き容器は、容器内容物の光による変色や変質を抑制でき、デザイン等の印刷が鮮明で、しかも容器内容物を見たときの印象に優れる。
(もっと読む)


【課題】サイドガセット部を有するパウチ容器において、指掛穴や指掛穴を形成可能な切目部分から破断しにくいパウチ容器を提供する。
【解決手段】表裏一対の外装シート11及び両外装シート11の両側部から内側に折り込まれてガセット部を形成する左右一対のガセットシート12を有し、ガセットシート12の周縁部が外装シート11にヒートシールされると共に外装シート11の上縁部及び下縁部が相互にヒートシールされることで、袋状に形成された容器本体10と、容器本体10に装着されるスパウト20とから構成されている。一方のサイドガセット部は、外装シート11とガセットシート12のヒートシール部分が外側に張り出しており、そこに指掛穴13が形成されている。指掛穴13部分は、外装シート11の指掛穴のサイズが、ガセットシート12の指掛穴のサイズよりも小さく、指掛穴13の周囲は表裏一対の外装シート11同士がヒートシールされている。 (もっと読む)


581 - 590 / 641