説明

株式会社フジシールインターナショナルにより出願された特許

71 - 80 / 641


【課題】 本発明は、表示スペースのさらなる増大を図ることができるPOPラベルを提供する。
【解決手段】 本発明のPOPラベル1は、第1シート21及び第2シート22が粘着剤層31を介して積層されたラベル基材2から形成されており、第2シート22側を商品に向けて貼付されるラベルであって、商品に貼着可能な貼着領域S1と、前記商品に貼着不能で且つ商品の端部から突出させる突出領域Tと、を有し、前記貼着領域S1における前記第2シート22の所定部分22aを分離するための切込み線4が前記第2シート22に形成されており、前記所定部分22aに対応した前記第1シート21と第2シート22の層間に、剥離層5が設けられている。 (もっと読む)


【課題】導電性シートの両端部同士を連結して筒状に形成した発熱体を使用する場合において発熱体が確実に発熱するようにする。
【解決手段】非導電性材料からなる容器本体1の側壁部11に、電磁誘導によって発熱する発熱体2を備えた誘導加熱調理用容器であって、発熱体2は、電磁誘導で発熱可能な導電性シートの両端部同士が連結されることにより筒状に形成され、該発熱体2の連結部である重ね合わせ部20において、導電性シートの両端部同士が電気的に接触している。 (もっと読む)


【課題】ラベル貼着過程等で印字が可能な個別ラベル部を備え、且つ流通過程等における当該個別ラベル部の意図しない剥離を十分に防止できるタックラベル及び当該ラベルを有するラベル付き容器を提供することである。
【解決手段】タックラベル10は、目的物に貼着される個別ラベル部24を構成し、当該個別ラベル部24の表面に設けられた印字面域27を含む第1タックラベル20と、第1タックラベル20の表面上に積層される第2タックラベル30と、を備え、第2タックラベル30は、印字面域27を除く個別ラベル部24表面の周縁をカバーして、印字面域27を表出させた状態で積層されている。なお、第1タックラベル20には、個別ラベル部24と非個別ラベル部25とを分離するためのミシン目線26が形成され、第2タックラベル30は、当該ミシン目線26をカバーして積層されている。 (もっと読む)


【課題】空気穴を設けることなく、エア溜まりの発生を抑制することが可能な包装体の製造方法を提供することである。
【解決手段】保護フィルム付きヒーター10の製造方法は、被包装物である電熱ヒーター11と、筒状熱収縮性フィルム12とを準備し、筒状熱収縮性フィルム12を電熱ヒーター11に被嵌した後、該フィルムを熱収縮させて電熱ヒーター11に装着する方法であって、筒状熱収縮性フィルム12を電熱ヒーター11に被嵌する被嵌工程30と、電熱ヒーター11に被嵌した筒状熱収縮性フィルム12を熱収縮させる熱収縮工程31とを有する。熱収縮工程31では、筒状熱収縮フィルム12の一端から他端に向かって該フィルムを熱収縮させる。 (もっと読む)


【課題】可動ローラが降下する際に、フィルム導入側において、帯状フィルムに弛みが発生することがなく、しかも、可動ローラが上昇する際には、帯状フィルムを円滑に送出することができるアキューム装置を提供する。
【解決手段】帯状フィルムを送出するフィルム送出装置とラベリング装置との間に設置されており、帯状フィルムが交互に掛け渡される、上方に固定設置された複数の固定ローラ11及びこれらの下方側で昇降する複数の可動ローラ12を備えている。可動ローラ12は、昇降可能に支持された可動プレート13に取り付けられており、昇降機構16によって、昇降させることができるようになっている。そして、帯状フィルムFを貯えるために可動ローラ12が降下していく際、昇降機構16の駆動モータ20を作動させて、可動ローラ12(可動プレート13)を補助的に引き下げることによって、帯状フィルムFに張力をかけるようになっている。 (もっと読む)


【課題】高伸長性の筒状ラベルを容器に装着するときに、容器のラベル装着位置を安定したものにできるラベル拡開装置する。
【解決手段】筒状伸長性ラベルLを容器Bに装着するために拡開するラベル拡開装置30は、容器Bが通る中心開口部38を有する基台上に放射状に配置され、ラベルLを拡径するためにラベルLを受け取る収縮した縮径位置とラベルLを引き延ばす拡径した拡径位置との間で径方向に移動可能で軸方向に長く延びる複数の拡径爪50と、拡径爪50に対して径方向に進退可能に設けられ、複数の拡径爪50の外側に受け取られたラベルLが拡径されて弾性伸長が始まるときにラベルLを介して拡径爪50の爪部54に当接することによりラベルLの下端部を挟持するクランプ装置60とを備える。 (もっと読む)


【課題】板状の導通部を備えたパウチ容器用スパウトにおいて、安定した吊り下げ移送及び容器へのスムーズな挿入を可能としながら、容器内容物の取り出し性に優れたパウチ容器用スパウトを提供することである。
【解決手段】パウチ容器用スパウト10は、円筒状の口部11と、接合部12と、接合部12から口部11と反対側に延設した板状の導通部13とを備え、口部11及び接合部12の内部に連通孔14が形成されたパウチ容器用スパウトである。導通部13は、その付け根に形成された付け根開口部17*と、付け根補強部18と、錘部本体19aと錘部本体19aから付け根側に延伸する流路形成部19bとで構成される錘部19とを有する。そして、付け根補強部18と流路形成部19bとによって、導通部13の幅方向側縁側から付け根開口部17*に至る吸引流路Pが形成される。 (もっと読む)


【課題】蓋が不用意に開くことを防止することができ、良好な美観を得ることができる筒状ラベル付きの包装容器を提供する。
【解決手段】筒状ラベル3は包装容器2に溶着可能に構成され、該筒状ラベル3が装着された箇所における包装容器2の外面には、筒状ラベル3を軸線方向に対して直交する方向に切断した横断面視において、包装容器2の外面における二点を結ぶ直線に対して凹んだ形状となる凹部7が形成されており、該凹部7における包装容器2の外面に筒状ラベル3が溶着されている。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、通常の状態では印字層の表示が見えず、且つ開封すると簡単に印字層の表示を視認できる筒状ラベルを提供する。
【解決手段】 本発明の筒状ラベルは、第1側端部11及び第2側端部12を有する透明なフィルム2を有し、フィルム2の第1側端部11の裏面の一部又は全部に、所望の印字層3が設けられ、印字層3の裏面に、印字層3を隠蔽可能な第1隠蔽層51が設けられており、フィルム2の第1側端部11の表面のうち少なくとも印字層3の表示に対応する表面に、印字層3を隠蔽可能な第2隠蔽層52が設けられており、第2隠蔽層52を介在させた状態で第1側端部11の表面側に第2側端部12の裏面が重ね合わされて接着されており、第2隠蔽層52の裏面と第1側端部11の表面との層間接着力が、第2隠蔽層52の表面と第2側端部12の裏面との層間接着力よりも小さい。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、複数の容器を脱落しないように保持できるマルチホルダーを提供することである。
【解決手段】 本発明のマルチホルダー1は、複数の上挿入孔4を有する上パネル2と、複数の下挿入孔5を有し且つ上パネル2に対向配置された下パネル3と、を有し、下パネル3が、上パネル2に対して、上下方向Yの軸を法線とする仮想平面F内の第1方向D1の少なくとも片側D11にスライド可能で、上挿入孔4が、仮想平面F内の第1方向D1に拡がった平面視紡錘形であり、下挿入孔5の縁形状が、上挿入孔4の重心が、下挿入孔5の重心に対して第1方向D1の片側D11及びそれとは反対側D12のいずれか一方側に位置ずれしている。 (もっと読む)


71 - 80 / 641