説明

片倉チッカリン株式会社により出願された特許

1 - 10 / 24


【課題】BSE等の安全性に問題がなく、かつ化粧料に使用して保湿作用等の優れた効果を奏する、コラーゲンを提供する。
【解決手段】エビ等の海洋性生物より調製したIII型コラーゲンを含有するコラーゲンと、それをサクシニル化等アテロ化したコラーゲン誘導体、およびその製造方法。また、該コラーゲンおよびその誘導体を配合した、化粧料、保湿剤、さらに線維芽細胞増殖剤。 (もっと読む)


【課題】
本発明においては、刺激がより少なく、安定性に優れ、有機物を含有していても沈殿を生じない事および、経時的に匂いが変化しない保湿剤として配合可能もしくはそのまま保湿剤として使用でき、これを化粧料に配合できる果実の果汁濃縮工程で分離される果実水を提供することである。
【解決手段】
果実の果汁濃縮工程で得られる分離水を活性炭処理、プレコート濾過、メンブレンフィルター濾過を行う事で精製することにより得られる果実水を保湿剤として利用することができ、さらにこれを化粧料に安定的に配合できる。 (もっと読む)


【課題】皮膚に有効な成分を多く含むと同時に高い安全性を有し、さらに皮膚を滑らかにし、毛髪を保護する作用をも有する組成物を提供すること並びにこれらの機能を有する化粧品類、医薬品類、医薬部外品類、浴用剤を提供することを課題とする。
【解決手段】ピンピネラ サキシフレイジ(Pimpinella saxifraga L.)の抽出物からなる化粧料を提供する。本発明のピンピネラ サキシフレイジ(Pimpinella saxifraga L.)の抽出物は、高いコラゲナーゼ阻害活性、エラスターゼ阻害活性、抗酸化活性、リパーゼ阻害活性、抗菌効果を有し、これを化粧品類、医薬品類、医薬部外品類、浴用剤に配合する事により、有用な効果がもたらされる。 (もっと読む)


【課題】副作用がなく、安全性に優れた不全角化抑制剤及びこれを含有する皮膚外用剤を提供すること
【解決手段】大麦醗酵エキスまたは大麦醗酵エキス多糖を有効成分とする不全角化抑制剤或いは表皮分化促進剤。これらを含有する皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】皮膚柔軟性を向上させる効果に優れたコラーゲンを用いた化粧料を提供する。
【解決手段】(1)15℃における比旋光度が−420°〜−310°である三重螺旋構造を維持するサクシニル化アテロコラーゲンを配合した化粧料組成物。(2)サクシニル化アテロコラーゲンを0.0001〜2質量%含有する(1)記載の化粧料組成物。(3)15℃における比旋光度が−420°〜−310°である三重螺旋構造を維持するサクシニル化アテロコラーゲンを配合した皮膚柔軟化化粧料。(4)15℃における比旋光度が−420°〜−310°である三重螺旋構造を維持するサクシニル化アテロコラーゲン。 (もっと読む)


【課題】新規で安全な抗炎症剤を提供すること並びにこれらの機能を有する皮膚外用剤等を提供することを課題とする。
【解決手段】シスタス インカヌス(Cistus incanus)抽出物を有効成分とする抗炎症剤を提供する。ヒアルロニダーゼ阻害作用を有し、又、脱顆粒抑制作用を有する抗炎症剤として使用することができ、炎症性の疾患、例えば、接触性皮膚炎(かぶれ)、乾癬、尋常性天疱瘡、及びその他の肌荒れに伴う各種皮膚疾患の予防および治療するための皮膚外用剤などに適用することができる。 (もっと読む)


【課題】新規で安全かつ有効な美白剤を提供すること、並びに肌に対して優れた美白効果を発揮する皮膚外用剤を提供することを課題とする。
【解決手段】キビ種子抽出物を有効成分とする美白剤を提供する。キビ種子抽出物はメラニン生成抑制作用を有し、美白効果に優れると同時に安全性の高い美白剤が得られ、該美白剤を皮膚外用剤に配合することにより、日焼け後の色素沈着、しみ、そばかす、肝斑などの予防及び改善等、肌にすぐれた美白作用を発揮するとともに、抗シワ効果、美肌、保湿、老化防止及び毛髪保護などの効果を発揮する安全な皮膚外用剤が得られる。 (もっと読む)


【手段】植物ウィルスを媒介する菌に対し拮抗作用を有する微生物を含むことを特徴とする植物ウィルス病防除剤及び該防除剤による種子、栽培土壌等の植物ウィルス病の防除方法。
【効果】本発明の植物ウィルス病防除剤は、難防除植物ウィルス病汚染圃場などのウィルス病害の防除対策及び予防対策に有効に使用できるものである。 (もっと読む)


【課題】油脂を含む生ゴミの油脂を分解する能力に優れた微生物を含む資材の製造および資材を使用することで、生ゴミ処理物の堆肥化利用を促進し、環境負荷を低減させるプロセスを提供する。
【解決手段】油脂を含む生ゴミの処理過程で油脂の分解を促進する能力を有するアスペルギルス属に属する微生物又は当該微生物を含む堆肥化有機物分解資材を用いて生ゴミ等の有機物を処理する。この処理により有機物中に含まれた油脂分は分解され、得られた堆肥は、作物の生育に障害を与えず、なおかつ良好な生育効果をもたらす。 (もっと読む)


【課題】 フグ毒が無毒化されたフグ魚皮由来コラーゲン及び/又はその誘導体を提供することにある
【解決手段】 フグ魚皮をアルカリ処理工程と含水エタノール処理工程を組み合わせることにより、フグ毒が無毒化されたコラーゲン及び/又はコラーゲン誘導体が得られることを見いだした。従来法による魚皮由来コラーゲン及びコラーゲン誘導体では保湿性が低く、化粧品分野では限られた分野でしか使用できなかった。本発明によるフグ魚皮由来コラーゲン及びコラーゲンのアシル化誘導体を化粧料などに有効利用することにより優れた皮膚平滑性と保湿性が得られる。 (もっと読む)


1 - 10 / 24