説明

北越紀州製紙株式会社により出願された特許

31 - 40 / 196


【課題】本発明は、着色された宛名面のカール適性とインクジェット印字適性に優れ、かつ、オフセット印刷でのインキ着肉性に優れ、湿し水汚れによるトラブルが改善されたインクジェット用葉書を提供する。
【解決手段】本発明は、木材パルプ繊維からなる支持体の片面にバックコート層を設けたインクジェット用葉書において、バックコート液が、乾燥時に成膜性を有する高分子材料と、水溶性高分子電解質と、界面活性剤と、サイズ剤と、前記有彩色とするための着色剤とを必須成分として含有し、界面活性剤の質量%/サイズ剤の質量%、界面活性剤とサイズ剤との合計の固形分濃度(質量%)、水溶性高分子電解質の固形分濃度(質量%)及びバックコート液の塗布量を所定の範囲内とする。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、インクジェット記録面におけるインクジェットプリンターでの印字の滲みが無く、特に白色インクの印字が映えるような無彩色系であり、均一な黒色濃度及び高い光沢感を有する黒色インクジェット用光沢タイプ記録シートとその製造方法を提供することにある。
【解決手段】本発明に係る黒色インクジェット用光沢タイプ記録シートは、木材繊維を主体とする支持体の少なくとも片面にインク受容層及び光沢発現層が設けられた黒色インクジェット用光沢タイプ記録シートであって、インク受容層は、着色剤としてノニオン性の黒色着色顔料を3.5〜5.5質量%含有し、光沢発現層は、着色剤としてノニオン性の黒色着色顔料を2.6〜4.3質量%含有し、かつ、ゲル化剤を1.6〜6.3質量%含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 溶媒としてイソパラフィン類、エーテル類や、いわゆる可塑剤と呼ばれているような油性溶剤を用いた溶剤インクに対して、滲みを生じず、鮮明な記録画像が得られ、画像濃度が高く、画像の鮮明性にディスプレイ、広告ポスター、壁紙用途に適した光沢感を有すると共にインク吸収性、乾燥性を有するインクジェット記録シートの提供。
【解決手段】 この課題は、支持体の少なくとも一方の面にポリメタクリル酸エステル樹脂を主体とする溶剤インク受像層を形成し、該受像層に占める水溶性樹脂の含有量が5質量%未満であり、更に溶剤インク受像層の乾燥時の塗工量が5.0〜45.0g/mであり、インク受像層表面のJIS P 8142:2005「紙及び板紙−75度鏡面光沢度試験方法」に規定する75°光沢度が15〜100%であることを特徴とするインクジェット記録シートによって解決できる。 (もっと読む)


【課題】
本発明の課題は、天然繊維を主成分とする基紙の少なくとも一方の面に、防湿剤を塗工した防湿紙において、臭気が少なく、透湿度がより低い、防湿紙を提供することである。
【解決手段】
この課題は、天然繊維を主成分とする基紙の少なくとも一方の面に、スチレン−アクリル系樹脂を主成分とする防湿剤を塗工した防湿紙において、アウトガス発生速度(オーブンで80℃の加熱条件下において1時間アウトガスを捕集し、GC−MSにて分析、定量した質量1g当たりの数値)が、100,000ng/g/h以下であり、かつ、透湿度[JIS Z 0208:1976「防湿包装材料の透湿度試験方法(カップ法)」による条件B(40℃、90%RH)]の値が、10g/m・24hr以下であることを特徴とする防湿紙によって解決される。 (もっと読む)


【課題】本発明は、インクジェット記録面でのインクジェット印字の滲みが無く、裏面での筆記性に優れ、オフセット印刷適性を有し、かつ、表裏を目視にて識別可能であり、喪中用に適切な色調を有する喪中用色付きインクジェット用光沢記録シートを提供することを目的とする。
【解決手段】本発明に係る喪中用色付きインクジェット用光沢記録シートは、支持体の片面に顔料とバインダーと着色剤とを含有するインク受容層及びインク受容層上にゲル化法による光沢発現層が設けられ、支持体の反対面に水溶性高分子と水溶性高分子電解質とを含有するクリア塗工層が設けられた喪中用色付きインクジェット用光沢記録シートであって、光沢発現層の表面とクリア塗工層の表面とは、明度指数の差ΔLが−5.0≦ΔL≦−3.0であり、かつ、ISO白色度の差ΔWが−5.0≦ΔW≦−1.0であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、インクジェット印字適性を有し、表面の白色度が低く、色むらの無い黒色インクジェット用記録シートを経済的に製造する方法を提供することである。
【解決手段】本発明に係る黒色インクジェット用記録シートの製造方法は、顔料として合成シリカと、バインダーとしてポリビニルアルコール及びエチレン酢酸ビニル系樹脂と、インク定着剤としてカチオン性樹脂と、着色剤としてノニオン性の黒系着色顔料と、を含有するインク受容層用塗料の調製で、バインダーを合成シリカ100部に対して40〜60部含有し、かつ、黒系着色顔料を塗料の全固形分のうち3.5〜5.5質量%含有し、シリカスラリーに、ポリビニルアルコールを少なくともエチレン酢酸ビニル系樹脂及びカチオン性樹脂より先に添加して混合し、カチオン性樹脂の添加速度が、シリカスラリー1000Lに対して、40L/分未満であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、優れたインク吸収性及びインク発色性と高い光沢度とを兼ね備えた光沢紙を、リウェット法を適用して効率よく製造する方法を提供することである。
【解決手段】本発明に係る光沢紙の製造方法は、透気性を有する基材の少なくとも片面上に顔料及びバインダーを含有するインク受理層用塗工液を塗工し、塗工面を乾燥して1層以上のインク受理層を形成する工程と、インク受理層の最表層の表面に再湿潤液を塗布し、インク受理層が再湿潤状態にある間に加熱した鏡面ロールに圧着して乾燥するリウェット法によるキャストコート法で光沢層を形成する工程と、を有する光沢紙の製造方法であって、インク受理層用塗工液に含有する顔料は、BET比表面積が100〜400m/gであり、再湿潤液は、弱酸を含有し、かつ、pHが2.0〜6.9であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、安定した形状を有し、シェアに対する強度がある凝集体を得ると共に、凝集体の色調及び配合量を任意に調整することによって、表裏の模様の色調、色彩及び形態を調整して多様なニーズに応え、かつ、紙面上に均一に凝集体を分布させた模様紙及びその製造方法を提供することである。
【解決手段】本発明に係る模様紙は、2層以上の多層抄きの模様紙であって、表層若しくは裏層のいずれか一方の層又は両方の層が、凝集体βを含有し、凝集体βは、アクリル酸共重合体タイプの液状高分子凝集剤によって凝集体α同士が付着しあったより大きな凝集体であり、凝集体αは、ナトリウムカルボキシメチルセルロースが、ナトリウムイオンを他の金属イオンに置換することによって、顔料、セルロース繊維、化学繊維からなる集団の中から選択された1種類以上の物質を取り込んだ状態で、凝集してなる粒子状の凝集体であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、インクジェット記録面でのインクジェット印字の滲みが無く、裏面での筆記性に優れ、オフセット印刷適性を有し、かつ、表裏を目視にて識別可能であり、喪中用に適切な色調を有する喪中用色付きインクジェット用記録シートを提供することを目的とする。
【解決手段】本発明に係る喪中用色付きインクジェット用記録シートは、支持体の片面に顔料とバインダーと着色剤とを含有するインク受容層が設けられ、反対面に水溶性高分子と水溶性高分子電解質とを含有するクリア塗工層が設けられ、着色剤は、ノニオン性の黒系着色顔料をインク受容層中の顔料100部に対して0.050〜0.170部含有し、水溶性高分子の乾燥塗工量は、0.14g/m未満であり、かつ、水溶性高分子電解質の乾燥塗工量は、1.38g/m未満であり、インク受容層の表面のISO光沢度が10未満であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】
低圧力損失・高捕集効率であり、かつ、孔径分布のバラツキが小さく均一であり、実用上必要とされる十分な強度を有しているエアフィルタ用濾材を提供することである。
【解決手段】
この課題は、濾材を構成するガラス繊維として、蛍光X線分析を用いてファンダメンタルパラメータ法によって測定したガラス繊維中に存在するマグネシウムとカルシウムとの質量和と、珪素の質量との比率((Mg+Ca)/Si)の値が0.10以下である、平均繊維径が1μm未満のサブミクロンガラス繊維を含有させ、かつ、濾材を構成するガラス繊維にバインダーとフッ素系界面活性剤とを付着させることによって解決される。 (もっと読む)


31 - 40 / 196