説明

株式会社トリニティーセキュリティーシステムズにより出願された特許

71 - 80 / 376


【課題】複雑な演算を用いることなく、主制御部から周辺部に送信されるデータが不正制御に利用されることを防止し且つ周辺部のCPUの処理負荷を軽減する。
【解決手段】主制御部は次回の認証に用いる次回の設定パターンをパターン情報から決定すると、該決定した次回の設定パターンに対応した認証値を認証値記憶手段から抽出する。主制御部は抽出した認証値が今回の設定パターンで設定されるように複数種類の認証情報を生成し、該複数種類の認証情報を後段部に送信する。一方、後段部は受信した複数種類の認証情報に設定されている認証データと複数の期待値とを比較して期待値と一致した認証データを有効と判定し、その判定結果と今回の設定パターンとが一致するか否かに基づいた主制御部の認証結果を示す後段認証結果データを周辺部に送信し且つ次回の設定パターンを特定する。一方、周辺部は後段部から受信した後段認証結果データに応じて所定の処理を行う。 (もっと読む)


【課題】複雑な演算を用いることなく、主制御部から周辺部に認証用のデータの解析を困難とする。
【解決手段】主制御部は次回の認証に用いる次回の設定パターンをパターン情報から決定すると、該決定した次回の設定パターンに対応した認証値を認証値記憶手段から抽出する。主制御部は抽出した認証値が今回の設定パターンで設定されるように複数種類の認証情報を生成し、該複数種類の認証情報を周辺部に送信する。一方、周辺部は主制御部から受信した複数種類の認証情報の各々に設定されている認証データと複数の期待値とを比較して、期待値と一致した認証データを有効と判定し、その判定結果と今回の設定パターンとが一致するか否かに基づいて主制御部の認証を行う。周辺部は主制御部の認証が成立した場合、認証値である認証データと一致した期待値に対応付けられた設定パターンを特定し、該特定パターンを次回の設定パターンとする。 (もっと読む)


【課題】主制御部から周辺部に送信されるデータが不正制御に利用されることを防止し且つ周辺部のCPUの処理負荷を軽減する。
【解決手段】主制御部は今回の同期方式で同期検査値を生成し、次回の同期方式に対応する個体認証値を抽出する。主制御部はその個体認証値を検査する第1検査値を生成すると共に、前記同期検査値を検査する第2検査値を生成する。主制御部は第1,2検査値を用いて第1,2認証データを生成して中間部に送信する。一方、中間部は受信した第1,2認証用データから第1,2演算方式に基づいて第1,2検査値を抽出する。中間部は第1検査値と期待値とが一致するか否かを比較して第1検査値の正当性を判定すると共に、第2検査値が今回の同期方式の相関条件を満たしているか否かを判定して主制御部の認証結果を示す中間認証結果データを周辺部に送信する。一方、周辺部は中間部から受信した中間認証結果データに応じて所定の処理を行う。 (もっと読む)


【課題】遊技機の主制御基板に対する不正行為を検知すると共に主制御部の処理負荷を軽減する。
【解決手段】遊技機1は、遊技情報が記憶されたデータ記憶部510と、遊技情報に従って演算を行うメインCPUコア500と、演出制御部203へ情報を送信する送信部520と、データ記憶部510に記憶されている検査値を読み込んで暗号化し認証データを生成する暗号化部530を備える。メインCPUコア500は、制御コマンドを送信部520に送信させるとき、送信部520のデータ入力部522へ制御コマンドを書き込むが、その際に書き込み信号を出力する。暗号化部530は、認証データを制御コマンドに付加して送信するため、前記書き込み信号を基準として、データ入力部522に書き込まれた制御コマンドの直後に認証データを書き込む。 (もっと読む)


【課題】遊技機の主制御基板に対する不正行為を検知すると共に主制御部の処理負荷を軽減する。
【解決手段】遊技機1は、遊技情報が記憶されたデータ記憶部510と、遊技情報に従って演算を行うメインCPUコア500と、演出制御部203へ情報を送信する送信部520と、データ記憶部510に記憶されている検査値を読み込んで暗号化し認証データを生成する暗号化部530を備える。メインCPUコア500は、制御コマンドを送信部520に送信させるとき、送信部520のデータ入力部522へ制御コマンドを書き込むが、その際に書き込み信号を出力する。暗号化部530は、認証データを制御コマンドに付加して送信するため、前記書き込み信号を基準として、データ入力部522に書き込まれた制御コマンドの直後に認証データを書き込む。 (もっと読む)


【課題】主制御部から周辺部に送信されるデータが不正制御に利用されることを防止し且つ周辺部のCPUの処理負荷を軽減する。
【解決手段】主制御部は複数種類の変動値の中から変動値を選択的に切り替えて生成する。主制御部は次回選択する変動値の種類に対応した個体認証値を取得して第1検査値を生成し、前記変動値を検査する第2検査値を生成する。主制御部は第1,2認証用データを生成して中間部に送信する。一方、中間部は主制御部から受信した第1,2認証用データから第1,2演算方式に基づいて第1,2検査値を抽出し、第1検査値の正当性を判定し、前記抽出した第2検査値が変動値の種類に対応した変動条件を満たしているか否かを判定して、主制御部の認証結果を示す中間認証結果データを周辺部に送信する。中間部は今回受信した個体認証値と一致した期待値データに対応付けられた変動値の種類を次回の変動値の種類として決定する。 (もっと読む)


【課題】主制御部から周辺部に送信されるデータが不正制御に利用されることを防止し且つ周辺部のCPUの処理負荷を軽減する。
【解決手段】主制御部は今回の同期方式で同期検査値を生成し、次回の同期方式に対応する個体認証値を抽出する。主制御部は個体認証値を検査する第1検査値を生成し、前記同期検査値を検査する第2検査値を生成する。主制御部は第1,2検査値を用いて第1,2認証データを生成して周辺部を介して後段部に送信する。一方、後段部は受信した第1,2認証用データから第1,2演算方式に基づいて第1,2検査値を抽出する。後段部は第1検査値と期待値とが一致するか否かを比較して第1検査値の正当性を判定し、第2検査値が今回の同期方式の相関条件を満たしているか否かを判定して主制御部の認証結果を示す後段認証結果データを周辺部に送信する。一方、周辺部は後段部から受信した後段認証結果データに応じて所定の処理を行う。 (もっと読む)


【課題】主制御部から周辺部に送信されるデータが不正制御に利用されることを防止する。
【解決手段】主制御部は、今回の同期方式で同期検査値を生成し、次回の同期方式に対応する個体認証値を抽出する。主制御部は、その個体認証値を検査する第1検査値を生成すると共に、前記同期検査値を検査する第2検査値を生成する。主制御部は、第1,2検査値を用いて第1,2認証データを生成して周辺部に送信する。一方、周辺部は、受信した第1,2認証用データから第1,2演算方式に基づいて第1,2検査値を抽出する。周辺部は、第1検査値と期待値とが一致するか否かを比較して第1検査値の正当性を判定すると共に、第2検査値が今回の同期方式の相関条件を満たしているか否かを判定し、該判定結果に基づいて主制御部の認証を行う。周辺部は、今回の同期方式において第1検査値と一致した期待値データに対応した同期方式を特定して次回の同期方式と決定する。 (もっと読む)


【課題】遊技機の主制御基板に対する不正行為を検知すると共に主制御部の処理負荷を軽減する。
【解決手段】遊技機1は、遊技情報が記憶されたデータ記憶部510と、遊技情報に従って演算を行うメインCPUコア500と、演出制御部203へ情報を送信する送信部520と、データ記憶部510に記憶されている検査値を読み込んで暗号化し認証データを生成する暗号化部530を備える。メインCPUコア500は、制御コマンドを送信部520に送信させるとき、送信部520のデータ入力部522へ制御コマンドを書き込むが、その際に書き込み信号を出力する。暗号化部530は、認証データを制御コマンドに付加して送信するため、前記書き込み信号を基準として、データ入力部522に書き込まれた制御コマンドの直後に認証データを書き込む。 (もっと読む)


【課題】主制御部から周辺部に送信されるデータが不正制御に利用されることを防止し且つ周辺部のCPUの処理負荷を軽減する。
【解決手段】主制御部は複数種類の変動値の中から変動値を選択的に切り替えて生成する。主制御部は次回選択する変動値の種類に対応した個体認証値を取得して第1検査値を生成し、前記変動値を検査する第2検査値を生成する。主制御部は第1,2認証用データを生成して後段部に周辺部を介して送信する。一方、後段部は主制御部から受信した第1,2認証用データから第1,2演算方式に基づいて第1,2検査値を抽出し、第1検査値の正当性を判定し、前記抽出した第2検査値が変動値の種類に対応した変動条件を満たしているか否かを判定して、主制御部の認証結果を示す後段認証結果データを周辺部に送信する。後段部は今回受信した個体認証値と一致した期待値データに対応付けられた変動値の種類を次回の変動値の種類として決定する。 (もっと読む)


71 - 80 / 376