シーメンス ヒアリング インストルメンツ インコーポレイテッドにより出願された特許

1 - 7 / 7


【課題】より正確に耳道を再構成する方法を提供する。
【解決手段】3Dデータセットを形成するピクセルのフレームおよびスキャンラインを含む耳の光干渉断層法(OCT)スキャンデータのセットを提供し、OCTスキャンガイドにおける1つまたは複数のマーカに対応する干渉強度のフレーム番号およびスキャンライン番号を抽出し、1つまたは複数のマーカに関する基準フレーム番号および基準ライン番号を受信し、耳スキャンマーカフレーム番号および耳スキャンマーカフレームライン番号および基準マーカフレーム番号および基準フレームライン番号からOCT耳スキャンに関する開始位置および開始方向を求め、各スキャンラインに関して、最大干渉強度値のピクセル番号を発見し、スキャンガイドからのピクセルのオフセット距離を求め、距離オフセットデータから耳道の表面を再構成する。 (もっと読む)


固定の、既知の幾何形状及びサイズのルーメン内に配置された距離測定又はイメージングアセンブリの出力は、イアカナルのようなオブジェクトの3次元幾何形状及び寸法を決定するのに十分なデータを供給することができる。ルーメンの幾何形状及び寸法は、既知の幾何形状及び寸法のオブジェクトを測定又はイメージングすることによって決定又は測定される。
(もっと読む)


聴覚機器用ケースの高速モデリング及びプロトタイプの利点は、モノリシックユニットとしてケースを形成することによって、フェースプレートをケースの統合された部分として一体化することによって、大きくすることができる。聴覚機器の種々異なる電子コンポーネントを有するモジュールを受容するために、ケースのフェースプレート領域内に開孔が形成されている。
(もっと読む)


補聴器及び組み立て方法が開示されている。補聴器は、補聴器の使用者の耳道内に出力される処理された音を提供するために、受け取られた音を処理するために役立つ。電子アセンブリは、補聴器の使用者の耳の中に適合するように寸法決めされたハウジング内のチャンバ内に配置されている。チャンバは、電子アセンブリを配置及び位置決めするための、内部案内チャネルと取付け面とを有している。電子アセンブリを位置決めするためのチャンバ内の位置を決定するために、補聴器のハウジング内に画定された容積は、コンピュータソフトウェア等を用いて分析され、次いで、電子アセンブリが、電子アセンブリを決定された位置に配置及び位置決めするためにハウジングの案内チャネル及び取付け面を使用して、ハウジング内に組み込まれる。この要約は、検索者又はその他の読み手が技術的開示の主題を迅速に確認できるようにする要約を必要とする規則に従うために提供されていることが強調される。要約は、請求項の意味の範囲を解釈又は制限するために使用されないことが理解される。
(もっと読む)


補聴器等の器具またはデバイスに対する構造であって、器具コンポーネントを封入するためのシェルと、コンポーネントへアクセスするための、シェルの壁または面を通る開口を有しており、シェルは比較的大きな寸法許容公差を有しているが、コンポーネントは比較的狭い寸法許容公差内で取り付けられるべきである。コンポーネントをシェル内に取り付けるための単一式またはマルチパート式のインターフェースフレームは、シェルに、典型的に開口内に取り付けられ、シェルの寸法公差および形状公差に適した外側輪郭と、コンポーネントの寸法公差に適した内側輪郭を有する。
(もっと読む)


補聴器面板のための空間節約型電気接点アセンブリは、個々の接点の構成を面板における電池及び電池ドアに物理的に沿って配置することによって形成される。アセンブリの各接点に、相互接続された端子を提供することによって、アセンブリの配線が減じられる。
(もっと読む)


補聴器ハウジング内のレシーバチューブ上に懸架された補聴器レシーバ用のフレキシブル支持部は、ハウジングが押された場合に形成されることがあるフィードバックを減らす。レシーバに固定されて、ハウジングに取り付けられたテーザは、このように機能し、つまり、ハウジング内のレシーバの安定性が改善される。択一的に、レシーバが回転可能にクレードル内に設置されるフローティングの装置構成により、フィードバックを低減し、レシーバに対して絶縁される。
(もっと読む)


1 - 7 / 7