説明

オスラム・メルコ・東芝ライティング株式会社により出願された特許

31 - 37 / 37





【課題】
調光点灯時におけるセラミック放電灯をアークのちらつきや立ち消えを効果的に抑制にしたセラミック放電灯点灯装を提供する。
【解決手段】
セラミック放電ランプ点灯装置は、包囲部の両端に配置された一対の小径筒部を有する透光性セラミック放電容器、小径筒部の内面との間にわずかな隙間を形成しながら内部に挿通され電極先端面積がS(mm)の一対の電極、給電部材、シール材、ならびに金属ハロゲン化物および希ガスを少なくとも含みセラミックス放電容器内に封入された放電媒体を有している発光管と、発光管を内部に収納する外管とを備えているセラミック放電ランプと、供給する電力を変化できる点灯回路とを具備し、定格ランプ電力の少なくとも40%までの調光点灯において、ランプ電流値I(A)と電極先端面積S(mm)の比I/S(A/mm)が式3.0≦I/Sを満足する。 (もっと読む)





31 - 37 / 37