株式会社Murakumoにより出願された特許

1 - 10 / 23


【課題】データベース全体の整合性を崩すことなく、トランザクションの廃棄処理を、より大きな最小値レベルで実現してリソースの効率的な活用が可能なマルチマスタノード形式のデータベース管理方法を提供する。
【解決手段】下位マスタノードからスナップショット中の実行中のトランザクション最小値をより上位のマスタノードに通知し、それぞれのマスタノードが保持する最小値と比較してノード最小値、クラスタ最小値を更新する。下位マスタノードでは、自身のデータベースのシャドウコピーと自身のメモリ上に展開されたヒープタプルマップとトランザクション最小値とを書込セットとして送信し、これを受信した上位マスタノードでは、トランザクション最小値がクラスタ最小値と等しいかそれよりも大きい場合には、書込セットを用いてデータベースの更新を行い、トランザクション最小値がクラスタ最小値よりも小さい場合には当該書込セットをアボートする。 (もっと読む)


【課題】リソースの効率的な活用が可能なマルチマスタノード形式のデータベース管理技術を実現する。
【解決手段】下位マスタノードからスナップショット中の実行中のトランザクション最小値をより上位のマスタノードに通知し、それぞれのマスタノードが保持する最小値と比較してノード最小値、クラスタ最小値を更新する。下位マスタノードでは、自身のデータベースのシャドウコピーと自身のメモリ上に展開されたヒープタプルマップとトランザクション最小値とを書込セットとして送信し、これを受信した上位マスタノードでは、トランザクション最小値がクラスタ最小値と等しいかそれよりも大きい場合には、書込セットを用いてデータベースの更新を行い、トランザクション最小値がクラスタ最小値よりも小さい場合には当該書込セットをアボートする。 (もっと読む)


【課題】リソースの効率的な活用が可能なマルチマスタノード形式のデータベース管理技術を実現する。
【解決手段】下位データベース更新情報を受信した上位マスタノードにおいて、トランザクション最小値がクラスタ最小値と等しいか大きい場合には、上位マスタノードのデータベースを更新するステップと、トランザクション最小値がクラスタ最小値より小さい場合には下位データベース更新情報をアボートするステップと、上位マスタノードの更新記録をトランザクションログとして生成するステップと、前記トランザクションログを下位マスタノードに配信するステップと、受信したトランザクションログに基づいて自身のデータベースを更新するステップと、クラスタ最小値よりも小さいトランザクション最小値を有するトランザクションを廃棄するステップを有する管理方法。 (もっと読む)


【課題】リソースの効率的な活用が可能なマルチマスタノード形式のデータベース管理技術を実現する。
【解決手段】下位マスタノードのセッションにおいて、データベースのシャドウコピーとメモリ上に展開されたヒープタプルマップと、実行中のトランザクションが参照するスナップショットのトランザクション最小値とを書込セットとして上位マスタノードに対して送信するステップと、トランザクション最小値がクラスタ最小値と等しいか大きい場合には、ターゲットとして登録されているタプルのデータベースにおける更新の有無を検証し、更新がなされているときには当該書込セットをアボートし、更新がない場合は前記シャドウコピーを用いて自身のデータベースを更新するステップと、トランザクション最小値がクラスタ最小値より小さい場合はアボートするステップと該最小値を有するトランザクションを廃棄するステップとを有する管理方法。 (もっと読む)


【課題】マスタノードを階層的に構築するとともに、その更新を効率的に行うことのできるデータベースの管理方法を実現する。
【解決手段】下位マスタノードから上位マスタノードに対しては、自身のデータベースのシャドウコピーと自身のメモリ上に展開されたヒープタプルマップとを書込セットとして送信し、これを受信した上位マスタノードでは、当該更新が既実行であるか否かを検証してその更新記録をトランザクションログとして下位マスタノードに送信することで、下位マスタノードから上位マスタノード、さらに上位マスタノードから配下の下位マスタノードに対して効率的に矛盾のないデータベース更新が可能となる。 (もっと読む)


【課題】マスタノードを階層的に構築するとともに、その更新を効率的に行うことのできるデータベースの管理方法を実現する。
【解決手段】下位マスタノードから上位マスタノードに対しては、自身のデータベースのシャドウコピーと自身のメモリ上に展開されたヒープタプルマップとを書込セットとして送信し、これを受信した上位マスタノードでは、当該更新が既実行であるか否かを検証してその更新記録をトランザクションログとして下位マスタノードに送信することで、下位マスタノードから上位マスタノード、さらに上位マスタノードから配下の下位マスタノードに対して効率的に矛盾のないデータベース更新が可能となる。 (もっと読む)


【課題】マスタノードを階層的に構築するとともに、その更新を効率的に行うことのできるデータベースの管理方法を実現する。
【解決手段】下位マスタノードから上位マスタノードに対しては、自身のデータベースのシャドウコピーと自身のメモリ上に展開されたヒープタプルマップとを書込セットとして送信し、これを受信した上位マスタノードでは、当該更新が既実行であるか否かを検証してその更新記録をトランザクションログとして下位マスタノードに送信することで、下位マスタノードから上位マスタノード、さらに上位マスタノードから配下の下位マスタノードに対して効率的に矛盾のないデータベース更新が可能となる。 (もっと読む)


【課題】マスタノードを階層的に構築するとともに、その更新を効率的に行うことのできるデータベースの管理方法を実現する。
【解決手段】下位マスタノードから上位マスタノードに対しては、自身のデータベースのシャドウコピーと自身のメモリ上に展開されたヒープタプルマップとを書込セットとして送信し、これを受信した上位マスタノードでは、当該更新が既実行であるか否かを検証してその更新記録をトランザクションログとして下位マスタノードに送信することで、下位マスタノードから上位マスタノード、さらに上位マスタノードから配下の下位マスタノードに対して効率的に矛盾のないデータベース更新が可能となる。 (もっと読む)


【課題】マスタノードを階層的に構築するとともに、その更新を効率的に行うことのできるデータベースの管理方法を実現する。
【解決手段】下位マスタノードから上位マスタノードに対しては、自身のデータベースのシャドウコピーと自身のメモリ上に展開されたヒープタプルマップとを書込セットとして送信し、これを受信した上位マスタノードでは、当該更新が既実行であるか否かを検証してその更新記録をトランザクションログとして下位マスタノードに送信することで、下位マスタノードから上位マスタノード、さらに上位マスタノードから配下の下位マスタノードに対して効率的に矛盾のないデータベース更新が可能となる。 (もっと読む)


【課題】
従来、飛行機の出発予定時間、到着予定時間に変更が生じても、航空会社が搭乗予定者、送迎者へ時間の変更を通知する手段がないため、搭乗予定者、送迎者は空港へ行ってからでないと出発予定時間、到着予定時間変更の事実を知ることができなかった。
これによって、空港で長時間待機する搭乗予定者、送迎者が発生し、空港の混雑を招いていた。
【解決手段】
飛行機の出発予定時間、到着予定時間に変更が生じた際、航空会社が、搭乗予定者、送迎者の携帯電話のメールアドレスにその旨を通知するメールを送信し、予め新しい出発予定時間、新しい到着予定時間の通知を行うことで、搭乗予定者、送迎者が空港にて長時間待機する事態を回避し、空港の混雑を緩和する。 (もっと読む)


1 - 10 / 23