説明

株式会社環境工学研究所により出願された特許

1 - 10 / 18




【課題】 魚道を形成するに際して、その施工を容易にすることができる魚道形成用越流型隔壁ブロックを提供する。
【解決手段】当該魚道形成用越流型隔壁ブロック3は、水路2の底面6上に、該水路2の両壁部5間に延びるようにして配置されるものである。このものは、下面9が平坦面に形成されている一方、下面9よりも上方部分が、延び方向一方側から他方側に向かうに従って、径方向外方に拡大するように設定されている。このため、当該越流型隔壁ブロック3は、その上方部分の形状をもって本来の越流型隔壁として有効に機能するだけでなく、その延び方向一方側から他方側に向かうに従って、その下面の面積が拡大されると共に重量が増大することを利用して、当該越流型隔壁ブロック3の設置安定性を確保できることになる。 (もっと読む)







【課題】 吊り上げ搬送物たる屈撓性シート体の製造において負担を負わせることなく的確に該屈撓性シート体を吊り上げることができ、しかも構造を簡素化できる把持装置を提供する。
【解決手段】 吊り上げ状態にあるときに、作動力伝達機構U2としての支持板33、支持軸34、規制軸36が、開閉機構U1としての一対の作動レバー9,10、リンク機構21に、該開閉機構U1及び一対の把持板13,31の重量を作動力として作用させ、一対の把持板13,31を閉状態とする。これにより、特別にシリンダユニット等の駆動源を用いなくても、吊り上げ時に、一対の把持板13,31をもって屈撓性シート体Sの周縁部を挟持(把持)し、屈撓性シート体Sの周縁部に特別にリング状の引っ掛け具等を設けなくても、その屈撓性シート体Sを吊り上げるようにする。 (もっと読む)



1 - 10 / 18