説明

キヤノンソフトウェア株式会社により出願された特許

41 - 50 / 364


【課題】本発明は、ユーザが記入した紙文書の画像からユーザが記入した箇所を認識し、当該認識した認識結果を表示する際に、マークを認識した箇所に表示するオブジェクトを、認識した画像と重ね合わせて表示することで、マークが記入された紙文書の認識結果の確認作業を軽減することができ、またオペレータの訂正作業を容易にする画像処理装置を提供する。
【解決手段】クライアントコンピュータ200では、入力された原紙画像上の認識処理(OMR処理(マーク認識処理)やOCR処理(文字認識処理))の対象となるゾーン(領域)のフォーム定義情報の設定を受け付ける。そして、設定されたフォーム定義情報に基づいて、認識対象となる画像上の領域に対して認識処理を行い、マーク認識処理された領域に対する認識結果を示すオブジェクトを生成する。そして、生成されたオブジェクトを領域に重ね合わせて表示する。 (もっと読む)


【課題】 複合機の掲示板機能において表示される画像について、ユーザへの訴求力を高める仕組みを提供することを目的とする
【解決手段】 認証に関する処理を実行する認証アプリケーションをインストール可能に構成され、当該画像処理装置に記憶された画像を認証アプリケーションの画面上に表示する画像処理装置であって、ユーザを検知してから当該ユーザによる認証要求があるまでの時間差を算出し、当該時間差が一定時間以上であった回数が一定数以上になった場合には、当該表示される画像を変更する画像処理装置。 (もっと読む)


【課題】 書誌情報を管理するサーバを設置せずに、より簡潔なシステムで所望の印刷装置とマイプリンタのユーザの文書一覧を取得できる画像形成装置、その制御方法及びプログラム、並びに画像形成システムを提供すること。
【解決手段】 ユーザ情報と対応付けて登録されたプリンタのIPアドレスに基づいて、ユーザのログイン中のプリンタが当該IPアドレスの示すプリンタでない場合でも、当該IPアドレスが示すプリンタから書誌情報・印刷ジョブを取得して、取得した印刷ジョブの情報をログイン中のプリンタの表示画面に表示する。
(もっと読む)


【課題】画像形成装置内で保持する認証情報を減らしつつ、認証サーバによる認証ができない場合に画像形成装置の利用を効率化する仕組みを提供すること。
【解決手段】認証サーバは、画像形成装置からのユーザ認証要求に応じて、認証されたユーザ情報と、ユーザ認証要求のあった画像形成装置の画像形成装置情報を対応付けた認証履歴を記憶し、配信先となる前記画像形成装置ごとに、前記認証履歴に従って、ユーザ情報ごとにユーザ認証要求のあった画像形成装置情報を記録した認証テーブルを作成し、前記認証テーブルを画像形成装置に送信するに配信する。画像形成装置は、前記認証テーブルを記憶し、ユーザ情報の受け付けに応じて、当該ユーザ情報の認証要求を行い、前記認証要求によって認証がされない場合に、前記認証テーブルを用いてローカル認証する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、情報処理装置に印刷データを蓄積し、画像形成装置から当該情報処理装置に蓄積された所望の印刷データを印刷することができる仕組みを提供すること。
【解決手段】情報処理装置は、印刷データを画像形成装置に送信し、送信した印刷データを画像形成装置から受信し、受信した印刷データを記憶し、前記画像形成装置から印刷データを特定するための特定情報を含む印刷要求を受信すると、印刷要求のあった印刷データを取得し、印刷要求がされた前記画像形成装置に取得した印刷データを出力する。また、画像形成装置は、情報処理装置から印刷データを受信し、受信した印刷データを、印刷データの受信元となる前記情報処理装置に送信し、受信した印刷データを特定するための印刷データ特定情報と、印刷データの格納先情報とを含む書誌情報を記憶し、書誌情報の格納先情報に対応する情報処理装置に対して、印刷データの印刷要求をする。 (もっと読む)


【課題】ワークフロー処理中にクライアント端末に一時的に保管されたワークフローに付帯されたファイルを、適切なタイミングで自動的に削除することができる文書管理装置及びその制御方法、文書管理システム及びその制御方法、プログラムを提供することを目的とする。
【解決手段】承認者端末300のCPU201は、サーバ400から承認フローを受信し、承認対象のファイルを参照又は取得する。承認対象のファイルを参照した場合には自動的に削除し、保存した場合には承認者にファイルを削除するか否かの選択を促し、削除の指示があれば削除を行う。 (もっと読む)


【課題】適切なタイミングで鍵情報を生成することによりセキュリティを向上させる。
【解決手段】NIC700は、マスストレージ500の接続を検知した場合、マスストレージ500内のデータを暗号化及び復号化するための新たな鍵情報を生成し、新たな鍵情報を用いて当該データを暗号化し、マスストレージ500に書き込む。また、当該データを出力させる際には、NIC700は、上記新たな鍵情報を用いて、マスストレージ500内のデータを復号化する。 (もっと読む)


【課題】ツリー画面において対象オブジェクトが選択された場合、選択された対象オブジェクトに対応するSQL文の処理結果をツリー画面に反映させる。
【解決手段】クライアント端末は、対象オブジェクトが選択される毎に当該選択された対象オブジェクトに対応するSQL文の発行要求を行うプログラムを含むツリー表示画面データを用いて、ツリー表示画面を表示し、表示されたツリー表示画面を介して、ユーザ操作により対象オブジェクトが選択された場合に、当該選択された対象オブジェクトに対応するSQL文の発行要求を前記サーバへ行う。サーバは、前記SQL文の発行要求に従って、発行要求に対応するSQL文をデータベースに対して発行する処理を行い、その処理の結果としてデータベースから得られる処理結果をクライアント端末へ送信する。表示制御手段は、サーバの送信手段により送信された処理結果のツリー表示画面を表示する。 (もっと読む)


【課題】印刷データの種別に従って、設定情報を含むテンプレートを表示させることで、設定を適用した印刷データの出力を容易にする仕組みを提供すること。
【解決手段】プリンタに印刷データを出力するためのクライアントPC101で、出力する印刷データに適用される設定情報と、当該設定情報を適用可能な印刷データのデータ種別を含むテンプレートを記憶し(テンプレート記憶制御)、出力対象の印刷データを取得し、取得した印刷データからデータ種別を取得し、取得したデータ種別とテンプレートのデータ種別とに従って、前記印刷データに適用可能なテンプレートを一覧表示し、一覧表示したテンプレートを選択し、選択したテンプレートに含まれる設定情報を用いて、出力対象となるプリンタに出力する。 (もっと読む)


【課題】ファクシミリ送信の誤送信を防止するための確認と送信指示を容易に行うことができる。
【解決手段】ユーザを識別するユーザ識別情報の入力に応じて、ユーザがファクシミリ送信する権限があるか否かを判定し、ファクシミリ送信する権限がない場合、ファクシミリ送信するイメージデータとファクシミリ送信する送信先情報とイメージデータを特定するための特定情報を含む送信データを登録指示する登録指示し、登録指示するイメージデータを特定するための特定情報を含むカバーシートを印刷し、ファクシミリ送信する権限がある場合、ユーザがファクシミリ送信可能な前記特定情報を含む送信データの一覧を取得し、カバーシートを読み取ることによって得られる画像を取得し、取得したカバーシートの画像から得られる特定情報に従って、一覧から送信する送信データを特定して送信データが送信可能なデータか否かを判定する。 (もっと読む)


41 - 50 / 364