説明

キヤノンソフトウェア株式会社により出願された特許

1 - 10 / 364



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】一連の検索を実行し既に検索された文書が存在する場合に、当該文書の閲覧状況を識別可能な状態で表示可能な検索システムを提供すること。
【解決手段】検索キーワードを受付けるキーワード受付手段と、受付けたキーワードにより文書の検索を行う第1の検索手段と、前記第1の検索手段による検索と関連する検索を行う第2の検索手段と、第1および第2の検索手段による検索結果および閲覧状況を記憶する検索結果記憶手段と、前記第1および第2の検索手段による検索結果の表示をそれぞれ制御する検索結果表示制御手段と、を有し、第2の検索手段による検索結果のうち、第1の検索手段による検索により閲覧された文書があるか否かを前記検索結果記憶手段に記憶された閲覧状態から判定し、閲覧済みの文書が存在する場合に文書を第2の検索手段による検索結果として既読状態で表示制御する。 (もっと読む)


【課題】検索を実行した結果同士の演算方法を視覚的に選択することができる検索結果演算システムを提供すること。
【解決手段】第1の検索結果を表示する第1の表示領域および第2の検索結果を表示する第2の表示領域を有する表示部と、前記第1の表示領域に紐付いた第1の画像オブジェクトおよび前記第2の表示領域に紐付いた第2の画像オブジェクトを画面上で移動可能な状態で表示制御する画像オブジェクト制御部と、前記第1および第2の画像オブジェクトの重なりを検知する検知手段と、前記検知手段により検知したオブジェクトの重なりに応じて前記第1および第2の検索結果間の演算を行う演算手段と、前記演算手段により演算された結果を表示制御する表示制御手段と、を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】印刷データ生成後であっても、印刷データの部数を自由に変更することが出来る画像形成装置、その制御方法及びプログラムを提供すること。
【解決手段】画像形成装置において、印刷データの部数の変更指示の入力を受け付け、クライアント装置における印刷データ生成時に設定された部数の情報である元部数の情報を取得し、当該元部数の情報に基づいて、前記元部数における1部毎のページ数を特定し、前記元部数における1部の情報に基づいて、印刷データの部数を変更する。 (もっと読む)


【課題】 複数個所のタッチを同時検出可能なタッチパネル表示部を用いて、コピーすべき情報を識別して記憶でき、任意の順序で読みだして貼り付けることが可能な仕組みを提供する。
【解決手段】
多点入力が可能なマルチタッチ表示部で、コピー情報を指示する指のタッチとは別の指のタッチ位置に従って、コピー情報を識別する識別情報を対応づけてクリップボードに保存しておく。そして、ペースト指示された場合に、編集位置を示す指のタッチとは別の指のタッチ位置に対応する識別情報で記憶されているコピー情報を読み出して貼り付ける。 (もっと読む)


1 - 10 / 364