説明

帝人デュポンフィルム株式会社により出願された特許

481 - 490 / 517


ポリエチレン−2,6−ナフタレンジカルボキシレートを主たる成分としてなる、高温下ならびに高湿下での優れた寸法安定性、平滑性、機械強度、および優れた加工適正を有する半導体ウェハ加工用ベースフィルムが提供される。 このフィルムは、ポリエチレン−2,6−ナフタレンジカルボキシレートを主たる成分としてなる二軸配向フィルムであって、200℃で10分間熱処理した際のフィルムの熱収縮率が、フィルムの製膜方向および幅方向のいずれも1.00%以下である半導体ウェハ加工用ベースフィルムからなる。 (もっと読む)


ポリエステルフィルムの少なくとも片面上に帯電防止性塗膜を有し、そして該帯電防止性塗膜が下記式(1)


ここで、RおよびRは、互に独立に、水素原子またはメチル基であり、Rは炭素数2〜10のアルキレン基であり、RおよびRは、互に独立に、炭素数1〜5のアルキル基であり、Rは水素原子、炭素数1〜5のアルキル基または炭素数2〜10のヒドロキシアルキル基でありそしてYはハロゲンイオン、ハロゲン化アルキルイオン、ナイトレートイオン、サルフェートイオン、アルキルサルフェートイオン、スルホネートイオンまたはアルキルスルホネートイオンである、
で表される重合単位を持つポリマーを含有する帯電防止性フィルム。このフィルムは液晶偏光板保護フィルムの如き帯電防止性が求められる分野で用いられる。
(もっと読む)


【課題】 多層フィルムの厚み分布をフィルムの幅方向に制御でき、フィルムの幅方向に亘り各層の厚み分布を均一な多層フィルムを生産できる多層フィルムの製造方法および装置を提供する。
【解決手段】 樹脂Aと樹脂Bとを別個に押出機で溶融し、樹脂Aと樹脂Bが交互に5層以上流入するよう多層フィードブロックの中の合流ブロックに導き、合流ブロックに導かれた樹脂Aと樹脂Bとを合流させ、多層フィードブロックに続くダイよりシート状に押出し、樹脂Aと樹脂Bが厚み方向に多層となる向きで交互に5層以上積層された多層シートとする多層シートの製造方法において、合流ブロックには個々の扁平な流路を形成する隔壁で区分された扁平な流路が設けられ、A層およびB層の各層の厚みがフィルムの幅方向で均一になるように個々の扁平な流路の樹脂の流入方向の隔壁の長さLが設定されていることを特徴とする多層シートの製造方法。 (もっと読む)


【課題】耐衝撃性、及び接着強度の大きい色素増感型太陽電池用対極を提供する。
【解決手段】ポリエステル等のプラスチックフィルム、その上に設けられたインジウム−スズ複合酸化物(ITO)、インジウム−亜鉛複合酸化物等の透明導電層、および透明導電層の上に設けられたポリチオフェン、ポリピロール及びポリアニリン等の導電性高分子層からなる、色素増感型太陽電池の対極。
【効果】耐衝撃性が高く、なおかつ濡れ性の悪い基材と十分に高い接着強度で接着した導電性高分子からなる色素増感型太陽電池用対極を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】 優れた機械的性質、耐熱性、耐湿性を有しながら、EVAとの接着性、密着性に優れた太陽電池裏面保護膜用易接着性ポリエステルフィルムを提供する。
【解決手段】 ポリエステルフィルムおよびそのうえに塗設された樹脂皮膜からなり、樹脂皮膜は塗液をフィルムに塗布して形成され、塗液は固形分100重量%あたり10〜100重量%の架橋剤(A)を含有することを特徴とする、太陽電池裏面保護膜用易接着性ポリエステルフィルム。 (もっと読む)


【課題】 優れた成形加工性を有し、ラミネート後の光沢感、レトルト後外観、ゴールド発色性に優れた金属板貼合せ成形加工用フィルムを提供する。
【解決手段】 ポリエステルA層およびこれと接するポリエステルB層からなる積層フィルムであって、ポリエステルA層はポリエチレンテレフタレート(a)からなり、ポリエステルB層はポリブチレンテレフタレート(b1)30〜70重量%とポリエチレンテレフタレート(b2)30〜70重量%からなるポリマー合計100重量部に着色剤を0.1〜5.0重量部含有させた樹脂組成物からなり、色差計で測定されるフィルムのa*値が−30〜20、b*値が20〜70であり、かつA層の室温におけるフィルム硬度が18mgf/μm以上であることを特徴とする金属板貼合せ成形加工用フィルム。 (もっと読む)


【課題】 優れた成形加工性を有し、レトルト後外観、ゴールド発色性、光沢性に優れた金属板貼合せ成形加工用積層フィルムを提供する。
【解決手段】 基材フィルムおよびそのうえに設けられた接着層からなる積層フィルムであって、基材フィルムがポリテトラメチレンテレフタレートおよびポリエチレンテレフタレートからなるポリエステル組成物からなり、接着層が接着剤および着色剤からなり、積層フィルムの色差計によるa*値が−30〜20、b*値が20〜70であることを特徴とする金属板貼合せ成形加工用積層フィルム。 (もっと読む)


【課題】 内容物の非付着性に優れ、水雰囲気での使用後にも優れた離型性を発現し、耐熱性、加工性、フィルム生産時の製膜性に優れる金属板貼合せ用ポリエステルフィルムを提供する。
【解決手段】 融点が245〜280℃のポリエチレンテレフタレートからなる第1の層と、第1の層と接し融点が210〜250℃の共重合ポリエチレンテレフタレートからなる第2の層とから構成され、第1の層の面配向系数が0.151〜0.180であることを特徴とする金属板貼合せ成形加工用フィルム。 (もっと読む)


【課題】 電気絶縁特性が良好で、高温湿度下での耐加水分解性に優れる電気絶縁用二軸配向積層ポリエステルフィルムを提供する。
【解決手段】 ポリエステルフィルムの少なくとも一方の面に、アンカー層、撥水性層が順次積層され、該撥水性層表面の水接触角が90度以上である電気絶縁用二軸配向積層ポリエステルフィルム。 (もっと読む)


本発明は、基材層、易接着層およびハードコート層からなり、基材層上に易接着層が形成され、易接着層上にハードコート層が形成された積層フィルムであって、(1)基材層が、ナフタレンジカルボン酸を主たるジカルボン酸成分とし、エチレングリコールを主たるグリコール成分とするポリエステル樹脂からなり、(2)ハードコート層が紫外線吸収機能を有し、表面の鉛筆硬度がH以上であって、(3)該積層フィルムのキセノンアーク試験300時間前後での透過b*値の変化量(Δb*)が2.0未満である積層フィルムである。上記フィルムは、耐光性、耐傷つき性、透明性、寸法安定性、ハードコート層との密着性に優れる。 (もっと読む)


481 - 490 / 517