説明

東芝ソリューション株式会社により出願された特許

41 - 50 / 1,478


【課題】白飛びに頑健な領域検出を実現できるようにする。
【解決手段】実施形態によれば、領域検出装置は、輪郭線抽出手段と、明暗判定手段と、変化点検出手段と、輪郭線修正手段と、領域取得手段とを具備する。輪郭線抽出手段は、入力画像から輪郭画素の系列を輪郭線毎に抽出する。明暗判定手段は、抽出された輪郭画素の系列を構成する輪郭画素の各々が予め定められた範囲内の画素と比較して明るいか或いは暗いかの明暗を判定する。変化点検出手段は、判定された明暗が対応する輪郭線上で変化する変化点を、輪郭画素の系列から検出する。輪郭線修正手段は、検出された変化点において対応する輪郭線を繋ぎ直すことにより、修正された輪郭線を構成する輪郭画素の系列を取得する。領域取得手段は、修正された輪郭線を構成する輪郭画素の系列を、入力画像から検出された領域の情報として取得する。 (もっと読む)


【課題】枠と枠内の文字等が接触している場合における枠の内側と外側の区別をより確実にし、枠に囲まれた領域の検出性能を向上できるようにする。
【解決手段】実施形態によれば、領域検出装置は、凸包抽出手段と、領域取得手段とを具備する。輪郭線抽出手段は、入力画像から第1の輪郭画素の系列を輪郭線毎に抽出する。凸包抽出手段は、抽出された第1の輪郭画素の系列毎に、当該第1の輪郭画素の系列の凸包を構成する第2の輪郭画素の系列を抽出する。領域取得手段は、抽出された第2の輪郭画素の系列を、入力画像から検出された領域の情報として取得する。 (もっと読む)


【課題】第1言語の文書の原文が構文解析に失敗した場合でも、ユーザに負担を課すことなく読みやすい訳文を生成できるとともに、開発者による機械翻訳のチューニングの効率化や省力化を図ることである。
【解決手段】文書解析手段30は、第1言語で表現された文書の各原文を構文解析する。訳文生成手段33は、文書解析手段30で構文解析に成功したときは原文の訳文を生成する。第1言語単語除去手段34は、文書解析手段30で構文解析に失敗したときは原文から1単語を除去した単語列を作成する。また、文書解析手段30は、第1言語単語除去手段34で得られた1単語を除去した単語列を構文解析し、訳文生成手段33は、1単語を除去した単語列の構文解析に成功したときはその単語列の訳文を生成し、1単語を除去した単語列の構文解析に失敗したときは原文の不完全な訳文を生成する。 (もっと読む)


【課題】銘柄に関連付けられていない状態で随時配信されるニュースから銘柄のグルーピングや株価変動材料の知見情報を随時抽出し、さらに、株価変動、出来高などの数値情報を用いて、銘柄のグルーピング情報を評価し更新して、知見情報を最新の状態にする。
【解決手段】実施形態の株取引知見抽出装置は、配信されたニュース情報から株取引に関する知見情報を抽出する。また、株取引知見抽出装置は、情報受信部、情報選択部、知見抽出部、記憶部及び情報分析部を備える。情報受信部は、ニュース情報を受信する。情報選択部は、受信されたニュース情報から経済用語を含むニュース情報を選択する。知見抽出部は、選択されたニュース情報から知見情報を抽出する。記憶部は、抽出された知見情報を記憶する。情報分析部は、知見情報が記憶された後、情報受信部に受信された全てのニュース情報を記憶部内の知見情報に基づいて分析する。 (もっと読む)


【課題】マスターサーバ側の仕組みを複雑化することなく効率的な検索を実現する分散データベース検索装置を提供する。
【解決手段】本実施形態の分散データベース検索装置は、入力された問合せクエリに基づいてデータベースを検索するマスターサーバと、データベースを具備する複数のスレーブサーバとを接続して構成される。スレーブサーバは、マスターサーバとデータの送受信を行う第2の送受信部と、受信した分散プランに基づいてローカルプラン候補を生成するローカルプラン候補生成部と、生成されたローカルプラン候補に基づいて最も演算コストが低いローカルプランを決定するローカルプラン選択部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】複数のアイテムを含む対象情報から、アイテム間の関連性を反映させたパターン抽出の制御を行う。
【解決手段】実施形態のパターン抽出装置は、複数の対象情報を記憶する第1記憶部と、複数の対象情報それぞれに含まれる各アイテムに基づいて、相互に異なる2以上のアイテムで構成される候補パターンを生成する候補パターン生成部と、生成された候補パターンが複数の対象情報それぞれに出現する出現頻度に基づいて、候補パターンの抽出評価値を算出する候補評価値算出部と、算出された抽出評価値が所定の閾値を満たす候補パターンを判別して抽出するパターン抽出部と、アイテム間の関連度を記憶する第2記憶部とを含み、候補評価値算出部は、候補パターンに含まれる各アイテム間の関連度を識別し、識別された関連度に基づく加重値及び出現頻度に基づいて、抽出評価値を算出する。 (もっと読む)


【課題】内容が矛盾または重複している可能性がある文章を自動的に抽出することが可能な文章抽出装置およびプログラムを提供することにある。
【解決手段】入力手段は、文字列から構成される複数の文を含む文書を入力する。作成手段は、入力された文書に含まれる複数の文のうちの2つの文毎に、当該2つの文を第1および第2の文として含む文ペアを作成する。算出手段は、作成された文ペアの各々に含まれる第1および第2の文間の類似度を、当該第1および第2の文を構成する文字列に基づいて算出する。特定手段は、算出された類似度が予め定められた値より高い第1および第2の文を含む複数の文ペアを特定する。抽出手段は、特定された複数の文ペアの各々に含まれる第1および第2の文の前記入力された文書における位置に基づいて文の集合を当該文書から抽出する。出力手段は、抽出された文の集合を出力する。 (もっと読む)


【課題】
精度よく表記ゆれ候補を検出する表記ゆれ検出装置を提供することである。
【解決手段】
実施形態の表記ゆれ検出装置は、文書データから用語を抽出する用語抽出部と、抽出された用語の任意のペアの類似度を算出する類似度算出部と、類似度に基づいて、用語のペアが表記ゆれ候補であるかを判定する表記ゆれ候補判定部と、表記ゆれ候補である用語のペアに共通に含まれる文字列に基づいて表記ゆれ候補をグループ分けするグループ分類部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 特徴付けが事前に与えられない評価対象を扱うことができ、時系列データが評価対象の発生に関するものに限定されず、且つパターンを自動的に発見する。
【解決手段】 アイテム割当て手段は、収集されたテキスト情報毎に、複数のアイテムを抽出すると共に、評価対象表現又は関連表現に一致したアイテムがあるとき、当該評価対象表現又は当該関連表現の評価対象表現を評価対象アイテムとして当該テキスト情報に割り当てる。クラス判別手段は、前記評価対象アイテムに関連した前記数値情報の変化からクラスを判別し、当該クラスを当該テキスト情報に割り当てる。トランザクション生成手段は、前記テキスト情報毎に、前記評価対象アイテム、前記各アイテム及び前記クラスを含むクラス付きトランザクションを生成する。パターン発見手段は、前記トランザクションの集合から特徴的なアイテムの組合せを示す前記パターンを発見する。 (もっと読む)


【課題】端末毎に教育コンテンツを用意することなく当該各端末において同一の教育コンテンツを受講することが可能な教育システムを提供することにある。
【解決手段】抽出手段は、教育コンテンツからテキストを抽出する。第1の送信手段は、テキストを第1の端末に送信する。第1の受信手段は、テキストにて教育コンテンツを受講した旨を示す通知を第1の端末から受信する。受講状況格納手段は、受信された通知に応じて、教育コンテンツに対するユーザの受講状況を管理するための受講状況番号に対応づけて当該受講状況を示す受講状況情報が格納される。第2の送信手段は、受講状況格納手段に格納された受講状況番号を第1の端末に送信する。第2の受信手段は、受講状況番号を第2の端末から受信する。配信手段は、受講状況番号に対応づけて受講状況格納手段に格納されている受講状況情報に基づいて、教育コンテンツを第2の端末に配信する。 (もっと読む)


41 - 50 / 1,478