説明

バイエル・クロツプサイエンス・アクチエンゲゼルシヤフトにより出願された特許

41 - 50 / 524


本発明は、成分(A)及び(B)を含む除草剤の組み合わせに関し、ここで、(A)は、一般式(I)(式中、R1はハロゲン、好ましくはフッ素、塩素を表わし、R2は水素を表わし、そしてR3はヒドロキシルを表わし、又はR2及びR3はそれらが結合している炭素原子と一緒になってカルボニル基C=Oを表わし、そしてR4は水素又はメチルを表わす)で表わされるグループからの1つ又はそれ以上の化合物又はその塩を表わし;そして(B)は、(B1−1)ベンゾフェナップ、(B1−2)ピラゾリネート、(B1−3)ピラゾキシフェン、(B1−4)ピロキサスルホン、(B1−5)トプラメゾン、(B1−6)ピラスルホトール、(B1−7)NC−310、(B2−1)ピラフルフェン−エチル、(B2−2)フルアゾラート、(B3−1)イソウロン、(B3−2)イソキサベン、(B3−3)イソキサフルトール、(B4−1)イマザメタベンズ−メチル、(B4−2)イマザモックス、(B4−3)イマザピック、(B4−4)イマザピル、(B4−5)イマザキン、(B4−6)イマゼタピル、(B4−7)プロフルアゾール、(B5−1)メタゾール、(B5−2)オキサジアルギル、(B5−3)オキサジアゾン、(B6−1)アミカルバゾン、(B6−2)カルフェントラゾン−エチル、(B6−3)スルフェントラゾン、(B6−4)ベンカルバゾン、(B6−5)イプフェンカルバゾン、(B7−1)アミトロール、(B7−2)パクロブトラゾール、(B7−3)ウニコナゾール、(B7−4)カフェンストロール、(B8−1)フェントラザミド、(B8−2)F−5231を含むグループからの1つ又はそれ以上の除草剤を表わす。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、成分(A)及び(B)を含む除草剤/薬害軽減剤の組み合わせに関し、ここで、(A)は一般式(I)(式中:R1は、ハロゲン、好ましくはフッ素又は塩素を表わし、R2は水素を表わし、そしてR3はヒドロキシを表わし、又はR2及びR3は、それらが結合している炭素原子と一緒になってカルボニル基C=Oを表わし、そしてR4は水素又はメチル表わす)で表わされるグループからの1つ又はそれ以上の化合物若しくはその塩を表わし:そして(B)は、薬害軽減剤のグループからの1つ又はそれ以上の化合物を表わす。
【化1】

(もっと読む)


【課題】還元土壌における作物の生長改善方法を提供すること。
【解決手段】ネオニコチノイド類又はアリールピラゾール類から選択する一つの化合物を水稲に作用させて還元土壌条件下での生育障害を改善する方法。 (もっと読む)


【課題】殺虫剤として優れた効果を示すベンゼンジカルボキサミド誘導体の提供。
【解決手段】式(1)で示される化合物。


(式中、W、W、W、W、W、W、W、W、Wは窒素又は置換されていてもよい炭素をそれぞれ示す。) (もっと読む)


本発明は、下式(I)


(式中、Vは明細書に記載のV1からV5の芳香環式基を表し、Qは明細書に記載のQ1からQ7の芳香環式基を表し、GおよびGはOまたはSを表し、Rは水素、アルキル、ハロアルキル、アルコキシ、ハロアルコキシ、フェニルまたは複素環式基を表し、RおよびRは水素、アルキル、ハロアルキル、アルキルカルボニル、ハロアルキルカルボニル、アルコキシカルボニルまたはハロアルコキシカルボニルを表す。)で表される新規のアシルアミノベンズアミド誘導体および殺有害生物剤としてのそれの使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、非生物的ストレス因子に対する植物の抵抗性を増加させるための、テブコナゾール、エポキシコナゾール、メトコナゾール、シプロコナゾール、プロチオコナゾール及びそれらのいずれかの混合物からなる群より選択される少なくとも1つの化合物の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)


[式中、A、T、W、X、n及びZ〜Zは、さまざまな置換基を表す]で表される殺菌剤N−(2−ピリジルプロピル)カルボキサミド誘導体及びそのオキサ、アザ及びチア類似体、それらを調製する方法及びそれらを調製するための中間体化合物、殺菌剤としてのそれらの使用、特に、殺菌剤組成物の形態における殺菌剤としてのそれらの使用、並びに、それら化合物又はそれらの組成物を使用して植物の植物病原性菌類を防除する方法に関する。

(もっと読む)


本発明は、式(I)で表される殺菌剤N−(2−フェノキシエチル)カルボキサミド誘導体、それらのアザ、チア及びシラ類似体、それらを調製する方法、殺菌剤としてのそれらの使用、特に、殺菌剤組成物の形態における殺菌剤としてのそれらの使用、並びに、それら化合物又はそれらの組成物を使用して植物の植物病原性菌類を防除する方法に関する。式(I)


〔式中、A、T、W、X、n及びZ〜Zは、さまざまな置換基を表す〕。
(もっと読む)


本発明は、式(I)


〔式中、A、Z、Z、Z、X、n、Y及びmは、さまざまな置換基を表す〕で表されるN−シクロアルキル−N−ビフェニルメチル−カルボキサミド誘導体、それらを調製する方法、調製用の中間体化合物、殺菌剤活性因子としてのそれらの使用、特に、殺菌剤組成物の形態における殺菌剤活性因子としてのそれらの使用、及び、それら化合物又は組成物を使用して、植物病原性菌類、特に植物の植物病原性菌類を防除する方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、化学基WからWおよびRからRが本明細書に定義された式(I)を有する新規のベンゼンジカルボキサミド誘導体、および殺虫剤としてのその使用に関する。

(もっと読む)


41 - 50 / 524