説明

旭化成ホームズ株式会社により出願された特許

101 - 110 / 703


【課題】梁接合部の補強と鋼管の接続の補助とを簡素な構成で実現可能な梁接合部構造を提供する。
【解決手段】鋼管10Aの内部に、鋼管10Aの端部から一部が突出するようにL字アングル20を配置する。これにより、鋼管10Aの内部に収容されたL字アングル20の補強本体部20aによって梁接合部30が補強されると共に、鋼管10Aから突出する接続補助部20bが鋼管10Aの内側において鋼管10Aと鋼管10Bとの接続部に位置するため、接続補助部20bを、鋼管10Aと鋼管10Bとを溶接接合する際の裏当て金として用いることができる。このように、梁接合部30を補強するL字アングル20が、鋼管10Aと鋼管10Bとの接続を補助する裏当て金としての機能も兼ねる。 (もっと読む)



【課題】中間階において、高さが異なる床部が存在する場合にも、架構全体の荷重の伝達機構を複雑化させることなく、梁柱間で良好に荷重を伝達することができる床構造を提供する。
【解決手段】床受け部50は、梁30にのみ吊り下げ支持される構成となっている。このように、床受け部50が、梁30にのみ吊り下げ支持されて床部40を受けているため、床部40に水平荷重が入力される場合であっても、当該荷重はすべて床受け部50を介して梁30に伝達され、当該荷重が柱20A,20Bの中途部等に伝達されない構成となっている。これによって、当該床部40からの荷重は、床受け部50を介して、一般床部PF1と同様に梁30及び柱20A,20Bに伝達されることとなる。一般床部PF1と同様に荷重の伝達が行われるため、架構全体の荷重の伝達機構が複雑化することなく梁柱間で良好に荷重を伝達することができる。 (もっと読む)









101 - 110 / 703