旭化成せんい株式会社により出願された特許

31 - 40 / 548


【課題】耐摩耗性等の物性および風合の優れたリサイクル可能な人工皮革(合成皮革)を提供すること。
【解決手段】不織シート状物をバインダーで処理してなる人工皮革において、平均粒子径が5.0μm以下の熱可塑性樹脂エマルジョンをバインダーとして用いることを特徴とする人工皮革。 (もっと読む)


【課題】柔軟で高い伸縮性を持ちながら生地が変形・伸長した場合でも電気抵抗の変化が小さく、且つ優れた導電性を保持する特性を有し、衣料製品のみならず配線やセンサー用途にも使用可能な導電性伸縮性編地を提供すること。
【解決手段】導電糸と、非導電糸からなる編地を構成する全編目数に対する導電糸が形成する編目数の割合が70%以下であり、面方向に導通性があり、好適には、導電糸が間欠的に編目を形成していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】人体や柔軟なものが接する際の圧力分布を検知するセンサー部材や電極等として使用しうる、伸縮性、柔軟性があり、人体の凹凸や変形に柔軟に追従できる導電性布帛の提供。
【解決手段】非導電性繊維からなる基布の表面上に複数個の導電性層が互いに絶縁された状態で島状に形成され、かつ、タテ及び/又はヨコ方向に5〜200%の伸長率を有する導電性布帛。 (もっと読む)


【課題】伸縮性伝送路を備えた機器において、伸縮性伝送路の使用される部位で起こる伸縮や屈曲により、伸縮性伝送路が固定部でずれることが無く、伸縮性伝送路が断線しにくい機器を提供すること。
【解決手段】伸縮性伝送路が固定具により固定された機器において、該固定具は断面が円弧状の固定面を有し、該伸縮性伝送路は該固定面と周方向において50%以上、長さ方向においてL/5(mm)以上接し(但し、L(mm)は該伸縮性伝送路の弛緩時の外径である)、該伸縮性伝送路の固定部の見掛け断面積(S(mm2))が下式で表される範囲内になっていることを特徴とする機器。但し、下式において、S1(mm2)は弛緩時の伸縮伝送路断面積であり、a(%)は伸縮性伝送路の最大伸長率である。
1×(1/√((100+a)/100)≧S≧0.5×S1×(1/√((100+a)/100) (もっと読む)


【課題】固体微粒子を安定に微分散することにより、固体微粒子の凝集に起因するフィルター詰まりを抑制し、フィルター交換頻度の減少により作業負荷を低減し、紡糸時の糸切れトラブルを低減することにより、ポリウレタン弾性繊維の安定生産を可能にするポリウレタン組成物の提供。
【解決手段】ポリウレタン重合体、アミド系溶剤、固体微粒子、及び分散剤を含むポリウレタン組成物であって、該分散剤は、ポリカルボン酸系共重合化合物であることを特徴とするポリウレタン組成物。 (もっと読む)


【課題】電子機器付き衣服において生体の複雑な動きに対して、柔軟に変形、追従し、配線の引っかかりや、伝送線が必要以上に伸ばされ、断線する可能性が抑制された、快適性、安全性に優れる電子機器付き衣服を提供する。
【解決手段】衣服を構成する布帛の少なくとも一部に、電子機器及び伸縮伝送線が配されてなる衣服であって、布帛の伸縮伝送線が配された方向における伸縮性(A)が5〜200%であり、伸縮伝送線の長さ方向の伸縮性(B)が5〜200%であり、両者の伸縮性差((B)−(A))が0〜195の範囲であることを特徴とする電子機器付き衣服。 (もっと読む)


【課題】屋外での使用などができるテープ基材から成り、耐水性および耐久性を有し、手切れ性、強度および凹凸面への追従性に優れている不織布テープ基材を提供すること。
【解決手段】繊維径が0.1〜30μmであり、見掛け密度が0.15〜0.50g/cm3であり、目付けが15〜150g/m2であり、長手方向の引張強力および破断伸度がそれぞれ20N/5cm以上および10%以上であり、部分熱圧着率が3〜30%であり、かつ該部分熱圧着部とは異なる長手方向に対して直交する線状または破線状の圧着部を有する合繊長繊維不織布からなることを特徴とする不織布テープ基材。 (もっと読む)


【課題】伸縮に対する追従性を向上させて繰返し伸縮を受けても断線や基布損傷を抑制でき、耐久性に優れた伸縮伝送線が配された布帛を提供する。
【解決手段】基布1の少なくとも一部に伸縮伝送線2が配された布帛4であって、基布の少なくとも一方向の伸縮率Aが5%〜200%であり、伸縮伝送線の長さ方向の伸縮率Bが5%〜200%であり、両者の伸縮率差C=((B)−(A))が0〜195の範囲である伸縮伝送線が配された布帛。伸縮率差Cが0〜100の範囲であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】均一な微細孔を有し、水その他種々の有機溶媒の吸液量が多く、かつ、吸液速度が速いイムノクロマトグラフィー展開相に適したポリケトン多孔体の提供。
【解決手段】95重量%以上が下記式(1):


{式中、R1は炭素数2〜10の炭化水素基である。}で表される繰り返し単位で構成される、一酸化炭素とエチレン性不飽和化合物の共重合体であるポリケトンから形成されたポリケトン多孔体であって、長径0.02〜20μm、短径0.01〜5μmかつ偏平率が0.5〜0.95である微細孔を有し、かつ、下記式(2):空隙率(%)=(1−G/ρ/V)×100{式中、Gは多孔体の重量(g)であり、ρはポリケトンの重量平均密度(g/cm)であり、そしてVは多孔体の体積(cm)である。}で算出される空隙率が30〜90%であることを特徴とする前記ポリケトン多孔体。 (もっと読む)


【課題】高い蛋白質吸着能を有し、微細セルロース繊維から構成される多孔質セルロースの不織布を提供する。
【解決手段】下記条件(1)〜(3):
(1)平均繊維径が10nm以上500nm以下である;
(2)空孔率Pavが40%以上99%以下である{ここで、Pavは、20cm角のセルロース不織布を16等分し、それぞれ空孔率Pを測定した時の平均値を意味する。};及び
(3)吸水率Wavが150%以上650%以下である{ここで、Wavは、20cm角のセルロース不織布を16等分し、それぞれ吸水率Wを測定した時の平均値を意味する。};
を満足することを特徴とする蛋白質吸着性セルロース不織布。 (もっと読む)


31 - 40 / 548