説明

旭化成ケミカルズ株式会社により出願された特許

1,391 - 1,400 / 2,513


【課題】非動物性で、食品等に用いた場合に一般的に好まれる物性のゲル状物を提供でき、かつレトルト殺菌のごとき条件下においても、固形物やタンパク質などの内容物をそのままの状態で保持できる、耐熱安定性に優れたゲルを形成できるゲル化剤等を提供する。
【解決手段】第1成分である微細繊維状セルロース50〜95質量%と水溶性高分子または親水性物質5〜50質量%とを含む微細繊維状セルロース複合体と、第2成分であるキサンタンガムと、第3成分であるグルコマンナン、ガラクトマンナン、アルギン酸類、ジェランガムからなる群より選択される1種あるいは2種以上の多糖類とからなるゲル化剤。 (もっと読む)


【課題】水性塗料に使用可能で塗料の貯蔵安定性に優れており、なおかつ塗膜にしたときの光輝性や隠蔽性、フリップフロップ感などの低下が少ない金属顔料組成物を提供する。
【解決手段】少なくとも一種以上のモリブデン酸アミン塩と金属顔料とを含有する金属顔料組成物であって、モリブデン酸アミン塩は金属顔料の重量の0.01から10重量%存在することが好ましく、アミンとしては直鎖一級アミン等、種々のものが使用でき、エチルアミン、金属顔料はアルミニウム粉末であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】特に電池用セパレータとして使用した際の耐酸化性と高温電池特性の改善が可能であり、かつ従来よりも生産性と強度にも優れる微多孔膜を提供すること。
【解決手段】断面空孔密度が8個/μm以上、平均孔径が0.04〜0.1μm、突刺強度が3.9N/16μm以上であるポリエチレン製微多孔膜。 (もっと読む)


【課題】110℃付近以上で高収縮性、100℃付近以下で低収縮性を示し、低温シールが可能であるが、電子レンジでの加熱によりフイルム同士が融着しない多層シュリンクフイルムを提供する。
【解決手段】両表面層とその間に挟まれた内部層の少なくとも3層を有し、内部層が、分子量分布(Mw/Mn)が4〜10、密度が0.900〜0.930g/cm3、240℃における溶融張力が25〜100mN、融解主ピーク温度が118℃以下のエチレン−α−オレフィン共重合体(エチレンと、炭素数が3〜18のα−オレフィンから選ばれる少なくとも1種の単量体との共重合体)を70〜100重量%含み、かつ、内部層を構成する樹脂組成物の240℃における溶融張力が、25〜100mNである多層シュリンクフイルム。 (もっと読む)


【課題】成形後の複屈折が小さく、透明、耐衝撃性にすぐれた光学成形品の提供。
【解決手段】少なくとも1個のビニル芳香族炭化水素を主体とする重合体ブロックAと少なくとも1個の共役ジエンを主体とする重合体ブロックBとからなるビニル芳香族炭化水素含有量が40〜99質量%のブロック共重合体(1)を少なくとも1種を含有するスチレン系樹脂組成物から構成される光学成形体。 (もっと読む)


【課題】薄型・軽量且つ形態安定性、加工特性に優れかつ、使用時の触感やドライ感に優れる吸収性複合体を提供すること。
【解決手段】基材と粒子状の吸収性樹脂が接着されている複合物であって、以下の条件を満たすことを特徴とする吸収性複合体。
(1)吸収性樹脂層が2層以上であり、ボルテックス法における吸収時間が5〜100秒異なる樹脂によって構成される吸収速度が異なる吸収性樹脂層が存在する。
(2)1つの樹脂層は少なくとも1枚の親水性繊維から構成されている基材に接している、
(3)平均坪量が10〜200g/mである吸収性樹脂層が2層以上存在する、
(4)50%以上の吸収性樹脂が基材と直接接着している、
(5)該吸収性樹脂中の残存モノマーが200ppm以下である、
(6)吸収性複合体の全重量に対する吸収性樹脂重量の割合が、50〜99%である。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、橋脚コンクリートの壁面等に光硬化樹脂シートを被覆するような比較的広い照射範囲に適用出来る光硬化樹脂硬化用照射器及びそれを備えた光硬化樹脂硬化用照射装置を提供することを可能にすることを目的としている。
【解決手段】 方形状の枠体2と、該枠体2の両側辺に設けられ、支持体6に設けられ上下方向に配置された一対のレール7に沿って走行し得る車輪3と、枠体2の正面側に光を照射する光源体4と、該光源体4から出射される光を枠体2の正面側に反射する複数の山型反射板5とを有する構成としたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】水性塗料に使用可能で塗料の貯蔵安定性に優れており、なおかつ塗膜にしたときの光輝性や隠蔽性、フリップフロップ感などの低下が少ない金属顔料組成物を提供する。
【解決手段】少なくとも一種以上の混合配位型ヘテロポリ酸と金属顔料とを含有する金属顔料組成物。該混合配位型ヘテロポリ酸を構成するヘテロ原子は、III、IV、V族の元素から選ばれる少なくとも一種であり、混合配位型ヘテロポリ酸は金属顔料の重量の0.01から10重量%存在することが好ましく、金属顔料はアルミニウム粉末であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter・Pylori)の増加を
抑制する、人体に安全なピロリ菌の抑制剤または静菌剤を提供すること。
【解決手段】複数の糖が化学結合した多糖類であり、その構造中に少なくとも1つのβ結合を有する水溶性糖類を含有するピロリ菌の抑制剤または静菌剤であり、前記多糖類は構成糖として少なくとも1つのグルコース及び/またはキシロースを含み、β1−4結合がβ1−4グルコシド結合及び/またはβ1−4キシロシド結合であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】手攪拌のような比較的軽い攪拌操作で容易に再分散可能で、かつ懸濁安定性や乳化安定性を発揮できる易分散安定剤を提供する。
【解決手段】結晶セルロースと水溶性ガムと糖類との少なくとも3成分からなり、前記結晶セルロースと前記水溶性ガムとの合計1重量部に対して前記糖類を1重量部を越えて30重量部以下となる割合で用い、前記の3成分を水に分散溶解して高圧ホモジナイザーにて4MPa以上150MPa以下の圧力条件下で磨砕し、次いで乾燥して得られたものであることを特徴とする易分散安定剤。 (もっと読む)


1,391 - 1,400 / 2,513