説明

旭化成ケミカルズ株式会社により出願された特許

1,441 - 1,450 / 2,513


【課題】臭気を克服し、かつ、熱分解を抑制することを両立し、フィルムの過剰密着現象や引出性の低下等、物性の経時変化も少なく、トルク変動等の押出特性も安定した物性のポリ塩化ビニリデン系樹脂ラップフィルムを提供する。
【解決手段】安定剤として、過酸化水素法により製造され過酸化物価が13以下であるエポキシ化大豆油を0.2〜3.0重量%配合してなるポリ塩化ビニリデン系樹脂ラップフィルムであって、原料ポリ塩化ビニリデン系樹脂組成物中の塩化ビニリデンモノマー残存量が0.01〜1ppmであり、かつ、フィルム製造後のフィルム中のエポキシ化大豆油のエポキシ開環率が50%以内であることを特徴とするポリ塩化ビニリデン系樹脂ラップフィルム。 (もっと読む)


【課題】 アルミニウムの単位質量あたりの酸素吸収能を大幅に向上できると共に、副反応による水素が発生しにくい酸素吸収剤を提供する。
【解決手段】 酸素吸収剤としての金属アルミニウムに、γ−アルミナ、ベーマイト等のアルミニウム酸化物を加えることにより、酸素吸収速度および酸素吸収量を高めるとともに、金属アルミニウムに対するケイ素量が、50ppm以上2000ppm以下となるようにケイ酸塩やケイモリブデン酸キノリノール等の水溶性ケイ素化合物を加え、副反応である水素の発生量を低減する。 (もっと読む)


【課題】レジスト材料の使用量を大幅に削減し、かつ均一な皮膜形成を可能とするレジストパターンの形成方法の提供
【解決手段】基材上に設けられた、少なくとも1層からなるレジスト層をフォトリソグラフィー又はドライエッチング法によりパターン化してレジストパターンを形成する方法であって、該レジスト層の少なくとも最外層を、樹脂硬化物を表面に有する円筒状印刷版を用いて印刷法により形成することを特徴とするレジストパターンの形成方法。 (もっと読む)


【課題】 容器または袋内の内容物の劣化に大きく関与する酸素の存在を検知し、変色という手段を用いて一目で容器または袋内の酸素ガスを把握することができる酸素インジケーターを具備したガス置換包装体を提供する。
【解決手段】 酸化還元色素、揮発性還元剤、バインダー、溶媒からなるインク組成物で、インク組成物中のバインダー含有量が10重量%以上であるインク組成物からなる酸素インジケーターを具備したガス置換包装体を用いる。 (もっと読む)


【課題】ベタ部分における印刷品質が向上された凸版印刷原版の提供。
【解決手段】
樹脂硬化物を含む印刷層(A)を有する凸版印刷原版であって、
該印刷層(A)の表面の二乗平均平方粗さRqが、0.3μm以上2.4μm以下であり、
該印刷層(A)の最大高さRyが8μm以上21μm以下であり、
該印刷層(A)の十点平均粗さRzが8μm以上21μm以下である凸版印刷原版。 (もっと読む)


【課題】プロトン解離性液状モノマーと液状架橋剤のコポリマーが該多孔質基材内に密に充填され、際立った低燃料透過性と高プロトン伝導性を備えた電解質膜を、外観不良を発生させることなく製造する方法を提供する。
【解決手段】液状プロトン解離性ビニルモノマーと、一分子中に少なくとも二つの炭素―炭素二重結合を有する実質的に水に溶解しない架橋剤とを含有する混合液を疎水性多孔質基材に含浸、重合する電解質膜の製造方法において、該混合液の含水率が0.5%以下とする。 (もっと読む)


【課題】容器または袋内の内容物の劣化に大きく関与する酸素の存在を検知し、変色という手段を用いて一目で容器または袋内の酸素ガス把握することができるインク組成物を提供する。
【解決手段】酸化還元色素、揮発性還元剤、不揮発性還元剤、アルカリ物質、バインダー及び溶媒からなるインク組成物を用いる。酸化還元色素としては、チアジン系色素、オキザリン系色素、ラクトン系色素、サルトン系色素、アゾ系色素、インジゴイド系色素、アントラキノン系色素、トリフェニルメタン系色素等が、また、酸化還元色素としては、メチレンブルー、チオニン、ブリリアントブルー、ファーストグリーン、インジゴカルミン、アミノブラック等を用いることができる。 (もっと読む)


【課題】ベンゼンを原料とし、これを水素添加することにより、高い転化率で高選択的にシクロヘキセンを得ることができるシクロヘキセンの製造方法を提供する。
【解決手段】ルテニウム触媒、水及び金属塩存在下、ベンゼンを水素により部分水素添加して反応させてシクロヘキセンを製造するに当たり、油相中に炭素数8以上の飽和炭化水素の油相中の濃度は10重量ppm以上10重量%以下であること、炭素数8以上の飽和炭化水素としては流動パラフィンを用いること、金属塩としては硫酸亜鉛を用いることがそれぞれ好ましい。 (もっと読む)


【課題】本発明は、高い耐光性と耐熱性を有する硬化物を与える変性ポリシロキサンを提供することを目的とする。
【解決手段】多環脂環式炭化水素基とエポキシ基を特定割合で導入した変性ポリシロキサンである。 (もっと読む)


【課題】分子量やガラス転移温度などの特性が異なる多種類のポリフェニレンエーテルを効率、生産性よく製造する方法、及び、ガラス転移温度が高く、かつ機械的特性等の改善が期待できる分子量分布の狭いポリフェニレンエーテルを製造する方法を提供すること。
【解決手段】フェノール化合物(A)を、少なくとも一種以上のポリフェニレンエーテルの良溶媒及び少なくとも一種以上のポリフェニレンエーテルの貧溶媒からなる混合溶媒を用い、触媒の存在下、酸素含有ガスを用いて酸化カップリングし、重合終結時における良溶媒が35質量%以上であるポリフェニレンエーテルの製造方法において、重合終結時における重合溶液の形態が沈殿析出重合であり、重合に用いられる成分(A)が式(1)で表されるフェノール化合物であり、かつ重合に用いる成分(A)の全量に対し、10質量%〜100質量%の(A)と貧溶媒からなる混合溶液(B)を重合中に逐次添加することを特徴とするポリフェニレンエーテルの製造方法。 (もっと読む)


1,441 - 1,450 / 2,513