説明

旭化成ケミカルズ株式会社により出願された特許

1,451 - 1,460 / 2,513


【課題】温度による硬さの変化が少なく、季節や室温によらず使い勝手の良いクリーム状の化粧料を提供する。
【解決手段】下記の成分(A)及び(B)を含有し、クリーム状であることを特徴とする化粧料。成分(A):一般式(1)で表されるN−アシルアスパラギン酸またはその塩を主成分とするN−アシルアスパラギン酸系界面活性剤。成分(B):スルホン酸系陰イオン性界面活性剤。(R1は炭素数7〜23のアルキル基を示し、M1,M2は水素原子、アルカリ金属、アルカリ土類金属、有機または無機アンモニウム等を示す。)
(もっと読む)


【課題】本発明は、流動性爆薬を用いたトンネル発破において、流動性爆薬を孔底まで容易かつ確実に密装填できるカートリッジ爆薬を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明に係るカートリッジ爆薬の代表的な構成は、流動性爆薬とともに発破孔20に装填して起爆する親ダイ10であって、前記カートリッジ爆薬の径は、発破孔20の径の44%以下で、かつ前記カートリッジ爆薬の径は、発破孔20の径の200%以下であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】成膜性、耐候性と耐ブロッキング性に優れる塗膜の形成を可能とする水性樹脂分散体を提供すること。
【解決手段】高Tg樹脂成分と低Tg樹脂成分からなる水性樹脂分散体であって、水性樹脂分散体の最低成膜温度(MFT)が水性樹脂分散体粒子を構成する全重合性単量体の計算Tgより10℃以上低い水性樹脂分散体。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、塩化ビニリデン系樹脂への着色剤として好適な塩化ビニリデン系樹脂着色用組成物、これにより着色した塩化ビニリデン系樹脂組成物からなるフィルム、繊維、シート等の成形品、更には塩化ビニリデン系樹脂着色用組成物の製造方法を提供することを可能にすることを目的としている。
【解決手段】 顔料と分散剤とを混練した組成物を粉砕し、その粉砕物と、塩化ビニリデン系共重合体樹脂とを混合して構成した塩化ビニリデン系樹脂着色用組成物であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ベンゼンを原料とし、これを水素添加することにより、高い転化率で高選択的にシクロヘキセンを得ることができるシクロヘキセンの製造方法を提供する。
【解決手段】ルテニウム触媒、水及び金属塩存在下、ベンゼンを水素により部分水素添加して反応させてシクロヘキセンを製造するに当たり、油相中に炭素数8以上の飽和炭化水素の油相中の濃度は10重量ppm以上10重量%以下であること、炭素数8以上の飽和炭化水素としては流動パラフィンを用いること、金属塩としては硫酸亜鉛を用いることがそれぞれ好ましい。 (もっと読む)


【課題】本発明は、優れた反射率、拡散反射率を有すると共に、軽量性、剛性にも優れ、更に、長期間使用しても脆くなったり、クラックが発生したりしにくい、耐久性をも兼ね備えた反射板用微細発泡シートを提供する。
【解決手段】熱可塑性ポリエステルを50〜100重量%含有する樹脂組成物から構成され、下記(A)〜(D)を満足する反射板用微細発泡シート
(A)熱可塑性ポリエステルの数平均重合度(Pn)が70〜300
(B)熱可塑性ポリエステルのカルボキシル末端基濃度が0〜50eq/トン
(C)見かけ密度が0.05〜1.25g/cm
(D)平均気泡サイズが0.01〜100μm (もっと読む)


【課題】本発明は、優れた反射率、拡散反射率を有すると共に、耐光性に優れること、及び、軽量性、剛性をも兼ね備えた反射板用微細発泡シートを提供する。
【解決手段】熱可塑性ポリエステルを50〜100重量%含有する樹脂組成物から構成され、下記(A)〜(C)を満足する反射板用微細発泡シート
(A)グリコール二量体成分の含有量が0〜1.5重量%
(B)見かけ密度が0.05〜1.25g/cm
(C)平均気泡サイズが0.01〜100μm (もっと読む)


【課題】従来公知の技術と比較して低い嵩密度となるように粒子形状が制御され、通気抵抗の低い多孔質体の原料として有用なポリオレフィンパウダーの重合を可能とするオレフィン重合触媒の製造方法と該触媒およびこれを用いたポリオレフィンパウダーの製造方法の提供。
【解決手段】ある特定の比率で混合した不活性炭化水素溶媒に可溶な有機マグネシウム化合物およびシリカの混合物と塩化珪素化合物を接触させて得られる担体にチタン化合物を担持することを特徴とする、オレフィン重合触媒の製造方法と該触媒およびこれを用いたポリオレフィンパウダーの製造方法。 (もっと読む)


【課題】耐候性と耐ブロッキング性に優れる塗膜の形成を可能とする水性樹脂分散体を提供する。
【解決手段】ガラス転移温度(Tg)が異なる2種類以上の重合性単量体を用いて重合した水性樹脂分散体であって、その水性樹脂分散体は、ガラス転移温度(Tg)が50℃以上の高Tg成分と、ガラス転移温度(Tg)が40℃以下の低Tg成分からなり、高Tg成分と低Tg成分の比が高Tg成分/低Tg成分(重量比)=46/54〜70/30からなることを特徴とする水性樹脂分散体。 (もっと読む)


【課題】厚さが薄く、かつ、酸素窒素分離能に優れたオルガノポリシロキサン架橋膜を提供すること、また、厚さが薄く、かつ、酸素窒素分離能に優れたオルガノポリシロキサン架橋膜を容易に製造することができるオルガノポリシロキサン架橋膜の製造方法を提供すること。
【解決手段】ヒドロシリル基を2個以上有するオルガノポリシロキサンとビニル基を2個以上有するオルガノポリシロキサンとをヒドロシリル化触媒により反応させて形成した膜であり、前記膜の厚さが1μm以下であり、前記膜の常温における酸素/窒素分離係数が1.6以上であることを特徴とするオルガノポリシロキサン架橋膜、及び、その製造方法。 (もっと読む)


1,451 - 1,460 / 2,513