説明

旭化成ケミカルズ株式会社により出願された特許

2,251 - 2,260 / 2,513


【課題】 有機スズアルコキシドと二酸化炭素を使用する炭酸エステル製造において、連続して繰り返して高収率で製造する方法を提供すること。
【解決手段】 有機スズアルコキシド再生工程で使用するアルコール中に含まれるアルデヒド類の、被再生液中の金属原子に対するモル比を0.1以下に維持しながら製造すること。 (もっと読む)


【課題】 円筒状の継ぎ目のないマスクにおいて、網点やベタ図柄など大小画像が混在した連続図柄のデザインが可能であると共に、高耐久性を可能とするシームレスマスク構成体の提供
【解決手段】 活性光線に実質的に透明な連続した円筒状基材とその表面に、継ぎ目なくマスク材が配置されたことを特徴とする円筒状マスク構成体。
活性光線に実質的に透明な連続した円筒状基材上とその表面に、継ぎ目なくマスク材が配置されたことを特徴とする円筒状マスク構成体。 (もっと読む)


ポリエチレンとポリプロピレンとを必須成分として含み、二層以上の積層フィルムからなるポリオレフィン微多孔膜であって、少なくとも片側の表面層におけるポリプロピレンの混合比率が50重量%を超え95重量%以下であり、かつ膜全体におけるポリエチレンの含有率が50重量%以上95重量%以下であるポリオレフィン微多孔膜。
(もっと読む)


【課題】優れた白紙表面光沢を有し、かつ優れたインクジェット記録(印字)適正を備えたインクジェット記録用キャスト塗工紙の製造方法、該製造方法に用いる塗工液および該製造方法により製造されるインクジェット記録用塗工紙を提供すること。
【解決手段】顔料および接着剤を含有する下塗り塗工層を設けた下塗り原紙上に、感温点以下の温度領域では親水性を示し、感温点を超える温度領域では疎水性を示す高分子化合物(A)を含有する高分子エマルジョンとγ−アルミナを含む塗工液を、前記下塗り原紙上に塗工してキャスト用塗工層を形成し、該塗工層が湿潤状態において、該塗工層を加熱された鏡面ドラムに圧接、乾燥して仕上げるインクジェット記録用キャスト塗工紙の製造方法、該製造方法に用いる塗工液ならびに該製造方法により製造されたインクジェット記録用キャスト塗工紙。 (もっと読む)


【課題】 白色外観であって遮光性に優れる成形体、とりわけ高度な白色外観と遮光性、さらには優れた耐変色性が要求される用途に極めて有用な成形体を提供する。
【解決手段】 熱可塑性樹脂(A)100重量部に対して酸化チタン(B)3〜30重量部、染顔料(但し成分(B)を除く)(C)0.0001〜0.1重量部を含む樹脂組成物からなる成形体であって、該成形体を構成する樹脂組成物がJIS−Z−8722に準じて測定されるL*値が80以上であり、かつ、JIS−K−7105に準じて測定される厚さ1mmでの全光線透過率(T)[単位:%]が、0.1%以下であることを特徴とする成形体。 (もっと読む)


【課題】優れたインク吸収性、表面光沢、耐擦過性、画質を有するインクジェット用記録媒体を提供することである。
【解決手段】感温点以下の温度領域では親水性を示し、感温点を超える温度領域では疎水性を示す高分子化合物(A)を含有する高分子エマルジョン及び酸化チタン微粒子を含有することを特徴とするインクジェット記録媒体製造用塗工液および該塗工液を用いたインクジェット記録媒体製造方法。 (もっと読む)


【課題】 光反射率と遮光性に優れ、光源からの光漏れを防ぐことができると同時に、光の損失を抑えることができる成形体を提供する。
【解決手段】 熱可塑性樹脂(A)100重量部に対して、酸化チタン(B)3〜30重量部、染顔料(但し成分(B)を除く)(C)0.0001〜0.1重量部を含む樹脂組成物からなる成形体であって、該成形体を構成する樹脂組成物がJIS−K−7105に準じて測定される全光線反射率(R)[単位:%]が50%以上であり、かつ、厚さ2mmでの全光線透過率(T)[単位:%]が、0.1%以下であることを特徴とする成形体。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、表面や端面からの出光が十分得られる発光体及びその発光体と、光源とを有する発光システムを提供することを可能にすることを目的としている。
【解決手段】 光源から220mmの光路長における発光体1の光線透過率が0.1%以上、且つ80%以下であり、且つ光源からの光により発光する発光体1の輝度比が、光源からの距離が10mmの位置における発光体1の輝度をL10、光源からの距離が210mmの位置における発光体1の輝度をL210としたとき、0.5≦L10/L210≦20の条件を満たす発光部を有することを特徴とする。 (もっと読む)


2種以上の異なるポリアミド成分からなるポリアミド(A)、ポリフェニレンエーテル(B)及び芳香族ビニル重合体ブロックと共役ジエン重合体ブロックとからなるブロック共重合体の部分水素化により得られる部分水素化ブロック共重合体(C)(数平均分子量が200,000〜300,000の共重合体(C−1)を含む)からなり、(A)は連続相を形成し、(B)は該連続相中に分散相を形成し、(C)は、該(A)の連続相及び/又は(B)の分散相に存在し、成形体の表面に露呈している(A)の表面積が、該成形体の全表面積に対して80%以上であることを特徴とする樹脂成形体。ポリアミド(A)、ポリフェニレンエーテル(B)、芳香族ビニル重合体ブロックと共役ジエン重合体ブロックとからなるブロック共重合体(C)、導電性炭素材料(D)及びウォラストナイト粒子(E)を含む導電性樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】 有機スズアルコキシドと二酸化炭素を使用する炭酸エステル製造において、連続して繰り返して高収率で製造する方法を提供すること。
【解決手段】 有機スズアルコキシド再生工程で使用する残留液に含まれるスズ以外の溶存金属量を1000ppm以下に維持しながら製造すること。 (もっと読む)


2,251 - 2,260 / 2,513