説明

旭化成ケミカルズ株式会社により出願された特許

2,401 - 2,410 / 2,513


【課題】 活性汚泥法で発生した余剰汚泥を、比較的簡単な設備で効率的に減容化できる汚泥処理方法またはそのための処理装置を提案する
【解決手段】 原水の活性汚泥処理に伴い生じた余剰汚泥の生物処理方法であって、前記余剰汚泥に前記原水の一部を混合し、前記混合により生成された混合水が、微生物を担持した接触材により、少なくとも好気的に生物処理される。 (もっと読む)


【課題】衝突点移動速度を一定に保ったまま合せ材に作用する爆薬の爆発エネルギーを自在に調整できる爆発圧着方法、また該方法により製作された爆発圧着クラッド材を提供する。
【解決手段】爆薬5の爆発エネルギーを用いて合せ材2と母材4を接合させる爆発圧着方法において、爆薬5を合せ材2と1mm〜100mmの間隔を設けて配置したことを特徴とする爆発圧着方法。 (もっと読む)


【課題】強度、剛性、低摩擦、低磨耗性かつ耐熱エージング特性に優れる摺動部品用のポリアミド樹脂組成物を提供する。
【解決手段】(A)ポリアミド樹脂100重量部に対して、(B)架橋シリコーンゴムあるいはシリコーン化合物によってグラフト化されたポリオレフィン系樹脂のいずれかを1〜40重量部を含有するポリアミド樹脂組成物であって、ポリアミド樹脂組成物中のポリアミド樹脂の相対粘度(RV)が60〜300であるポリアミド樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】目的物の選択率が高い、不飽和酸または不飽和ニトリルの製造に用いる複合酸化物触媒の提供。
【解決手段】少なくともMo、Vおよび成分X(成分Xはアルカリ土類金属元素および希土類元素から選ばれる少なくとも1種以上の元素)を含み、シリカを含む担体に担持され、成分Xが該触媒粒子内で均一に分布していることを特徴とする複合酸化物触媒。分布の均一性の程度は、該複合酸化物触媒において、該複合酸化物触媒粒子の断面を組成分析した時の成分XとSiの信号強度比の分散値Dが、0<D<0.5の範囲にあるようにする。 (もっと読む)


【課題】 外観と機械的強度に優れている熱可塑性エラストマー組成物の提供。
【解決手段】(A)架橋性ゴム状重合体と(B)重合型オレフィン系熱可塑性エラストマーとからなる架橋された熱可塑性エラストマー組成物であり、架橋は架橋剤によって行われることが好ましく、必要に応じて、プロピレン系樹脂等の(C)オレフィン系樹脂及び(E)成分である軟化剤、ポリオルガノシロキサンおよび結晶性向上剤から選ばれる少なくとも1種を含有する熱可塑性エラストマー組成物。 (もっと読む)


【課題】 高温低加湿条件下(例えば、運転温度100℃で、50℃加湿(湿度12RH%に相当))でも高耐久性を有するプロトン交換膜の提供。
【解決手段】 イオン交換基を有するパーフルオロカーボン高分子化合物( A) と塩化メチレンによる抽出量が0.9重量%以下であり、かつ−SX基(Sはイオウ原子、Xはアルカリ金属または水素原子である)を10μmol/g以上有するポリフェニレンスルフィド樹脂(B)とを含有し、該A成分と該B成分の重量比(A/B)が1/99〜99.99/0.01であることを特徴とする高分子電解質組成物およびこの高分子電解質組成物からなるプロトン交換膜。 (もっと読む)


【課題】 ダメージした毛髪の状態を改善し、毛髪に十分なこしを与えまとまりを良くし、つややかな仕上がり状態を与える毛髪処理剤の提供。
【解決手段】 分子内に長鎖疎水基と親水基とを2個以上づつ有する化合物多鎖多親水基型化合物を含有する毛髪処理剤。 (もっと読む)


【課題】高温での耐久性に優れる高分子固体電解質膜の提供。
【解決手段】 コロナ放電処理、紫外線照射処理、プラズマ処理から選ばれた少なくとも1種類以上の表面処理が施された多孔性芳香族ポリアミドフィルムを有し、かつ、120℃以上の熱処理が施されたことを特徴とするフッ素系高分子固体電解質膜。またフッ素系高分子固体電解質膜はパーフルオロカーボンスルホン酸ポリマーと塩基性重合体を含有しこの両者の合計含有率が1〜50体積%である。 (もっと読む)


【課題】 皮膚安全性に優れ、皮膚上の皮脂や汚れを落として、清浄後に肌に潤いを与え、かつさらさらとした感触を与え得る清浄剤の提供。
【解決手段】 次の成分(A)と成分(B)を配合してなる事を特徴とする皮膚清浄剤。成分(A):一般式(1)に示すアシル化合物の1種以上成分。(B):アルコールの1種以上


(式1中、Xは置換基を有してもよい分子量100万以下の炭化水素鎖であるスペーサを、Qは一般式2で表される置換基を表す。)


(式2中、ZはXの官能基に由来する結合部、RCOはC2〜20の脂肪酸から誘導されるアシル基、Rは水素、ヒドロキシル基等、Yはカルボキシル基等を示す。) (もっと読む)


【課題】 家電分野、事務機分野や情報機器分野に有効に使用できる制振性の優れた難燃樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】 (A)ポリフェニレンエーテル系樹脂またはこれとポリスチレン系樹脂40〜85重量部、(B)スチレン系化合物の重合体ブロック10〜35重量%およびビニル結合の総含有量が40%以上であり、かつ残留する不飽和結合の70%以上が水素添加されたイソプレンの重合体ブロックとから成るブロック共重合体樹脂5〜30重量部、(C)ポリオレフィン系樹脂0〜2重量部未満および(D)芳香族燐酸エステル系難燃剤5〜30重量部から成り、かつ(B)+(C)成分が分散相を形成し、かつ分散粒子の平均径が0.2〜3μmの範囲である制振性に優れたポリフェニレンエーテル系樹脂組成物。 (もっと読む)


2,401 - 2,410 / 2,513