説明

旭化成ケミカルズ株式会社により出願された特許

2,421 - 2,430 / 2,513


【課題】耐熱性、耐候性、溶融安定性、リサイクル性に優れるスチレン系樹脂の提供。
【解決手段】
(A)下記式(1)で表されるイソプロペニル芳香族単位と、下記式(2)で表されるビニル芳香族単位とを含有する共重合体であって、イソプロペニル芳香族単位の含有量(a)が5〜70(wt%)であり、共重合体のZ平均分子量(Mz)と重量平均分子量(Mw)との比(Mz/Mw)が1.4〜3.0であるスチレン系共重合体と、(B)スチレン系単量体単位と共役ジエン系単量体単位とのブロック共重合からなるスチレン系−ジエン系ブロック共重合体を含有し、成分(I)と成分(II)の重量比(A/B)がA/B=99/1〜50/50を満足する耐熱スチレン系樹脂組成物。
(もっと読む)


【課題】 本発明は、高い衝撃強度を有し、大気への耐燃料揮発性に優れる低燃料透過性樹脂組成物および該樹脂組成物を用いて軽量な樹脂製燃料タンクを提供することを目的とする。
【解決手段】(A)連続相を形成するポリアミドおよび/またはポリフェニレンサルファイド樹脂:50〜95重量部と、(B)ポリオレフィン系樹脂と少なくとも一部が動的に架橋された飽和ゴム状重合体とからなる熱可塑性エラストマー:5〜50重量部、並びに(C)相溶化剤:(A)成分と(B)成分の合計量100重量部に対して0.1〜50重量部よりなる樹脂組成物であって、かつ該樹脂組成物中の飽和ゴム状重合体の含有量が1〜40重量%であることを特徴とする低燃料膨潤性熱可塑性樹脂組成物および該組成物を少なくとも一部に用いて得られる樹脂製燃料タンク。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、従来のポリオレフィン製微多孔膜と同等以上の性能を有する微多孔膜を、可塑剤を使用しながら容易に溶融混練が出来る製造方法を提案することを目的とする。
【解決手段】 ポリオレフィンを加熱した過剰量の可塑剤に浸漬し、少なくともポリオレフィンの一部を可塑剤により膨潤させた後、余剰の可塑剤を濾過し、得られた膨潤ポリオレフィンを含むポリオレフィンを溶融混練したのち押出し、延伸と可塑剤抽出を行うことを特徴とする、ポリオレフィン製微多孔膜の製造方法。 (もっと読む)


【課題】化粧料の安定性に優れ、十分な美白効果を発現し、かつ刺激性の小さい美白化粧料の提供。
【解決手段】分子内に長鎖疎水基と親水基とを2個以上づつ有する多鎖多親水基型化合物を含有する事を特徴とする美白化粧料。 (もっと読む)


【課題】塩化アルカリ水溶液の電解に用いられ、長期にわたって優れた電気化学的性質と機械強度を保持しつつ、水酸化アルカリを高純度で生成可能な含フッ素系陽イオン交換膜の提供。
【解決手段】イオン交換基を有する含フッ素重合体と多孔性基材からなり、陽極面側にイオン交換基を有するポリマーのみからなる突出した部分を持ち、突出部分の高さの平均が20〜150μm,分布密度が20〜1500個/cm2等の特徴を有する電解用イオン交換膜及びその製造方法。 (もっと読む)


【課題】 水系インクを用いたインクジェット記録を行うにおいて、高い耐擦性が得られ、かつインクの滲みや混色の極めて少ない優れた記録物を長期の使用期間においても得ることを可能にするインク組成物の提供。
【解決手段】 着色剤と、水と、高分子エマルジョンとを少なくとも含んでなるインクジェット用インク組成物であって、前記高分子エマルジョンが、感温点(T1)以下の温度領域では親水性を示し、感温点を超える温度領域では疎水性を示すN置換(メタ)アクリルアミド単位を有する高分子化合物(A1)からなる粒子と、高分子化合物(A1)とは異なる感温点(T2)を示すN置換(メタ)アクリルアミド単位を有する高分子化合物(A2)からなる粒子を含有することを特徴とする前記インクジェット用インク組成物。 (もっと読む)


【課題】特定構造を有するアシル化合物を含有してなる、皮膚安全性に優れ、肌へのなじみとなめらかさの感触、均一性、べたつきが少なく保湿性に優れるメイクアップ化粧料の提供。
【解決手段】次の成分(A)〜(D)を配合してなる事を特徴とするメイクアップ化粧料。成分(A):アシル基と親水基とを分子内に2個以上づつ有するアシル化合物の1種以上成分(B):油性成分の1種以上成分(C):粉末の1種以上さらに、任意に成分(D)ポリヒドロキシル化合物の1種以上。 (もっと読む)


【課題】耐熱性の高いポリアミド樹脂を用い高発泡倍率の成形体を得るための成形方法およびポリアミド樹脂組成物および成形体を提供する。
【解決手段】(A)ポリアミド樹脂に発泡剤を溶融混練する工程および/または溶融したポリアミド樹脂に発泡用ガスを吸収させる工程、ついで(B)該発泡性溶融ポリアミド樹脂をガラス転移温度以下の金型に射出成型あるいはサイジングダイに押出して発泡倍率が1.005〜1.15倍の発泡体を得る工程、ついで(C)該固化したポリアミド微発泡成形体をガラス転移温度以上に加熱して高発泡体を得る工程により製造される。 (もっと読む)


【課題】 コスト高の原因となる冷凍粉砕を行う必要のない樹脂微粉末を用いて、導電性、燃料ガス不透過性、耐熱性、耐酸性、耐加水分解性、機械的強度などの諸特性に優れる燃料電池用セパレータ、特に固体高分子型燃料電池用セパレータを提供する。
【解決手段】 金属製基材の両側に、導電性カーボン粉末とポリフェニレンエーテル樹脂微粉末とを含有する組成物を成形してなるカーボン層を有する燃料電池用セパレータであって、該ポリフェニレンエーテル樹脂微粉末の重量平均粒径が30μm以下で、かつ該導電性カーボン粉末の重量平均粒径以下である燃料電池用セパレータ。 (もっと読む)


【課題】導電性に優れ、成形品部位、あるいは成形条件による導電性のばらつきが少なく、且つ高温多湿条件下に放置した後もソリの少ない成形品を得ることの出来る熱可塑性樹脂組成物、及びその成形品を提供する。
【解決手段】ゴム質重合体(a)とこれと共重合可能な一種または二種以上の単量体(b1)をグラフト共重合して得られるグラフト共重合体(A)、及び一種または二種以上の単量体(b2)を共重合して得られる共重合体(B1)、及び酸無水物単量体と一種または二種以上の単量体(b3)を共重合して得られる共重合体(B2)からなるゴム強化熱可塑性樹脂(C)80〜93重量%、及びポリアミドエラストマー(D)7〜20重量%を混練して得られる樹脂組成物100重量部に対して、炭素繊維(E)5〜15重量部を含有してなることを特徴とする導電性熱可塑性樹脂組成物。 (もっと読む)


2,421 - 2,430 / 2,513