説明

国立大学法人豊橋技術科学大学により出願された特許

261 - 270 / 391


【課題】安価で軽量、無毒なp型の熱電材料を提供する。
【解決手段】p型の熱電材料は、熱電材料を構成する元素のいずれもが、地球上に存在する割合の多い元素であり、資源的に豊富な材料から製造できるため安価に得ることができる、CaMgSiを含む。p型熱電材料の製造方法としては、Mg及びCaSiの混合物にメカニカルアロイング処理を施した後、放電プラズマ焼結することにより製造される。Mg及びCaSiは粉末状態のものを初期材料とするのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】電子写真の現像材、印刷用インク、塗料等の構成材料としての用途が見込まれる高分子の集合体よりなるモノマー共重合体、その微粒子及びその微粒子の製造を提供する。
【解決手段】超臨界二酸化炭素ないしは亜臨界二酸化炭素中に、フッ素含有モノマーとアルキル基含有モノマーからなる共重合体を投入することにより、該共重合体のアルキル基セグメントがファンデルワールス力により凝集し、図2に示す原理により高分子集合体よりなる球状微粒子が得られることを見出した。 (もっと読む)


【課題】ダスト付着やたわみの発生、又は保持壁面での沿面放電の発生を防止すると共に、比較的少量の低温プラズマやオゾンを均一に発生可能な気体励起装置及び気体励起方法を提供する。
【解決手段】気体励起装置は、交流電源と接続する少なくとも一対の電極を備え、一方がハウジング内の所定位置に張力を利用して配置される懸架電極11であり、もう一方がハウジング内の保持壁面に端部を埋め込まれて所定位置に配置される埋込電極61であり、埋込電極の電極部61Xが全体として線状又は平面状の放電部を有し、埋込電極の電極部と対向する懸架電極の電極部が、埋込電極の電極部との距離が周期的に近接する放電部を有し、各一対の懸架電極と埋込電極とが少なくとも1層の絶縁体層61Yを介してそれらの外表面を相互に接触させて配置されている。気体励起方法は、懸架電極と埋込電極の電極対を用いる。 (もっと読む)


【課題】細胞が放出した化学物質の二次元的濃度分布を測定するための光学的方法及びその装置を提供すること。
【解決手段】エバネッセント光を発生しうる界面領域に酵素を固定しておき、前記酵素の作用下で、前記化学物質と蛍光元物質とを前記酵素の作用下で反応させさせることにより蛍光物質を生成させ、前記エバネッセント光によって励起された前記蛍光物質由来の蛍光を検出することにより、前記細胞が放出した当該化学物質の二次元的濃度分布を測定する光学装置。 (もっと読む)


【課題】基材の表面に固相状態の金属粉末を圧力気体により高速で吹き付け、前記基材の表面に金属粉末の皮膜を高能率に形成する皮膜形成方法を提供すること。
【解決手段】基材および圧力気体のどちらか一方または双方の温度を373K乃至前記金属粉末の融点に加熱した状態にし、前記金属粉末を0.2MPa以上の圧力気体により基材の表面に衝突させて皮膜を形成する。 (もっと読む)


【課題】細孔径が4〜10nmであり、平均粒径が3〜13μmの球状多孔質シリカ及びその製造方法、ならびにそれを用いたカラム充填剤を提供する。
【解決手段】 平均粒径が3〜50μmである球状多孔質シリカであって、下記(A)〜(C)の特徴を有する球状多孔質シリカ。
(A)細孔径が4〜10nm、(B)細孔容積が0.60ml/g以上、(C)シリカ粒子の球状換算として、走査型電子顕微鏡観察による短軸(D)と長軸(D)との長さの比(D/D)で表される真球度が0.95以上。 (もっと読む)


【課題】ハロゲン化合物からハロゲンを回収し、無害化処理するために高純度のハロゲン化合物を提供し、耐久性があり、効率良く処理する方法及び装置を提供する。
【解決手段】ハロゲン化合物を燃焼分解し、その燃焼ガスを溶解させた水溶液と塩化カルシウムを含む水溶液とを反応させ、難溶性カルシウム化合物として沈殿させるハロゲン化合物の処理方法である。難溶性カルシウム化合物の沈殿は、一方の反応槽にはハロゲン化合物が反応するに必要な化学当量よりも少ない量の塩化カルシウムの水溶液を導入して反応させ、他方の反応槽にはハロゲン化合物が反応するに必要な化学当量よりも多い量の塩化カルシウムの水溶液を導入して反応させ処理する、又はスタティックミキサーの内部で燃焼ガスを溶解させた水溶液と塩化カルシウムを含む水溶液とハロゲン化合物の処理方法及び装置である。 (もっと読む)


【課題】ホモ結晶を含まない、ステレオコンプレックス結晶のみを結晶種とする、ステレオコンプレックス化ポリ乳酸材料の作製方法を提供する。
【解決手段】電界紡糸法を利用し、電圧を上昇させながら、PLLAとPDLAのブレンド溶液あるいは融液をコレクターに飛ばすことにより、良好にステレオコンプレックス化されたポリ乳酸材料を作製することができる。これにより、230℃の融点を持つ耐熱性の高く、強度、安定性に優れた生分解性高分子材料の実用化ができる。 (もっと読む)


【課題】機械的物性と耐熱性に優れたポリイミド/ポリシロキサン2元系高分子組成物を提供する。
【解決手段】ポリイミド前駆体にポリシロキサン前駆体を混合し、該混合体のゾル−ゲル反応とイミド化を行なうことにより、ポリイミド分子鎖とポリジメチルシロキサン分子鎖が共有結合でつながらないでお互いに絡み合った新規な高分子組成物を合成することで上記目的を達成した。 (もっと読む)


【課題】リアルタイムで計測ができない例えばBODなどの水質パラメータを効果的にシミュレーションすることができる水処理施設における流入水水質の統計的予測方法及びその装置の提供を目的とする。
【解決手段】被測定水を一定期間モニタリングすることにより複数種の測定データを収集して(ステップS1)、これら測定データの中からリアルタイムで検出できない第1の測定データとリアルタイムで検出可能な第2の測定データとの相関関係を分析し(ステップS2及び3)、その分析結果から、第1の測定データに対して最大の相関関係を有する第2の測定データの1つ又は複数を最適パラメータとして選択した後(ステップS4)、この最適パラメータと第1の測定データとの相関関係に基づき、被測定水における第1の測定データを予測する回帰モデルを設定し、この回帰モデルに基づき第1の測定データの予測値をリアルタイムで演算する(ステップS5〜11)。 (もっと読む)


261 - 270 / 391