説明

国立大学法人 香川大学により出願された特許

31 - 40 / 285


【課題】広視野分光イメージングを行う場合であっても高精度に分光特性を測定することができる分光特性測定装置及びその校正方法を提供する。
【解決手段】測定モードでは被測定物の各輝点から発せられた光を分割光学系を通して第1及び第2反射部に入射させ、そこで反射された光を結像光学系によって干渉像を形成する。第1反射部を移動させることにより分割光学系から第1及び第2反射部を経て結像光学系に向かう第1及び第2反射光の間の相対的な光路長差を伸縮させ、そのときの干渉像の光強度変化に基づき被測定物の各輝点のインターフェログラムを求める。校正モードでは、輝点から出射される所定波長λの光を分割光学系に入射させることにより、該輝点に対応する複数の干渉像を形成させ、そのときの光強度変化に基づき該光強度変化の1周期に対応する第1反射部の移動量を求め、輝点の波長λ、第1反射部の移動量、前記干渉像の画角θから前記第1反射部の設置角を求める。 (もっと読む)


【課題】若年者を含む年齢を精度良く推定することができる個人属性推定装置、個人属性推定方法及び個人属性推定システムを提供することを課題とする。
【解決手段】撮像部11が撮像した画像から、顔検出部21が対象者の顔画像を検出し、鼻領域切り出し部22が顔画像から鼻を含む所定領域の画像を切り出す。共起ヒストグラム算出部23は、所定領域の画像における輝度の分布を共起ヒストグラムによって評価し、テンプレート照合部24が年齢層別に作成されたテンプレートと照合する。スコア算出部25がテンプレートとの照合結果から、最も一致度合いの高い年齢層を対象者の年齢層と推定する。 (もっと読む)


【課題】特定周波数帯の圧力を検出することが可能な圧力検知素子を提供する。
【解決手段】圧力検知素子1は、貫通孔11から気体を導入して基板表面に形成された流路12に導き、流路12を介して圧力を検出する圧力センサ部30まで気体を導くものである。この圧力検知素子1の圧力センサ部30は、気体の圧力に応じて変位するダイアフラム13と、当該ダイアフラム13の変位により一対の電極31間の距離が増減する空間部21と、電極31間の距離の増減に応じた信号を出力するセンサ部31とを有している。また、流路12の長さl及び流路径dとにより、検出対象となる周波数域が設定されている。 (もっと読む)


【課題】特定周波数帯の圧力を検出することが可能な圧力検知装置を提供する。
【解決手段】圧力検知装置1は、流体の圧力に応じて変位するダイアフラム11aを有し、当該ダイアフラム11aの変位に基づいて信号を出力する圧力センサ10と、圧力センサ10の周囲を覆って空間部25を形成するパッケージ20と、を備え、パッケージ20は、ダイアフラム11aの下部に流体を導入する導入孔23aと、導入孔23aよりも小径とされダイアフラム11aの上部に流体を導入する小孔23bとが形成されている。 (もっと読む)


【課題】シリコン微粒子本来の機能を損なうことなく、粒子サイズレベルで均一な厚みを有し、安価に製造可能で不純物原子濃度の制御が容易なp型またはn型シリコン微粒子層、それらを有するダイオードおよび光電変換素子ならびにそれらの安価かつ簡便な製造方法を提供する。
【解決手段】不純物原子濃度の異なる2種類以上のシリコン微粒子が、不純物原子の平均濃度が1010〜1020cm−3となるように均一に混合され、膜状構造を形成していることを特徴とする半導体微粒子膜、反応性の官能基を含む膜化合物を、上記のシリコン微粒子混合物と接触させ、シリコン微粒子の表面官能基との間で結合を形成させ、反応性シリコン微粒子混合物を製造後、反応性の官能基の反応により化学結合を形成させ、シリコン微粒子同士を結合固定させることを特徴とする半導体微粒子膜の製造方法。 (もっと読む)


【課題】シリコン微粒子本来の機能を損なうことなく、粒子サイズレベルで均一な厚みを有し、安価に製造可能で不純物原子濃度の制御が容易なp型またはn型シリコン微粒子層、およびそれらを有するダイオードおよび光電変換素子ならびにそれらの安価かつ簡便な製造方法を提供する。
【解決手段】不純物原子濃度の異なる2種類以上のシリコン微粒子が、不純物原子の平均濃度が1010〜1020cm−3となるように均一に混合され、積層膜状構造を形成していることを特徴とする半導体微粒子膜、反応性の官能基を膜化合物を、上記のシリコン微粒子混合物と接触させ、シリコン微粒子の表面官能基との間で結合を形成させ、反応性シリコン微粒子混合物を製造後、反応性の官能基の反応により化学結合を形成させ、シリコン微粒子同士を結合固定させることを特徴とする半導体微粒子膜の製造方法。 (もっと読む)


【課題】果菜類に水分ストレス調節作用を付与する新規組成物の提供。
【解決手段】希少糖を有効成分とすることを特徴とする果菜類の水分ストレス調節組成物およびこれを用いた果菜類の栽培方法。
【効果】果実の糖度を上昇させ、果実重量を増加させることができる。また、高濃度培養液や塩類添加の培養液の施用と併用することにより、過度な水分ストレスを緩和し、果実の収量アップや尻腐れなどの果実の生理障害を低減することができ生産性の向上が達成できる。 (もっと読む)


【課題】エネルギー効率に優れ、ナノ粒子を低コストで製造可能なナノ粒子の製造方法およびその製造方法に好適なナノ粒子製造装置を提供する。
【解決手段】例えば、電磁波を透過する材料からなる中空状の反応器(11)と、その内部に原料ガスを供給する原料供給手段(15)と、反応器(11)中の原料ガスに高周波交番磁界を印加する高周波誘導コイル(12)とを備えた装置(10)を用い、反応器(11)内に導入した原料ガスに高周波交番磁界を印加またはマイクロ波を照射し、原料ガスを分解および/または反応させてナノ粒子を製造する。 (もっと読む)


【課題】簡便な方法で天然皮革に匹敵する色調、光沢、風合い、および耐久性を有する再生皮革を製造可能な再生皮革の製造方法およびそれにより製造される再生皮革を提供する。
【解決手段】皮革微粒子14と、皮革微粒子14表面の官能基と熱で反応して化学結合を形成する複数の結合基を有する架橋剤11とを含む混合物を加圧下で加熱し、皮革微粒子14表面の官能基と結合基との反応により化学結合を形成させる工程を含む、複数の皮革微粒子14が、架橋剤分子11の両端の結合基と皮革微粒子表面の官能基との反応により形成された共有結合を介して互いに結合し、所定の形状に成形硬化されている再生皮革10を製造する方法。 (もっと読む)


【課題】エネルギー効率に優れ、ナノ粒子を低コストで製造可能なナノ粒子の製造方法およびその製造方法に好適なナノ粒子製造装置を提供する。
【解決手段】ナノ粒子の原料となる原料ガスおよび非反応性のプラズマ生成ガスの混合ガスをプラズマ生成手段(11)に供給しプラズマジェットを生成する工程と、冷却可能な壁面を備え、圧力調整可能な密封可能なチャンバー(14)の内部を非反応性雰囲気あるいは酸素ガスを含む雰囲気で満たし、プラズマジェットを噴出させ、急冷することによりナノ粒子を生成させる工程とを有することを特徴とするナノ粒子の製造方法。 (もっと読む)


31 - 40 / 285