説明

シエシー ファルマセウティチィ ソシエタ ペル アチオニにより出願された特許

1 - 10 / 24



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

本発明は、COPDおよび他の呼吸器疾患を患う患者に投与するための、臭化グリコピロニウムを含む安定なエアロゾル溶液製剤に関する。 (もっと読む)


本発明は、臭化グリコピロニウムをホルモテロールと組み合わせて含む、加圧型定量投与吸入器(pMDI)によりCOPD患者に投与するのに適したエアロゾル製剤に関する。製剤は、さらに、HFA推進剤、共溶媒、および、臭化グリコピロニウムおよびホルモテロール成分の両方を安定化させるのに充分な所定量の無機酸を含む。任意に、製剤は、さらに、ジプロピオン酸ベクロメタゾンを含む。 (もっと読む)


本発明は、抗生物質およびステアリン酸マグネシウムからなる微粒子を含む吸入用粉末製剤に関する。本発明はまた、前記微粒子を調製する方法、およびある種の肺疾患に関連する細菌感染症の治療における前記微粒子の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、グルココルチコステロイド系の新規の抗炎症性および抗アレルギー性化合物、そのような化合物を調製する方法、それらを含む医薬品組成物、それらの組合せおよび治療的使用に関する。より具体的には、本発明は、イソオキサゾリジンの誘導体であるグルココルチコステロイドに関する。 (もっと読む)


本発明は、式(IA)で示される化合物を調製する方法に関する。

(もっと読む)


本発明は、脂質担体、天然サーファクタントタンパク質SP−Cのポリペプチド類似体と天然サーファクタントタンパク質SP−Bの特定のポリペプチド類似体との組合せを含む、再構築肺サーファクタントに関する。本発明はまた、この再構築肺サーファクタントの医薬製剤、ならびにRDSおよび他の呼吸器障害を治療または予防するためのこの再構築肺サーファクタントの使用にも関する。 (もっと読む)


本発明は、気管支肺異形成(BPD)を予防するために、コルチコステロイドと併用する改変された天然の界面活性物質の使用に関連し、前記使用は肺の酸化ストレスマーカーを低下させる。 (もっと読む)


本発明は、ホスホジエステラーゼ4(PDE4)酵素の阻害剤に関する。より詳細には、本発明は、(I)において、nは0または1であり;R1およびR2は同じであっても異なっていてもよく、かつ− 直鎖または分枝鎖C〜Cアルキル;− OR3{ここで、R3は、1個もしくは複数のC〜Cシクロアルキル基で場合により置換されているC〜Cアルキルである};および− HNSOR4{ここで、R4は、1個もしくは複数のハロゲン原子またはC〜C基で場合により置換されているC〜Cアルキルである}からなる群から選択され、ここで、R1およびR2の少なくとも一方はHNSOR4である、−フェニル−2−ピリジニルアルキルアルコールの誘導体である化合物、そのような化合物を調製する方法、それらを含む組成物、それらの組合せおよび治療的使用に関する。他の変数は、請求項で定義されている通りである。
(もっと読む)


本発明は、ムスカリン受容体拮抗薬として作用するアルカロイドアミノエステル誘導体、そうした誘導体の調製方法、それらを含む組成物、およびその治療的使用に関する。 (もっと読む)


1 - 10 / 24