説明

KBセーレン株式会社により出願された特許

91 - 97 / 97


【課題】表面抵抗測定法においても良好な導電性能が得られ、かつ制電性能と耐久性にも優れた繊維製品を提供する。
【解決手段】カーボンブラックを含有する熱可塑性重合体からなる導電性熱可塑性成分が繊維表面の50%以上を被覆する複合構造を有し、かつ破断伸度80%以上、100℃熱水中での収縮率が20%以下となるよう2000m/分以上の紡糸速度で高配向溶融紡糸することを特徴とする高配向未延伸導電性複合繊維の製造方法。
【効果】この発明により、制電性能と耐久性に優れた繊維製品の提供が可能となり、欧米で中心となっている表面抵抗測定にも適応可能である。 (もっと読む)


【課題】急激な温度変化を抑え快適に過ごせ、洗濯によっても効果を維持し実用に適する温度調節機能を有する肌着を提供すること。
【解決手段】相転移物質の融点が20〜50℃の、(1)アクリル酸の長鎖アルキル炭化水素エステルの重合体、(2)メタクリル酸の長鎖アルキル炭化水素エステルの重合体、(3)ビニルエステル系重合体、(4)ビニルエーテル系重合体、および(5)長鎖アルキル化エチレンの重合体のうちいづれか1つ以上からなる組成物(以下、「温調成分」と記す)が0.2〜40wt%、および熱可塑性重合体が60〜99.8wt%で、示差走査熱量測定法(DSC)による融解熱量が1J/g以上凝固熱量が0.2J/g以上である樹脂組成物からなる芯部が、鞘部で包み込まれた芯鞘構造で、融解熱量が0.2J/g以上、凝固熱量が0.1J/g以上である複合繊維を布帛全体の融解熱量を0.2J/g以上の布帛で構成された肌着。 (もっと読む)


【課題】急激な温度変化を抑え快適に過ごせ、洗濯によっても効果を維持し実用に適する優れた温度調節機能を有するレッグ製品を提供する。
【解決手段】相転移物質の融点が20℃〜50℃の、(1)アクリル酸の長鎖アルキル炭化水素エステルの重合体、(2)メタクリル酸の長鎖アルキル炭化水素エステルの重合体、(3)ビニルエステル系重合体、(4)ビニルエーテル系重合体、および(5)長鎖アルキル化エチレンの重合体のうちいづれか1つ以上からなる組成物が0.2〜40wt%、および熱可塑性重合体が60〜99.8wt%で、示差走査熱量測定法(DSC)による融解熱量が1J/g以上であることを特徴とする樹脂組成物からなる芯部が、繊維形成性重合体からなる鞘部で包み込まれた芯鞘構造で、DSCによる融解熱量が0.5J/g以上、凝固熱量が0.1J/g以上、凝固熱量が0.2J/g以上である複合繊維を一部に使用されたレッグ製品。 (もっと読む)


【課題】ポリアルキレングリコール類をポリオール成分の一部として用いてアルカリ溶出可能なポリエステルを製造する際の泡立ち現象が抑制され安定したポリエステル化反応が可能なポリアルキレングリコールを提供する。
【解決手段】 5,000以上の数平均分子量を有するポリアルキレングリコール(A)および(A)よりも3,000以上高い数平均分子量を有するポリアルキレングリコール(B)からなるポリアルキレングリコール混合物を必須として含むポリオール成分が、共重合ポリエステルの製造に用いられる。 (もっと読む)


【課題】帯電ブラシによる接触帯電方法にて、2本の帯電ブラシを設けることなく、1本のみで、電子写真装置の感光体・転写体等の被帯電体を均一に帯電する接触帯電ブラシを可能にする導電糸を提供すること。
【解決手段】導電性粒子を含有した繊維形成性ポリマーよりなる導電層を該導電層より溶解速度が速い糸断面で連続して存在している繊維形成性ポリマーよりなる非導電層にて、複数個に分割されており、該導電性粒子を含有した導電層の構成単位が0.04dtex〜1.5dtexである導電性複合繊維。 (もっと読む)


【課題】 乾燥下でも帯電を抑え、容易に塵や埃を除去することができる。
【解決手段】導電性合成繊維が非導電繊維の間に配列されている織編物からなり、前記織編物の表面電気抵抗が1.0×1011Ω/□以下、開口率が30〜80%のフィルタ。導電性合成繊維の繊維径は10〜50μmであることが好ましい。 (もっと読む)


本願発明は、融点が30℃〜50℃の、アクリル酸もしくはその誘導体のエステル、あるいはメタクリル酸もしくはその誘導体のエステルとワックス(以下「温調成分」と記す)との重合体0.2wt%〜40wt%、および熱可塑性重合体60wt%〜99.8wt%で、示差走査熱量測定法(DSC)による融解熱量が1J/g〜90J/gである樹脂組成物からなる芯部が、繊維形成性重合体からなる鞘部で包み込まれた芯鞘構造で、DSCによる温調成分の融解熱量が0.5J/g〜60J/g、凝固熱量が0.1J/g〜20J/gである複合繊維を用いて布帛である。これにより、繊維の強度、柔らかさ、軽量性、透湿性、加工のしやすさ、洗濯耐久性など製品の扱いやすさを保持しながらも、実用に適する優れた温度調節機能を有した布帛が得られる。 (もっと読む)


91 - 97 / 97