説明

KBセーレン株式会社により出願された特許

1 - 10 / 97




【課題】 歯間や歯と歯茎の間などの清掃において、清掃効果の優れた口腔内清掃用綿棒を得る。
【解決手段】 軸体と、軸体のすくなくとも一端に綿体を有した綿棒であって、綿体は、二種以上の繊維形成性ポリマーからなる単糸繊度が3dtex以下の複合繊維を応力で割繊せしめた割繊糸(A)と単糸繊度が1〜5dtexの熱融着繊維(B)とから先端に向かってテーパー形状に構成され、吸水率が50〜200%、200g荷重下での湿潤変形率が20%以下である口腔内清掃用綿棒である。なかでも、熱融着繊維(B)は、割繊糸(A)を構成する繊維形成性ポリマーの融点または軟化点より、少なくとも30℃以上より低いポリマーから構成され、熱融着繊維(B)は、熱処理により融解して割繊糸(A)と融着しているものが好ましい。 (もっと読む)









1 - 10 / 97