説明

ジーイー・ヘルスケア・リミテッドにより出願された特許

21 - 30 / 99


本発明は過分極13C−物質を含む造影媒体を用いた炎症又は感染の13C−MR造影、13C−MR分光法及び/又は13C−MR分光造影の方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、PBRと高い親和性で結合し、投与後に脳に良好に取り込まれ、PBRとの良好な選択的結合を有するインドール系インビボ造影剤を提供する。本発明はまた、本発明のインビボ造影剤の合成において有用な前駆体化合物、並びに前記前駆体化合物の使用を含む前記インビボ造影剤の合成方法、及び前記方法を実施するためのキットを含む。また、インビボ造影剤の自動合成のためのカセットを提供する。本発明のさらなる態様は、本発明のインビボ造影剤を含む放射性医薬組成物、及び前記インビボ造影剤の使用方法を含む。 (もっと読む)


本発明は、インビボイメージングに適した新規な放射性標識アリールオキシアニリン誘導体を提供する。既知のアリールオキシアニリン誘導体系インビボ造影剤に比べて、本発明のインビボ造影剤はインビボイメージングのための良好な性質を有する。本発明のインビボ造影剤は、被験体への投与後における良好な脳内取込み及びインビボ動力学と共に、末梢ベンゾジアゼピンレセプター(PBR)に対する良好な結合性を示す。 (もっと読む)


本発明は、先行技術の方法に比べて有利な放射性ヨウ素化化合物の合成方法を提供する。間接放射性ヨウ素化のため、第一アミンの代わりにヒドラジン又はアミノキシを使用することははるかに迅速な反応を容易にし、したがって反応時間の短縮及び収率の増加をもたらす。加えて、ペプチド又はリシン残基のN末端のように、放射性ヨウ素化すべき分子中に第一アミンが存在する場合には、ヒドラジン又はアミノキシの位置における反応が大いに有利となる。 (もっと読む)


本発明は、骨髄イメージングにおけるペプチド系化合物の使用に関係する方法及び材料に関する。さらに詳しくは、本発明は、血管新生に関連するレセプター、特にインテグリンレセプター(例えば、αvβ3インテグリンレセプター)と結合するターゲティングベクターとしての99mTc−ペプチド系化合物の使用に関する。このように、かかる造影剤は、溶血性貧血、骨髄増殖性疾患又は骨髄線維症の診断、生検部位の選定及び骨格転移の早期検出、並びに大腿骨頭の虚血壊死の検出のために使用できる。 (もっと読む)


本発明は、保護基−アミノオキシPEGリンカーを得るための合成法において中間体を得るための新規で一層効率的な合成法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、パーキンソン病(PD)の早期診断を容易にするインビボイメージング法を提供する。神経保護治療は健常な神経細胞への適用により、衰弱性臨床症状の発現を遅らせるか又は更には阻止することができるので、早期診断は特に有利である。 (もっと読む)


本発明は18F放射化学に関し、特に放射性フッ素化アミド及びアミンを合成するための方法に関する。本発明の方法は、各種の18F標識陽電子放出断層撮影(PET)トレーサーの放射合成において特に有用である。 (もっと読む)


本発明は、インビボイメージング及び放射線治療法、並びに酵素アルデヒドデヒドロゲナーゼ(ALDH)を標的とし、腫瘍のインビボイメージング及び癌の治療に適した薬剤に関する。 (もっと読む)


本発明は、インビボイメージング、特に末梢ベンゾジアゼピンレセプター(PBR)のインビボイメージングに関する。高い親和性をもってPBRに結合し、投与後には脳内への良好な取込みを示し、高いレベルのPBRを発現する組織と優先的に結合する四環式インドール型インビボイメージング剤が提供される。本発明はまた、本発明のインビボイメージング剤の合成において有用な前駆体化合物、並びに前記前駆体化合物の使用を含む前記インビボイメージング剤の合成方法及び前記方法を実施するためのキットも提供する。インビボイメージング剤の自動化合成のためのカセットも提供される。加えて本発明は、本発明のインビボイメージング剤を含む放射性医薬組成物並びに前記インビボイメージング剤の使用方法も提供する。 (もっと読む)


21 - 30 / 99