説明

ジーイー・ヘルスケア・リミテッドにより出願された特許

41 - 50 / 99


本発明の様々な実施形態は、画像解析のためのシステム100及び方法200に関する。詳細には、本発明の様々な実施形態は、原画像フレーム502、504、506、508、510のシーケンスに対応するデータを含む画像データセットから低強度フィーチャを抽出する、システム100及び方法200に関する。そのような一方法200は、原画像フレームに対応する画像データセットから複数の主成分PC1、PC2、PC3、PC4、PC5、PC6を決定し202、複数の主成分PC1、PC2、PC3、PC4、PC5、PC6に主成分分析(PCA)フィルタを適用して、複数の主成分PC1、PC2、PC3、PC4、PC5、PC6から1つ以上の主成分PC1を破棄することによって、フィルタ処理データセットを決定し204、フィルタ処理データセットを変換して、低強度フィーチャが強調されたフィルタ処理複数の画像フレーム402、404、406、408、410を作り出す206ことを含んでなる。 (もっと読む)


本発明は、被検体において線維形成の識別を容易にするのに有用な方法に関する。本発明の方法は、肝臓の線維形成を診断するための方法の一部として応用する場合に特に有用である。本発明は、被検体において線維形成を識別するための方法に使用するための化合物も用意する。本発明の別の態様は、被検体において線維形成を識別するための方法に使用するための医薬品の調製に使用するための化合物である。 (もっと読む)


本発明は、テトロフォスミン及び放射線防護剤を特定のモル比範囲で含んでなる99mTc−テトロフォスミン放射性医薬組成物を提供する。本発明の放射性医薬組成物を調製するためのキット及び多用量キット、並びに放射性医薬組成物の複数回分の単位患者用量の調製方法及び放射性医薬組成物の単位用量も提供される。 (もっと読む)


本発明は、式(V)又は(VI)のコンジュゲート、放射性医薬品としてのその使用、その製造方法、及びかかる方法で使用する合成中間体に関する。 (もっと読む)


本発明は、過分極13C−ピルビン酸塩を含むイメージング媒体を用いる13C−MR検出によるPDH活性の測定方法及び前記方法で使用するためのイメージング媒体に関する。 (もっと読む)


【課題】DNP分極装置用の溶解装置のノズルを提供すること。
【解決手段】DNP分極装置のための溶解装置に関する溶解デバイスの一部であるような1つのフィーチャ(すなわち、ノズル)である。このノズルは、固体の分極試料に対するより効率の高い溶解を提供し、これにより迅速かつ完全な溶解を可能にしている。 (もっと読む)


本発明は、過分極13C−酢酸塩を含むイメージング媒体を用いる13C−MR検出方法及び過分極13C−酢酸塩を含むイメージング媒体に関する。 (もっと読む)


本発明は、放射性医薬品に関し、特に、式Iの化合物と、賦形剤としてポリソルベートとを含む放射性医薬組成物に関する。本発明の放射性医薬組成物は、同種類の化合物を含む従来技術の組成物で遭遇される問題を軽減する。又、本発明により提供されるのは、本発明の放射性医薬組成物の調製方法並びに本放射性医薬組成物の特定の用途である。
【化1】
(もっと読む)


本発明は、インビボでの光学イメージングのために適した標識cMet結合ペプチドに関する。かかるペプチドは、赤色乃至近赤外領域でのイメージングに適したベンゾピリリウム色素で標識されている。また、医薬品組成物及びキット、並びに特に結腸直腸癌(CRC)の検出、ステージング、診断、疾患進行のモニタリング又は治療のモニタリングで使用するためのインビボイメージング方法も開示される。 (もっと読む)


本発明は、ベンゾピリリウム色素とペプチドのような生物学的標的化部分とのコンジュゲートを含んでなる、インビボ光学イメージングのために適したイメージング剤に関する。また、医薬品組成物及びキット並びにインビボイメージング方法も開示される。 (もっと読む)


41 - 50 / 99