説明

ジーイー・ヘルスケア・リミテッドにより出願された特許

61 - 70 / 99


【課題】滅菌放射活性シード、およびシードを滅菌するための乾熱法、ならびに当該方法で滅菌されたシードを用いた製品を提供すること。
【解決手段】上記課題は、1個以上の放射活性シードを滅菌条件下で含み、該シードが、放射活性シードを、少なくとも140℃の温度で滅菌を達成するのに十分な時間乾熱に付し、その後放射活性シードを冷却することを含む、1個以上の放射活性シードの滅菌法で滅菌されている、製品により解決する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、放射性同位体で標識した造影剤組成物の製造方法を提供する。
【解決手段】この方法では、可溶性ポリマーに結合させた前駆体を使用することによって、放射性標識反応を溶液中で実施する。本発明では、放射性医薬品組成物、自動化した放射性標識方法、及び自動化した放射性標識方法で使用する使い捨てカセットについても記載する。 (もっと読む)


本発明は、線維症の非侵襲的な可視化に適した新規な造影剤を提供する。本発明では、造影剤の製造方法、並びに、この方法で使用する前駆体も提供する。本発明は、この造影剤を含む医薬組成物、並びにこの医薬組成物の製造に用いるキットも提供する。さらに別の態様では、インビボイメージングを行う際の造影剤の使用及びマンノース−6−リン酸塩受容体が上方制御される病態を診断するための薬剤を造影するにあたっての造影剤の使用も提供する。 (もっと読む)


本発明は、線維症を非侵襲的に可視化できる新規な造影剤を提供する。本発明では、造影剤の製造方法、並びにこの方法で使用する前駆体も提供し、この造影剤を含む医薬組成物並びにこの医薬を製造するためのキットも提供する。さらなる態様では、インビボイメージングを行うためのこの造影剤の使用、並びにLOXが上方制御される病態を診断する薬剤の製造における造影剤の使用も提供する。 (もっと読む)


本発明は、99mTc放射性医薬品組成物を製造するための自動化方法を、該方法で使用するための使い捨てカセットと共に提供する。99mTc放射性医薬品の製造における自動合成装置の使用も記載される。また、本発明の方法及び使い捨てカセット中における99mTc放射性医薬品製造用キットの使用も記載される。 (もっと読む)


本発明は、123I−標識放射性医薬品組成物を製造するための自動化方法を、該方法で使用するための使い捨てカセットと共に提供する。123I−標識放射性医薬品の製造における自動合成装置の使用も記載される。また、123I−標識放射性医薬品の製造における本発明のカセットの使用も記載される。 (もっと読む)


本発明は、以下の式(I)の化合物の製造方法であって、(i)以下の式(II)の対応化合物をフッ化物(好適には[18F]フッ化物)と反応させることをを含んでなる方法に関する。式(II)の特定新規前駆体及びかかる前駆体を含む放射性医薬品キットも権利請求される。
【化1】


(式中、RはC1−6アルキル、C2−6アルケニル及びC2−6アルキニルから選択される。)
【化2】


(式中、Rは水素、C1−10アルキル、C1−10ハロアルキル、C6−14アリール、C6−14アリールアルキル及び−(CHCHO)−CH(式中、qは1〜10の整数である。)から選択され、Rは式(I)の化合物に関して定義した通りであり、Rは脱離基である。) (もっと読む)


本発明は、非共有結合した放射性同位体を有する放射性標識ナノ粒子に関する。かかる放射性標識ナノ粒子は放射性医薬品として有用である。放射性標識ナノ粒子の製造のためのキット及び方法も開示される。 (もっと読む)


本発明は、ゲンチシン酸又はその生体適合性陽イオンとの塩を含む安定剤を有する安定化123I標識放射性医薬品組成物に関するものである。安定化放射ヨウ素組成物の製造方法、並びに123I標識放射性医薬品を安定させるにあたっての、特定の放射能濃度範囲のゲンチシン酸の使用についても記載してある。 (もっと読む)


【課題】 初期放射化学的純度(RCP)の再現性が向上し、しかも再構成後の安定性が向上した放射性金属錯体の提供。
【解決手段】 本発明は、(i)コンジュゲートにキレート化したテクネチウム又はレニウムの放射性同位体の金属錯体であって、上記コンジュゲートがトロパンに結合した四座キレート剤を含み、上記四座キレート剤が上記テクネチウム又はレニウムの放射性同位体と中性金属錯体を形成している金属錯体と(ii)1種以上の放射線防護剤とを含む安定化組成物に関する。安定な金属錯体組成物を含む放射性医薬品並びにその調製用キットについても開示する。 (もっと読む)


61 - 70 / 99