説明

新日鉄住金エンジニアリング株式会社により出願された特許

31 - 40 / 897


【課題】波浪等の海象の影響を小さく抑えて、防波堤、岸壁、護岸等の海洋構造物を効率的に構築することを可能にする海洋構造物の施工方法及び海洋構造物を提供する。
【解決手段】少なくとも側壁版で囲まれた内部空間を備えて上下に積層配置される上段型枠4と下段型枠1を製作する型枠製作工程と、下端20aを海底S1に着底させて立設した複数の支持柱20に、海面S2よりも上方に配した状態で上段型枠4と下段型枠1を昇降可能に支持させる型枠支持工程と、下段型枠1を海底S1に降下させ、下段型枠1の内部空間H1にコンクリート2を打設して下部構造を形成する下部構造形成工程と、上段型枠4を降下させて下部構造の上に積層配置するとともに、上段型枠4の内部空間H2にコンクリートを打設して、下部構造と一体化した上部構造を形成する上部構造形成工程とを備える。 (もっと読む)


【課題】鋼帯の表面にガスを吹き付けて該表面に付着しためっき用の溶融金属の付着量を調整するガスワイピングノズルを備えたガスワイピング装置に関し、鋼帯の幅方向端部におけるオーバーコートやスプラッシュの抑止効果に優れたガスワイピング装置を提供すること。
【解決手段】ガスワイピングノズル1において鋼帯Kの幅方向に延設して中空からガスを吹出すスリット1a’と、中空にガスを導入するガス導入口1eを備え、このスリット1a’にはその左右の領域を閉塞するとともにスライド自在な左右の閉塞部材2,2が配設され、これら閉塞部材2,2の間にガス吹出口1aが形成されており、中空において、左右の閉塞部材2,2のそれぞれのガス吹出口側端部2a,2aから隔壁1dへ延設する左右の整流片1c、1cが配設され、該左右の整流片1c、1cの間でガス流路GRが形成されており、ガス吹出口1aの幅とガス流路GRの幅が同じであるガスワイピング装置10である。 (もっと読む)


【課題】高い燃焼安定性を備えた管状火炎バーナ及びこれを搭載したラジアントチューブ式加熱装置を提供する。
【解決手段】管状の燃焼室11の外周に燃料ガスaと酸素含有ガスbを別々に供給する第1、第2のスリット状ノズル12、13が隣接して設けられ、第1、第2のスリット状ノズル12、13は、燃焼室11の長さ方向同一位置に設けられ、かつ、第1のスリット状ノズル12は燃焼室11の内周面の接線方向を向いて設けられ、第2のスリット状ノズル13は前記接線方向と平行になるように設けられている管状火炎バーナ10及びこれを用いたラジアントチューブ式加熱装置20、41、42、43である。 (もっと読む)


【課題】熱を有する粉体がフレキシブルパイプを通過しても、該フレキシブルパイプの膨張又は収縮が発生せず、計量ホッパでの粉体計量を正確に行うことができる粉体供給用計量装置を提供する。
【解決手段】内部の粉体とともに全体重量を計量する計量器12を有する計量ホッパ3を具備し、計量ホッパ3の上部に、途中にフレキシブルパイプ16を有する粉体供給用の接続管路5が接続された粉体供給用計量装置であって、接続管路5及びこの接続管路の途中のフレキシブルパイプ16には、接続管路5及びフレキシブルパイプを一定の温度に保持するための調温手段50が設けられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】要求点ベクトルごとに最適な近傍データベクトルの数が自動的に決定され、予測精度の安定化が図られるプロセスの状態予測方法を提供する。
【解決手段】プロセスの操業状態を示す観測データから構成される入力ベクトル及び出力ベクトルが対となって蓄積されたデータベースを作成し、予測したい時点における出力ベクトルに対応する入力ベクトルからなる要求点ベクトルに類似する近傍データベクトルをデータベースから取得し、近傍データベクトルから局所モデルを構築して、予測したい時点における出力ベクトルを求めるプロセスの状態予測方法において、近傍データベクトルが格納された近傍データセットを近傍データ数を変えて複数作成し、複数の近傍データセットについて主成分分析を実施して各近傍データセットごとに前記要求点ベクトルに対するQ統計量を算出して、Q統計量が最小となる近傍データセットを選択して局所モデルを構築する。 (もっと読む)


【課題】充填材の施工工程が簡略化できるとともに良好な冷却性能が得られる高炉炉底の構築方法を提供すること。
【解決手段】基礎5上に複数の主梁材111を配列して空間部20Uを形成し、主梁材111に底板14を張って空間部20Uの上面を閉鎖し、空間部20U内にキャスタブル17を充填する際に、外部からキャスタブル17を空間部20Uの一端側に注入する注入口21と、注入口21から空間部20Uの他端側へと配列された複数の充填確認用開口99とを形成しておき、注入口21に近い充填確認用開口99からキャスタブル17の流出を順次確認しつつ注入口21にキャスタブル17を注入し、空間部20Uの他端側の排出口からキャスタブルの流出が確認された後にキャスタブル17の注入を停止し、注入口21、排出口および充填確認用開口99を完全に封止する、 (もっと読む)


【課題】二酸化炭素回収装置にて回収する二酸化炭素ガスの量を低減できる石炭ガス化システムを提供する。
【解決手段】石炭をガス化させる石炭ガス化システム1であって、部分酸化部21および熱分解部22を有する石炭ガス化反応炉13と、石炭ガス化反応炉で発生した二酸化炭素ガスを含み、一酸化炭素ガスや水素ガスを主成分とする生成ガスを、二酸化炭素ガスの濃度が低い希薄ガスと希薄ガスに比べて二酸化炭素ガスの濃度が高い濃厚ガスとに分離する二酸化炭素回収装置18と、二酸化炭素回収装置に接続され希薄ガスを搬送する希薄ガス流路25と、二酸化炭素回収装置に接続され濃厚ガスを搬送する濃厚ガス流路26と、希薄ガス流路に接続され、希薄ガスを搬送ガスとして石炭を気流搬送し部分酸化部に供給する第一の搬送装置11と、濃厚ガス流路に接続され、濃厚ガスを搬送ガスとして石炭を気流搬送し熱分解部に供給する第二の搬送装置12とを備える。 (もっと読む)


【課題】乾式消火コークスに近い性状のコークスを、安価に製造できる乾燥コークス製造方法および乾燥コークス製造装置を提供すること。
【解決手段】湿式消火後のコークスを、当該コークスの顕熱によって当該コークスが含む水分を気化させることが可能な400℃以下の温度で、容器5の上部から供給し、容器5の内部に前記コークスを堆積させて充填層53を形成しつつ前記縦型容器の下部から外部へ切り出すと共に、容器5の下部から上部に向かって空気を送入して充填層53の前記コークス間を通過させ、このコークス間を通過させた空気を容器5の外部へ排出することを特徴とする乾燥コークス製造方法。 (もっと読む)


【課題】燃焼効率を向上させることのできる熱風炉用セラミックバーナを提供すること。
【解決手段】筒状の本体91を有し、この本体91内部に複数の隔壁92で仕切られた燃焼空気通路95、及び燃料ガス通路96を備える熱風炉用のセラミックバーナ9であって、燃焼空気通路95、及び燃料ガス通路96は、交互に形成され、燃焼空気通路95、及び燃料ガス通路96より上方に、前記本体の垂直方向の軸周りで旋回する旋回気流を生じさせる旋回手段100が設けられていることを特徴とするセラミックバーナ9。 (もっと読む)


【課題】バルジングを防止するとともに、鋳片支持ロールの安定回転動作を維持可能であり、メンテナンスが簡単で、連続鋳造設備の稼動率を維持できる連続鋳造設備のガイドロールセグメントを提供する。
【解決手段】
連続鋳造設備の鋳型から引出される鋳片Cを支持する連続鋳造設備のガイドロールセグメント106であって、セグメント本体10と、このセグメント本体10に着脱可能なユニット4と、を備え、ユニット4は、ユニットフレーム41と、このユニットフレーム41に着脱可能に設けられるとともに、鋳片Cの幅方向に回転軸51を有する複数の鋳片支持ロール5と、鋳片支持ロール5を転動するバックアップロール6と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


31 - 40 / 897