説明

株式会社ワコールにより出願された特許

1 - 10 / 116


【課題】着用者に圧迫感及び締付感を与えることなく、バストの造形性を高めることが可能なパッドを提供する。
【解決手段】本発明の一実施形態のパッド25は、バストを覆うためのカップ部12を有する衣類1における当該カップ部12に装着されるパッドにおいて、バストの造形性を補助するための造形補助部20を有する。この造形補助部20は、バストに対して湾曲状の面を有するプレート状をなし、造形補助部20の湾曲状の面の曲率は、当該造形補助部を配置していない状態のカップ部12の曲率よりも大きく、造形補助部20は、弾性を有する。 (もっと読む)


【課題】 ずれ上がりを防ぎ、かつ、ヒップアップ効果を有するボトム衣類を提供する。
【解決手段】 本発明のボトム衣類は、ボトム本体部101と、少なくとも臀溝部を含む領域を覆う補整部材102とを含み、ボトム本体部101は、臀部を覆う後部分101Bと、後部分101Bに向かい合う前部分101Aとで構成され、補整部材102は、両端部L1およびL2、上辺、ならびに下辺を有する布部材であって、前記布部材は、後部分101Bの表側に配置され、両端部L1およびL2は、それぞれ、ボトム本体部101の両側部に固定されており、前記下辺の中央部T1は、ボトム本体部101の前部分101A側に固定されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】立位から着座状態への姿勢変化の際に、陰茎、陰嚢を左右方向の中央に保持し、陰茎または陰嚢がずれてしまうことを抑制可能な男性用下半身衣類を提供する。
【解決手段】陰茎及び陰嚢を覆う当て布50を備える構成とし、当て布50の上端部と、本体身頃13の中央部14の上端部とを接合し、当て布50の左右方向の両端部52と、本体身頃13の中央部14とを接合し、当て布50の下端部と、本体身頃13の中央部14とを接合する。これにより、本体身頃13に対する当て布50の相対的な移動を許容して、陰茎および陰嚢を保持する。 (もっと読む)


【課題】楽な着用感及び見栄えを損なうことなく、姿勢を補整することが可能な姿勢補整機能を有する衣類を提供する。
【解決手段】本発明の一実施形態に係る姿勢補整機能を有する衣類1は、バストを覆うためのカップ部12を有し、少なくともバストを覆う本体部10と、本体部10の背部裏側に設けられ、着用状態において、第7〜第9胸椎のうちの少なくとも何れかに相当する部分に当接する突出部20とを備える。 (もっと読む)


【課題】第1の身生地部と第2の身生地部とを連続的に形成して、製造工程の簡略化を図りつつ着用感の低下の抑制を図ると共に、通気性の向上が図られた下着を提供する。
【解決手段】着用時に肌にフィットするように形成された下着において、端始末不要な編み組織からなり、第1の身生地部16と、第1の身生地部16より薄い第2の身生地部17とが交互に配置された本体編地14を備える構成とする。第2の身生地部17は、着用時に第1の身生地部16よりも相対的にフィットしないように、第1の身生地部16よりも肌側の厚みが薄くなるように形成する。 (もっと読む)


【課題】 着崩れを起こすことなく、ウエスト部への食い込みを防ぐことの可能な、ウエスト構造を提供する。
【解決手段】 衣類のウエスト構造であって、着用時のウエストラインLを含む胴周囲を覆う帯状の本体101と、本体101に取り付けられる当て布102とを有し、本体101は、腹部側に配置される前部分101Aと、前部分101Aに対向して設けられる後部分101Bとで構成され、当て布102は、両側辺P1、P2、上辺P3および下辺P4を有しており、当て布102が、ウエストラインLを含む領域において、本体101の両側部S1、S2から後側の範囲に配置され、当て布の上辺P3が、本体の両側部S1、S2から後側に向かって、上から下に傾斜する形状に形成され、当て布102の両側辺P1、P2は、本体101に固定されており、かつ、当て布102の上下辺P3、P4のうち少なくとも上辺P3は、本体101に固定されていないことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】前かがみの状態から起き上がる際に、着用者の滑らかな動きを促し、着用者に作用する負荷を分散させることが可能な上半身衣類を提供する。
【解決手段】上半身衣類1では、本体生地2より緊締力が強い複数の緊締部7として、一対の第1の帯状部7を脊柱の後ろ中心を挟んで配置する。一対の帯状部7は、脊柱起立筋に沿うように背面側に配置され、第7胸椎に相当する位置から第12胸椎に相当する位置まで延在している。そのため、着用者が前かがみになったとき、一旦伸長した帯状部7が長手方向に収縮して本体生地2が収縮し、これに連動して、着用者に対して、背中を起こすように後ろ向きの力を作用させる。これにより、着用者の背中の筋肉の働きをサポートしながら、背中を起こすような力をかけることができる。 (もっと読む)


【課題】 バストが膨らみ始める前でも身体にフィットするとともに、バストを保護し、かつ、バストの成長に追随できる、胸部サポート衣類を提供する。
【解決手段】 本発明の胸部サポート衣類は、胸部サポート衣類であって、前身頃101および後身頃103を含み、前身頃101は、平面状のクッション材101Bを含み、クッション材101Bには、バストトップを中心に、バストトップを囲むように複数のスリット104が設けられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】着地時の安定性を向上させてスムーズな歩行を可能にすると共に静止立位の状態において立位安定性を向上させることが可能なヒール部材、およびこれを備えた履物を提供する。
【解決手段】ヒール部材10は、履物1の踵部9の靴底部3に固定される固定面12から、地面30に接する接地面16に向かって先細りする形状に成形されており、接地面16の後側部分には、静置状態において地面30に接する前側部分17に対して傾いた傾斜部18が形成されている。傾斜部18は、固定面12の前後方向中心位置12aにおける垂線PLよりも前側の位置に形成されている。 (もっと読む)


【課題】楽な着用感を損なうことなく、バストに対するカップ部の上辺部の浮きを抑制することが可能なカップ部を有する衣類を提供する。
【解決手段】本発明の一実施形態に係るカップ部を有する衣類1は、バストを覆うためのカップ部12と、カップ部12の下辺部脇側12Lsを横に引く力を生じさせ、カップ部を安定させるバック部16とを有する衣類において、バストの造形性を補助するための第1の造形補助部であって、カップ部12の下辺部脇側12Lsから、バストトップTとカップ部12の下辺との間を通り、前記カップ部の前中心側に向けて延在する帯状の当該第1の造形補助部20と、バストの造形性を補助するための第2の造形補助部であって、カップ部12の上辺部に沿って下辺部前中心側端部12Lctから下辺部脇側端部12Lstまで延在する帯状の当該第2の造形補助部30とを備える。 (もっと読む)


1 - 10 / 116