説明

フリュー株式会社により出願された特許

91 - 100 / 210


【課題】表示体を前方に突出させて表示する突出位置から嵩張らないように変位調整することが可能な表示体支持構造を提供することを課題とする。
【解決手段】第1POP板20側より突出して表示される第2POP板30を支持するPOP板装置10であって、前記第1POP板20の前方に前記第2POP板30が突出した突出位置T1と、前記第1POP板20に前記第2POP板30の裏面側が近接された重畳位置T2との間で該第2POP板30を移動可能にシート折曲体40で接続し、前記第2POP板30を前記重畳位置T2から突出位置T1へと突出させたとき、その第2POP板30の突出姿勢を維持する折返しシート42を備えて構成することができる。 (もっと読む)


【課題】より簡単な作業で、希望する編集結果を得られるようにすることができる。
【解決手段】スタンプ画像選択部214には、スタンプ画像が表示されたボタンが並んで表示され、そのボタンをタッチペン82で操作することができる。タッチペン82でスタンプ画像選択部214のボタンが操作されると、このスタンプ画像がいま選択されていることを示す選択枠214Aが表示される。また、いま選択されているスタンプ画像が表示されているスタンプ画像選択部214のボタンへの操作は反転操作とされ、その操作前のスタンプ画像が左右反転される。本発明は、利用者の画像をシール紙に印刷して提供する写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】写真シール作成装置で作成された撮影画像を提供するサーバにおいて、撮影画像を容易に管理することができ、かつ、顧客の満足度を向上させることができるようにする。
【解決手段】顧客は、写真シール作成装置3でテーマを設定して撮影する。サーバ2は、写真シール作成装置3で作成された撮影画像を受信して記憶する。サーバ2は、顧客の携帯型電話機5からの要求に応じて、顧客によって指定されたテーマを有する複数の撮影画像を組み合わせた組み合わせ画像を生成し、携帯型電話機5に送信して、表示させる。本発明は、例えば、写真シール作成装置と通信するサーバに適用できる。 (もっと読む)


【課題】回転率を向上させるようにする。
【解決手段】ユーザは、撮影用モニタ14に表示される画面を確認しながら、撮影装置31を駆動し、自らの画像を撮影する。撮影が終了したとき、編集入力用モニタ18の前方へ移動することを促す画面が撮影用モニタ14に表示されるため、ユーザはそれに従って移動する。撮影待ちをしていた他のユーザは、撮影を終えたユーザが編集用モニタの前に移動するのに併せて、撮影用モニタ14の前方の空間に入場し、撮影を開始する。 (もっと読む)


【課題】娯楽性を向上させることにより利用者の満足度を向上させ、収益性を向上させることができるようにする。
【解決手段】パターン選択部は、ステップS27において、利用者に組み合わせパターンを選択させる。組み合わせ画像選択部は、ステップS28において、利用者に組み合わせ画像を選択させる。組み合わせプリ作成部は、ステップS29において、その利用者選択された複数の組み合わせ画像を用いて1つの編集画像を作成する。組み合わせプリ落書き編集部は、ステップS30において、組み合わせプリに対する落書き編集に関する処理を行う。編集入力画面制御部は、ステップS31において、組み合わせプリのサムネイル画像を表示させる。本発明は、例えば、ゲームセンター等に設置される写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】回転率を向上させるようにする。
【解決手段】ユーザは、撮影用モニタ14に表示される画面を確認しながら、撮影装置31を駆動し、自らの画像を撮影する。撮影が終了したとき、編集入力用モニタ18の前方へ移動することを促す画面が撮影用モニタ14に表示されるため、ユーザはそれに従って移動する。撮影待ちをしていた他のユーザは、撮影を終えたユーザが編集用モニタの前に移動するのに併せて、撮影用モニタ14の前方の空間に入場し、撮影を開始する。 (もっと読む)


【課題】回転率を向上させるようにする。
【解決手段】ユーザは、撮影用モニタ14に表示される画面を確認しながら、撮影装置31を駆動し、自らの画像を撮影する。撮影が終了したとき、編集入力用モニタ18の前方へ移動することを促す画面が撮影用モニタ14に表示されるため、ユーザはそれに従って移動する。撮影待ちをしていた他のユーザは、撮影を終えたユーザが編集用モニタの前に移動するのに併せて、撮影用モニタ14の前方の空間に入場し、撮影を開始する。 (もっと読む)


【課題】操作性や娯楽性を向上させることにより利用者の満足度を向上させ、収益性を向上させることができるようにする。
【解決手段】グループ用落書き編集入力画面701には、互いに異なるタッチペンに対応する2つの落書き入力領域(第1落書き入力領域721および第2落書き入力領域722)を有しており、利用者は、少なくとも2つの画像を同時に落書き編集することができる。また、第1落書き入力領域721および第2落書き入力領域722は、それぞれ、任意の複数のキープ画像を並べて表示し、同時に落書き入力することができる。さらに、一方の領域のみ、複数の画像を表示することもできるし、両方の領域が、複数の画像を表示することもできる。本発明は、例えば、ゲームセンター等に設置される写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】短時間でより充実した編集を施した画像を、より多く得ることができ、利用者の満足度を向上させることができるようにする。
【解決手段】編集時間管理部211により、例えば、編集可能時間が残り1分になったと判定された場合、ジャンプキー表示制御部212に、その旨が通知される。ジャンプキー表示制御部212は、通知を受けた場合、編集入力用のGUIの一部として、「一発落書きジャンプキー」を編集用モニタ141に表示する。パレット表示制御部213は、「一発落書きジャンプキー」を押下する操作を検知した場合、より短時間に行うことが可能となる編集ツールである「一発落書き用コンテンツパレット」を編集用モニタ141に表示する。 (もっと読む)


【課題】利用者の満足度をより向上させる。
【解決手段】写真シール作成装置は、第1編集部および第2編集部と、第1編集部および第2編集部それぞれに対する編集の結果得られる画像をシール紙に印刷して写真シールを排出口に排出するプリンタと、排出口の上方に配置され、排出口外側の所定範囲内の領域を照明する照明装置とを備える。そして、プリンタによる印刷が終了する前の所定時刻になったときに照明装置を点灯し、例えば、第1編集部に対して編集された画像が印刷された写真シールが排出口から排出されて照明装置が点灯しているときに、第2編集部に対して編集された画像のプリンタによる印刷処理が開始された場合、照明装置を消灯する照明処理が行われる。本発明は、例えば、ゲームセンタなどに設置される写真シール作成装置に適用できる。 (もっと読む)


91 - 100 / 210