説明

フリュー株式会社により出願された特許

181 - 190 / 210


【課題】娯楽性を向上させることにより利用者の満足度を向上させ、収益性を向上させることができるようにする。
【解決手段】事前撮影された撮影画像である事前撮影画像に対する簡易的な編集作業を行う事前編集処理部173は、事前編集により分けられた事前撮影画像の各領域の画像を前景または背景として設定して保存するか否か等、事前撮影画像の保存に関するモードを利用者に選択させる保存モード選択部181、事前表示部44に表示されるGUIの表示や、その表示に対する入出力を受け付けるGUI制御部182、事前撮影画像の領域の分割に関する処理を行う領域設定部183、および、データ保存に関する処理を行う保存処理部184を有する。本発明は、例えば、ゲームセンター等に設置される写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】娯楽性を向上させることにより利用者の満足度を向上させ、収益性を向上させることができるようにする。
【解決手段】事前接客ユニット11は、写真シール作成ゲームにおける撮影や編集等の工程の前に、写真シール作成ゲームの代金の投入を受け付けたり、合成用の画像の撮り込み(事前撮影)を行ったり、その撮り込まれた事前撮影画像の編集(事前編集)などを行ったりするユニットである。事前接客ユニット11は、上部ユニット11Aと下部ユニット11Bよりなり、その両ユニットの間において、撮り込み(事前撮影)を行い、上部ユニット11Aに設けられたタッチペン45や事前表示部44により利用者に編集を行わせる。本発明は、例えば、ゲームセンター等に設置される写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】利用者が画像の編集を迅速に開始することができるようにする。
【解決手段】撮影作業用モニタ23は、撮影作業が複数回行われることにより得られた複数の画像を表示し、記憶部52は、それらの複数の画像の中から、複数の利用者の指定に応じて、利用者ごとの所定の枚数のキープ画像を記憶する。そのキープ画像を、編集作業で編集の対象となる編集対象画像として表示する編集用モニタ31は、編集作業の開始時に、利用者ごとの所定の枚数のキープ画像のうちの、それぞれの利用者により1番目に指定されたキープ画像を、それぞれの利用者に対して、編集対象画像として表示する。本発明は、例えば、ゲームセンタ等に設置される写真シール作成装置に適用できる。 (もっと読む)


【課題】送信すべき画像ファイルが過去に送信されていることをユーザに確実に知得させる。
【解決手段】Webサーバ13は、携帯電話端末11からの指示によりHTMLメールを作成して送信する。このとき、Webサーバ13の重複送信確認部24は、送信すべきHTMLメールに含まれる画像ファイルの送信履歴を、送信履歴管理サーバ14に照会し、照会の結果、画像ファイルが過去に送信されている場合、その旨を携帯電話端末11に通知する。重複送信確認部24は、通知に対する送信指示を受信すると、HTMLメールを、SMTPサーバ15を介して送信先に送信すると共に、送信履歴管理サーバ14に送信する。送信履歴管理サーバ14の送信履歴管理部26は、受信したHTMLメールに含まれる画像ファイルに基づいて、送信履歴DB25を更新する。 (もっと読む)


【課題】ユーザが撮影画像に合成する合成画像を選択する際に、所望の合成画像を選択することが容易である写真撮影画像合成装置を実現する。
【解決手段】被写体を撮影した撮影画像とユーザが選択した合成用画像とを合成して出力する写真撮影画像合成装置1であって、撮影画像と合成する編集用画像を決定するために選択候補を出力する編集用画像表示部31aと、ユーザに出力した編集用画像からいずれかを決定させる操作受付部31bと、ユーザが決定した編集用画像に関する選択履歴を記録する履歴管理部17と、選択候補を出力する際に、選択履歴に基づいて選択候補に関する参照情報を選択候補に付加して出力する第2画像編集部とを備えるので、既に選択された選択候補が分かりやすく提示でき、ユーザは今までの選択結果を容易に認識でき、次の合成画像の選択を容易にすることが可能な写真撮影画像合成装置を実現できる。 (もっと読む)


【課題】操作性や娯楽性を向上させることにより、利用者の満足度の向上させるとともに、収益性を向上させることができるようにする。
【解決手段】編集履歴アイテム記憶部72は、編集対象画像の編集に用いられる画像である編集用画像であって、編集作業において利用者によって編集に用いられた編集用画像を記憶し、編集用モニタ31は、記憶されている編集用画像から、編集対象画像の編集に用いる編集用画像を利用者に選択させる選択画像を表示し、編集部55は、選択画像によって選択された編集用画像を用いて、利用者からの指示に応じて編集対象画像を編集する。本発明は、例えば、ゲームセンター等に設置される写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】より迅速に移動できるようにするとともに、より狭い設置空間に設置できるようにする。
【解決手段】利用者は、入り口としての開口部120から撮影空間291に入場し、撮影空間291において撮影作業を行う。撮影作業が終了すると、利用者は、編集空間292への入り口としての開口部293を通って編集空間292に入場する。利用者は、プリンタが内蔵された筐体171を椅子として利用し、編集ユニット169を用いて編集作業を行う。そして、利用者は、筐体171に設けられたシール紙排出口から排出されたシール紙を受け取って、編集空間292から退出する。本発明は、例えば、ゲームセンター等に設置される写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】編集処理が許可される時間が限られている場合が多い写真撮影プリント装置において、動画表示される画像の編集処理を短時間で行うことを可能とする写真撮影プリント装置を提供する。
【解決手段】画像編集部12は、ユーザによって選択された編集用画像データによる画像を、合成画像情報による合成画像上の指定位置に貼り付ける編集指示を操作受付部31bから操作入力として受け付けた場合に、該編集用画像データに含まれる複数のレイヤのデータを、合成画像情報の編集レイヤデータに含まれる複数の編集レイヤにおけるそれぞれの該当位置に配置する処理を行う。 (もっと読む)


【課題】ユーザによって指定された種類の通信端末にて合成画像が表示される状態をユーザに提示でき、さらにユーザによって指定された種類の通信端末以外の種類の通信端末に転送した場合にはその通信端末に適した状態で合成画像を提示できる写真撮影プリント装置を提供する。
【解決手段】撮影画像に装飾画像を合成した合成画像を形成する写真撮影プリント装置1は、上記装飾画像に対して施された処理であるオプション処理の種類を判別するオプション判別部16と、判別されたオプション処理の種類のうち、ユーザによって指定された種類の通信端末にて実行可能な種類のオプション処理を施した状態で上記合成画像をユーザに提示する提示制御部17と、判別されたオプション処理の種類に関するオプション情報を、上記合成画像に対応付けて管理サーバシステム200に送信する通信処理部と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】動画表示が可能な画像データを含む合成画像を編集する場合に、的確な消去処理をユーザに行わせることを可能とする画像編集装置を提供する。
【解決手段】画像編集部12は、合成画像情報を静止画として表示している状態で、上記合成画像情報に含まれる特定の画像データに対して、該画像データの画像における特定の領域の画素情報を消去する消去処理を開始する指示を操作受付部31bから操作入力として受け付けた場合に、上記合成画像情報に含まれる、表示・非表示が切り替えられる画像データを全て表示させた場合の画像領域全体を表示する制御、または、所定の時間間隔で表示・非表示を切り替える制御を編集画像表示部31aに対して行う。 (もっと読む)


181 - 190 / 210