説明

フリュー株式会社により出願された特許

61 - 70 / 210


【課題】合成用画像の選択に係る利用者の満足度をより高めることができるようにする。
【解決手段】合成用画像パレット381は、小さい矩形に分割されており、この例では、20の矩形に分割され、この20の矩形のそれぞれが、選択すべき合成用画像の候補とされる。利用者がタッチペン18により、合成用画像パレット381内の矩形のいずれかを選択することにより、合成用画像を選択し、選択された合成用画像は、選択合成用画像表示領域382に順次表示されていく。合成用画像パレット381に表示された合成用画像の中で既に選択されて選択合成用画像表示領域382に表示された合成用画像には選択済であることを表すマークが表示される。 (もっと読む)


【課題】写真シール作成装置で撮影して得られた撮影画像に基づいて生成した画像を携帯端末に送信する場合において、携帯端末に送信するための画像を、より効率的に、かつより高い自由度で生成することができるようにする。
【解決手段】利用者の携帯端末に画像を送信する機能である携帯送信の機能が選択され、携帯送信用の画像の作成を行うことが選択された場合、撮影によって得られた撮影画像をシール紙に印刷する処理と並行して、携帯送信用の画像の作成が編集空間において行われる。携帯送信用の画像としてブログ画像を作成することが選択された場合、撮影画像のうちの好みの1枚を用いて、または複数枚を用いて、好みのレイアウトの画像を作成することが可能とされる。本発明は、写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】立体的な仕上がりの画像を得る。
【解決手段】境界領域設定部236は、撮影画像において、被写体の領域である被写体領域と、被写体領域以外の領域との境界を含む境界領域を設定し、合成画像ぼかし処理部231は、撮影画像に対してぼかし処理を施し、ぼかし撮影画像を得、色調整部232は、ぼかし撮影画像の色を調整し、色調整ぼかし撮影画像を得、抽出部237は、色調整ぼかし撮影画像から、境界領域に対応する部分の画像を抽出し、合成部238は、抽出された抽出画像と、撮影画像とを合成する。本発明は、例えば、写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】出来上がった写真シールに対するユーザの満足度を高めるべく、有意義な事前接客を行うことができるようにする。
【解決手段】携帯送信設定処理部221は、例えば、写真シール作成ゲームにおいて落書き編集等の編集処理が施された画像を、利用者の携帯電話機に送信するための設定などを受け付ける。被写体撮影設定処理部222は、カメラ51による被写体の撮影の際の光学的な設定、または、ソフトウェアによる画像処理などに係る設定などを受け付ける。合成用画像設定処理部223は、撮影された被写体の画像に合成する合成用画像の設定などを受け付ける。コンテンツ表示制御部224は、例えば、事前接客空間31で行うべき処理が終了した後、撮影空間32をまだ別の利用者が使用している場合に、ミニゲーム、景品の広告、写真シール作成ゲームの流れや遊び方等を案内するコンテンツの表示を制御する。 (もっと読む)


【課題】撮影画像に複数の人が写っている場合において、それぞれの人の顔の形を好適に補正することができるようにする。
【解決手段】それぞれの顔が重なり条件に合致するか否かを判定し、重なり条件に合致する画像については、顔の輪郭を変形する画像処理の対象とせず、重なり条件に合致しない画像については画像処理の対象とした上で、再度、重なり条件に合致し、かつ画像処理の対象としていない画像を選択して、反復的に、重なり条件に合致するか否かを判定することを繰り返す。重なり条件は、選択している顔に設定された最大輪郭ラインが、他の顔の輪郭ラインと交わるか否かの条件である。本発明は、写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】ユーザが撮影画像に合成する合成画像を選択する際に、所望の合成画像を選択することが容易である写真撮影画像合成装置を実現する。
【解決手段】写真撮影画像合成装置1は、複数の合成用画像を、ユーザが選択するための複数の選択候補として表示する撮影画像表示部24と、表示した選択候補の中からいずれかをユーザに選択させる操作部26と、ユーザが選択した選択候補に関する選択履歴を記録する履歴管理部17とを備えており、撮影および合成は、複数のコースに分かれており、撮影画像表示部24は、複数の合成用画像のうち、ユーザが選択したコースにて利用される合成用画像を、複数のコースで共通する選択履歴に基づいて、選択候補として表示する。 (もっと読む)


【課題】コンテンツの配信サービスの付加価値をより高めることができるようにする。
【解決手段】ステップS172において、ステップS171で取得された被写体動画像において利用者の顔の位置が認識され、被写体動画像における認識された利用者の顔の範囲が、対象枠として設定される。ここでは、ライブビュー画面に対象枠は表示されない。ステップS175において、表示制御部は、ステップS172の処理で設定された対象枠の所定の点の座標を特定して、特定された座標と、目標枠の座標とを比較する。ステップS176において、表示制御部215は、被写体がベストポジションに位置するか否かを判定し、位置しないと判定された場合、ステップS177に進み、ベストポジションへの移動の案内が行われる。被写体がベストポジションに位置していると判定された場合、ステップS178において、表示制御部は、ライブビュー画面にベスポジ枠を表示させる。 (もっと読む)


【課題】ゲーム装置に、現時点でアクセスしていないユーザのキャラクタとも会話を可能にする。
【解決手段】本発明のゲームサーバ2は、仮想空間において複数のユーザのキャラクタ同士で会話を行う会話ゲームを提供し、キャラクタが有する語彙の登録を受け付け、該キャラクタと対応付けてゲーム記憶部7に記憶させる語彙登録部12と、ユーザと対応付けられたキャラクタの会話の相手となる相手キャラクタの選択を受け付ける会話処理部13と、会話処理部13が相手キャラクタの選択を受け付けると、ゲーム記憶部7に記憶されている、ユーザのキャラクタおよび相手キャラクタそれぞれと対応付けられている語彙を読み出し、読み出した各キャラクタの語彙に基づいて、ユーザのキャラクタと相手キャラクタとの会話を進行する会話進行部33と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】事後接客として提供される複数の機能の中から所定の機能を選択する場合において、希望する機能をユーザがより確実に選択することができるようにする。
【解決手段】撮影画像の印刷中、事後接客処理が行われ、撮影画像を携帯電話機に送信する携帯送信の機能などの所定の機能がユーザに提供される。複数用意されている機能のうちのいずれの機能を利用するのかは、編集処理の開始時に表示される選択画面を用いて選択される。選択画面が表示された後、いずれの機能も選択されずに制限時間が経過した場合、デフォルトの機能が選択された状態で編集が開始される。編集処理が終了し、事後接客処理の開始直後に、選択内容を確認するための確認画面が表示され、ユーザは、その確認画面において、利用する機能を選択することができる。本発明は、写真シール作成装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】ゲーム上の仮想世界にユーザが没頭でき、かつユーザに新たな楽しみを提供できるビデオゲーム装置を提供する。
【解決手段】ゲーム装置は、ビデオゲームを実行するものである。記憶部31は、複数のゲーム画像GGと、ゲーム画像GGに設定された標的を示す画像用的中情報GHとを予め記憶している。ゲーム装置は、表示されているゲーム画像GGの部分領域をユーザが指定することにより、指定された部分領域である抽出画像PGを取得する画像抽出部41と、画像抽出部41が取得した抽出画像PGを記憶部31に書き込む画像書込部43と、抽出画像PGが標的に的中しているかを判定する画像的中判定部42とを備える。ゲーム装置は、記憶部31に記憶された抽出画像PGのうち、画像的中判定部42が的中していると判定した抽出画像PGのリストを作成して表示する。 (もっと読む)


61 - 70 / 210