説明

株式会社 函館セコニックにより出願された特許

1 - 8 / 8


【課題】ELの発光面積を限りなく少なくして消費電力を低く抑えて光らせるべき個所(キートップの表示部分)を的確に光らせることのできる背面EL照明手段を備えたキーボード装置の提供。
【解決手段】EL発光ユニットは、各キートップ部の表面表示部に対応した独立した蛍光体層のアイランド部を備えており、該蛍光体層のアイランド部に夫々対応して、表面には表面透明電極部を備え且つ裏面には誘電体層を介して背面電極部を備えており、表面透明電極部には表面配線を配し、背面電極部には背面配線を配してなり、独立した蛍光体層のアイランド部を各キートップ部の下方に位置させて配置したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】薄型の面発光素子として有効である無機EL(electroluminescence)を発光源とした携帯電話機等の間接照光表示装置の提供。
【解決手段】本発明の携帯電話機等の間接照光表示装置は、複数のスイッチ部をマトリックス状に配置形成した基板と、該基板上に加飾印刷面を基板側に向けて配置したキーシートと、該キーシートの上面に発光面を基板側に向けて配置しかつマトリックス状に配置形成したスイッチ部の位置に対応して透光開口部を形成した発光シートと、該発光シートの上面に夫々の透光開口部に対応してキー開口部を夫々形成した天板とを設けることにより、発光シートの発光面からの発光がキーシートを透過して一旦基板側に向かい、キーシートの加飾印刷面によって反射されて再度キーシートを透過し、天板に形成された各キー開口部からの間接光として照光される。 (もっと読む)


【課題】一つの纏まった表示単位部を二つ以上の複数の発光部分と一つ以上の非発光部分とから構成し、当該表示単位部による表示形態を複数種類から選択的に切り換え得るようにする。
【解決手段】一つの纏まった表示単位部の複数の発光部分に対応して略同一形状の第二の電極層を形成し、該第二の電極層の上には絶縁層を形成し、該絶縁層の上には無機EL発光層の点滅を制御するために第二の電極層の各々に給電するための配線が形成されており、第二の電極層の各々に対して各セグメント単位で点滅を制御する。 (もっと読む)


【課題】本発明が解決しようとする課題は、シート状のシンプルで薄く、且つ安価で高付加価値の各種電気製品のタッチパネルスイッチシートを提供するものである。
【解決手段】本発明のタッチパネルスイッチシートは、基材下面に操作スイッチの文字・数字等の加飾印刷を行った基材フィルムの下面にタッチパネルを配置し、その下面に絶縁層を介して無機EL発光層を前記文字・数字等の加飾印刷部分に対応してセグメント単位に配置したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】プラスチックフィルムの乾燥時における収縮を防止することができるフィルム固定治具を提供する。
【解決手段】携帯電話等に使用される加熱収縮性のプラスチックフィルム2にスクリーン印刷を行う際に用いるフィルム固定治具1である。薄板状の固定治具本体3と、該固定治具本体3の周縁部又はその近傍において全周又は略全周に亘って設けられたフィルム固定枠4とを備え、プラスチックフィルム2が固定治具本体3上においてフィルム固定枠4により周縁部を固定される。 (もっと読む)


【課題】複数のセグメントを有し、そのセグメント単位に独立して発光する新規な駆動回路を備えたエレクトロルミネッセンスの提供に関する。
【解決手段】本発明のエレクトロルミネッセンスは、複数のセグメント単位で発光する発光素子と、複数のタッチパネルスイッチとを備え、複数のキー構成を備えたキーボードのキーボードマトリックス回路の各交点に一つずつフォト・トライアック等の発光素子点灯回路を設け、当該発光素子点灯回路によって複数の発光素子の内の特定の発光素子セグメントの点滅制御を行うように構成したマイクロコンピュータを備え、さらに複数のタッチパネルスイッチの内のどのスイッチが操作されたかを感知するタッチセンサICを備えている。 (もっと読む)


【課題】ユーザフレンドリーでマニュアルを必要としない簡単で分かり易い操作パネルを備えた電気機器の提供。
【解決手段】本発明の電気機器は、複数のセグメント単位で発光する発光素子を備え、複数のキー構成を備えたキーボードのキーボードマトリックス回路の各交点に一つずつフォト・トライアック等の発光素子点灯回路を設けて、前記複数の発光素子の内の特定の発光素子セグメントの点滅制御を行うように構成したエレクトロルミネッセンス・エレメントを筐体に貼り付けたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】複数のセグメントを有し、そのセグメント単位に独立して発光する新規な駆動回路を備えたエレクトロルミネッセンスの提供に関する。
【解決手段】本発明のエレクトロルミネッセンスは、複数のセグメント単位で発光する発光素子を備え、複数のキー構成を備えたキーボードのキーボードマトリックス回路の各交点に一つずつフォト・トライアック等の発光素子点灯回路を設け、各交点の発光素子点灯回路に発光素子をセグメント単位に接続し、キーボード上の特定のキーが押されたことをキーボードマトリックス回路の入出力を監視しているマイクロコンピュータにより検知する回路構成の線路と複数の発光素子の内の特定の発光素子セグメントの点滅制御を行う回路構成の線路とが同一の線路により達成されている。 (もっと読む)


1 - 8 / 8