説明

三菱重工メカトロシステムズ株式会社により出願された特許

31 - 40 / 57


【課題】従来よりも二酸化窒素吸収剤の長寿命化を図ることができるトンネル内ガス処理設備を提供する。
【解決手段】トンネルの内部と外部とを連絡して当該トンネル内のガス1を外部へ流通させるダクト11と、ダクト11内に配設された電気集塵器12と、ダクト11内の電気集塵器12よりもガス1の流通方向下流側に配設された二酸化窒素吸収剤13と、ダクト11内の電気集塵器12と二酸化窒素吸収剤13との間に配設されて粒径20μm未満の粒子のみを捕集可能な通気性を有する細目フィルタ15と、ダクト11内の細目フィルタ15と電気集塵器12との間に配設されて粒径20μm以上の粒子を捕集可能な通気性を有する粗目フィルタ14とを備えている。 (もっと読む)


【課題】逆洗時に微細粒子を捕集して集塵が再開された際に微細粒子が濾布に付着することを防止することにより、圧損上昇を抑制することができるとともに、保守管理が容易となる集塵装置、該集塵装置の逆洗時の運用方法を提供する。
【解決手段】バグフィルタ101が、ダストチャンバ110内に吊り下げられた濾布111と逆洗ダスト捕集濾布112とを備え、逆洗時に濾布の外側に捕集されたダスト117を払い落とすとともに、払い落とされたダストを逆洗ダスト捕集炉布で捕集する集塵装置100及びその運用方法。及び、バグフィルタが、ダストチャンバ内に吊り下げられた濾布を備え、逆洗時に濾布の外側に捕集されたダストを払い落とすとともに、払い落とされたダストを、同一バグフィルタ内の別の濾布または他のバグフィルタ内の濾布で捕集する集塵装置及びその運用方法。 (もっと読む)


【課題】太陽電池の発電量を精度高く予測する発電量予測装置、発電量予測システム、発電量予測方法、及び発電量予測プログラムを得ることを目的とする。
【解決手段】太陽電池からの電力供給を含む電力系統から供給される電力によって電気機器である負荷を動作させる太陽光発電システム10において、予測発電量計算部40が、太陽電池が設置されている地点における所定時間後の日射量の予測値及び気温の予測値並びに太陽光発電システム10の仕様に基づいて、太陽電池の該所定時間後の発電量の予測値を算出する。さらに、予測発電量計算部40は、算出した予測値を、過去の日射量の実測値及び気温の実測値並びに太陽光発電システム10の仕様に基づいて、該予測値と同様に算出された太陽電池の過去の発電量の計算値と、該計算値に対応する太陽電池の過去の発電量の実測値とに基づいて補正する。 (もっと読む)


【課題】太陽電池の発電量の不足によって電気機器への電力の供給が滞ることや、商用電力系統からの供給電力の増大を防ぐことができるエネルギー管理装置、エネルギー管理方法、及びエネルギー管理プログラムを得ることを目的とする。
【解決手段】エネルギー管理装置24は、太陽電池12が設置されている地点における所定時間後の日射量の予測値及び気温の予測値、並びに太陽光発電システム10の仕様に基づいて、該所定時間後の太陽電池12による発電量を予測し、発電量の予測よりも前に、太陽電池12が設置されている地点における過去の日射量及び気温、並びに太陽光発電システム10の仕様に基づいて、太陽電池12による発電量を計画する。そして、エネルギー管理装置24は、予測発電量と計画発電量との差を算出し、該差に応じて、目標電力を調整する。 (もっと読む)


【課題】長期間に亘り安定運転が可能となる排ガス処理装置及び排ガス処理方法を提供する。
【解決手段】燃焼排ガス中に含まれるSOを除去する排ガス処理装置100であって、湿式脱硫装置114の上流側の煙道130に溶解塩を含む水溶液を噴霧する噴霧手段140と、前記煙道130の壁面の周方向に沿って、前記煙道130の壁面に対して壁面洗浄水を供給し、前記煙道130の前記溶解塩が付着する領域の全面に前記壁面洗浄水の液膜を形成するための壁面洗浄用配管160とを備える排ガス処理装置100。及び、燃焼排ガス中に含まれるSOを除去する排ガス処理方法であって、湿式脱硫装置114の上流側の煙道130に、溶解塩を含む水溶液を噴霧するとともに、前記煙道130の壁面に対して壁面洗浄水が供給され、前記煙道130の前記溶解塩が付着する領域の全面に、前記壁面洗浄水の液膜が形成される排ガス処理方法。 (もっと読む)


【課題】組立又は解体が繰返し容易なカッタヘッドを備え、施工期間及び施工費の削減が図れるトンネル掘削機及びトンネル掘削機の組立・解体方法を提供する。
【解決手段】筒状をなす掘削機本体10の前部に駆動回転可能なカッタヘッド14を備えたトンネル掘削機において、前記カッタヘッド14を3本の分割ラインL1〜L3に沿って、層状に4つのブロックB1〜B4に分割形成した。 (もっと読む)


【課題】切羽近傍の複数箇所の地山情報を取得し、それら複数の地山情報に基づいて地山の安定度を判定可能な探査システム及びこの探査システムを備えたシールド機並びにこのシールド機を用いた掘進工法を提供する。
【解決手段】シールド機1は、切羽7の安定度を探査するための探査システム8を備えている。探査システム8は、シールド機1の上部に設置された上部探査装置9と、シールド機1の内部に設置された前方探査装置10と、カッターヘッド2に設置された切削抵抗検出装置と、上部探査装置9、前方探査装置10及び切削抵抗検出装置により測定された測定結果に基づいて地山Eの安定度を判定するための判定装置12と、各装置の測定結果や判定結果を表示するための表示装置13と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】簡易な仕上げ排煙脱硫装置及びこれを用いた排ガス処理システムを提供する。
【解決手段】燃焼排ガスから予め既存の脱硫装置により硫黄酸化物を除去した後に、残存する硫黄酸化物を極低濃度までさらに除去する仕上げ排煙脱硫装置であって、微量の硫黄酸化物を含む燃焼排ガス(排ガス)11を導入するガス導入部12を有し、導入した燃焼排ガス11中の硫黄酸化物に吸収液13を接触させて脱硫する仕上げ脱硫部14を備えた脱硫装置本体15と、前記仕上げ脱硫装置本体15内の仕上げ脱硫部14の後流側に設けられ、仕上げ脱硫後の燃焼排ガス中の煤塵を除去する湿式電気集塵部16と、前記湿式電気集塵部16の前後のいずれか一方に設けられ、燃焼排ガスを冷却する冷却部17と、除塵及び冷却後の浄化燃焼排ガス(浄化ガス)18を外部へ排出するガス排出部19とを、具備する。 (もっと読む)


【課題】高水圧下の地山に効果的に対応することができる直打ちコンクリート工法を提供する。
【解決手段】高水圧下の地山Gに直打ちコンクリート工法によりトンネルを掘削する際に、水抜き装置60により地山Gの水抜きを行った後に、掘進されたトンネルの内壁面と当該内壁面を所定の間隔を空けて覆う内型枠Sとの間に、前記トンネルの内壁面と内型枠Sとの空間Eを閉塞するリング状の妻型枠46よりコンクリートを打設する。 (もっと読む)


【課題】装置の構造を簡略化すると共に、装置の軽量・コンパクト化を十分に図ることができるセグメント保持装置を提供する。
【解決手段】旋回リング16に昇降自在に設けられたアーム体19に支持されるセグメント保持装置20であって、一半部25aにおいて支持体21内に軸心方向への移動と回転が可能に支持され他半部にセグメントSの吊り金具29に係脱自在な係合部25bが設けられたセグメント保持体25を備えると共に、該セグメント保持体を回転させて当該セグメント保持体に係合した吊り金具29をセグメントSに対し取付け又は取外しするリングギア31及びピニオン34等の機械的な回転機構を外力により回転させるための六角形状の外力伝達ボス36を設けた。 (もっと読む)


31 - 40 / 57