ワイス・エルエルシーにより出願された特許

41 - 50 / 181


【課題】乳癌、特に1種または複数の既知の乳癌治療薬による治療に耐性である癌を治療する方法、および薬物療法に対する患者の反応を予測するための関連する患者選択戦略を提供する。
【解決手段】PIK3CA遺伝子増幅、PIK3CAの変異、およびPTENタンパク質発現の減少の1つまたは複数の存在または不在を患者において検出するステップ、ならびにpan−ErbBチロシンキナーゼ阻害剤を対象に投与することによって、それらの1つまたは複数の存在に関して陽性である患者を治療するステップを含む。 (もっと読む)


【課題】複雑な病原体に由来する多数のタンパク質を発現させることにおいて使用される
革新的なプラスミドDNAの非ウイルスベクターを設計すること。
【解決手段】本発明は、(a)第1のプロモーターおよび第1のポリペプチドをコードす
るヌクレオチド配列を含む第1の転写ユニット、(b)第2のプロモーターおよび第2の
ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列を含む第2の転写ユニットと、(c)第3の
プロモーターおよび第3のポリペプチドをコードするヌクレオチド配列を含む第3の転写
ユニットとを含み、第1のプロモーター、第2のプロモーターおよび第3のプロモーター
のそれぞれが異なる転写ユニットに由来するDNAプラスミドを提供する。 (もっと読む)


【課題】嘔吐および下痢の副作用を軽減または解消する経口投与のためのネラチニブ、および他のキナーゼ阻害剤製剤の提供。
【解決手段】キナーゼ阻害剤の既存の経口製剤に関係する副作用を軽減または解消するように設計されている、ネラチニブなどのキナーゼ阻害剤のコーティングされた球状体を含む経口医薬製剤。 (もっと読む)


【課題】活性成分の表面特性が改質されている、マレイン酸ネラチニブ製剤を提供すること。
【解決手段】本発明は、マレイン酸ネラチニブを含む被覆錠剤製剤、およびそのような被覆錠剤を製造する改善された方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】バゼドキシフェンの溶出安定性が高められている医薬組成物の提供。
【解決手段】バゼドキシフェンと、ビタミンE、ビタミンETPGS、没食子酸プロピル、クエン酸、BHA/BHTなどの抗酸化剤とを含み、アスコルビン酸を実質的に含有しない医薬組成物、ならびにその組成物の製造方法。抗酸化剤を含有する製剤におけるバゼドキシフェンの溶出安定性および/または生物学的利用能を高める方法、ならびにその組成物において、バゼドキシフェンおよびヒドロキシメチルセルロースの少なくとも一方と、アスコルビン酸およびアスコルビン酸の1種または複数の分解生成物の少なくとも1種との相互作用を低減する方法。 (もっと読む)


【課題】使い捨てヒートラップ類に組み込むのに好適である加熱セルの製造方法に関する。
【解決手段】加熱セルは、吸収性ゲル化材料を含む発熱組成物を含み、この際吸収性ゲル化材料は一過性の又は慢性の身体の疼き及び痛みの軽減における改善された熱の適用を提供する。吸収性ゲル化材料は、粒子状発熱組成物内に水を保持できるようにし、その結果水が制御された速度で放出されて鉄粉末の酸化を生じさせ、これによりこの粒子状発熱組成物が、持続温度が改善された長持ちする熱の発生を提供する。 (もっと読む)


【課題】VLA−4関連障害を処置するアシル誘導体を提供すること。
【解決手段】VLA−4を結合する化合物(IaまたはIb)が開示される。これらの化合物の特定のものはまた、白血球接着、特に、VLA−4により媒介される白血球接着を阻害する。このような化合物は、哺乳動物患者(例えば、ヒト)における、喘息、アルツハイマー病、アテローム性動脈硬化、AIDS痴呆、糖尿病、炎症性腸疾患、慢性関節リウマチ、組織移植、腫瘍転移、および心筋虚血のような炎症性疾患を処置する際に有用である。この化合物はまた、多発性硬化症のような炎症性脳疾患の処置のために、投与され得る。 (もっと読む)


本発明は、日焼け止めおよびクモ状エステルが密接に会合している、少なくとも1種類の日焼け止めおよびクモ状エステルを含む味がマスクされた日焼け止め組成物を提供する。その味がマスクされた日焼け止め組成物を作る方法を提供する。その日焼け止め組成物はリップバームの形であってよい。好ましい日焼け止めは有機性日焼け止め、例えばアボベンゾン、ホモサレート、オクチルサレート(octylsalate)、オキシベンゾンおよびオクチノキセートである。そのクモ状エステルは、ポリオキシアルキレン鎖を通してグリセロール、グリコールまたはソルビトール連結基、例えばソルベス−2−ヘキサオレエートにつながった脂肪酸基を含んでいてよい。 (もっと読む)


本発明は、担体タンパク質とコンジュゲートしている黄色ブドウ球菌(S.aureus)血清型5および8莢膜多糖を含む免疫原性コンジュゲートならびにそれらを調製および使用するための方法に関する。本発明の免疫原性コンジュゲートを作製するための方法には、1,1カルボイル ジ1,2,4トリアゾール(CDT)または3(2ピリジルジチオ)プロピオニルヒドラジド(PDPH)のいずれかを伴うコンジュゲーション化学反応を使用する莢膜多糖の担体タンパク質との共有結合コンジュゲーションを伴う。
【図4】

(もっと読む)


【課題】キナーゼ活性を選択的に阻害し、次いで細胞増殖および腫瘍形成を阻害する置換3−シアノキノリン化合物の安定な結晶水溶性形態の提供。
【解決手段】(E)−N−{4−[3−クロロ−4−(2−ピリジニルメトキシ)アニリノ]−3−シアノ−7−エトキシ−6−キノリニル}−4−(ジメチルアミノ)−2−ブテンアミドのマレイン酸塩形態、結晶マレイン酸塩形態を調製する方法、関連する化合物、およびそのマレイン酸塩形態を含有する医薬組成物。このマレイン酸塩は、癌、特に上皮増殖因子受容体ファミリーのキナーゼの影響を受ける癌の治療に有用である。 (もっと読む)


41 - 50 / 181