説明

シクパ ホールディング エスアーにより出願された特許

11 - 20 / 21


本発明は、40℃における粘度が3Pa.s〜15Pa.s、好ましくは5〜10Pa.sであり、ポリマー性の有機バインダー及び磁性顔料粒子を含む彫刻凹版鋼製金型印刷法のためのインクであって、前記磁性顔料粒子が少なくとも1つの別材料の層によって覆われている磁性コア材料を含むことを特徴とする、彫刻凹版鋼製金型印刷法のためのインクを開示する。被覆層は、単一で又は組み合わせで、高い正反射率又は拡散反射率、スペクトル選択性の吸収又は反射、及び角度依存性の吸収又は反射から選択される、可視及び/又は近赤外における特定の光学特性を顔料粒子に与え、広い色域及び他の光学的機能性を有するインクの調合を可能にする。
(もっと読む)


要約
本発明は、有価書類の偽造防止のための可逆ピエゾクロミックセキュリティ要素を開示するものであり、このセキュリティ要素は、弾性ポリマーの膜またはコーティング層の中に光学的にコントラストのある顔料粒子の集積を備えることを特徴とする。特定の実施の形態において、粒子は、膜またはコーティング層の面内の配列とは実質的に異なる姿勢に配向した光学的に変化する顔料薄片である。 (もっと読む)


本発明は、規定された光学特性を有し、機械によるその認証および読み取り、人間の目によるその認証を可能にするポリマー液晶物質のマーキングに関する。マーキングは、可変情報印刷工程によって、アイテム、商品、または物品上に施される。マーキングは、人間の目による容易な認証、ならびにそのライフサイクル全体にわたるマークされたアイテム、商品または物品のセキュアなトラッキングおよびトレーシングを可能にするユニークなコードを表すインディシアの形態である。
(もっと読む)


要約
開示される環状ライトガイド照明器10は、ライトガイド照明器の末端19において領域17を照明するためにライトガイド照明器の入口面12からライトガイド照明器の出口面16に光を導くように動作可能であり、底部が末端19に通じ、底部の反対側の切頭部20が内孔部21に通じて、領域から反射/放射された光を送り返すようになっている錐台形状の内部空洞18を備える。この照明器を実装する光学スキャナも開示される。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、基材シート5上のインクまたはコーティング組成物中の磁気的に配向された磁性粒子または磁化可能粒子を含む識別印を生成する装置および工程を開示する。
【解決手段】 装置は、フラット印刷スクリーン2と、シート5を受ける印刷プラテン1であって、印刷スクリーンに面した上面とシート5を取り出すことのできる上面に沿った第1の方向とを有する印刷プラテン1と、を有するフラットベッドスクリーン印刷ユニットと、多数の磁石アセンブリ6を備える磁気配向ユニットとを備える。磁気配向ユニットは印刷プラテン1の上面より下に配置され、多数の磁石アセンブリ6は第1の方向に沿って配置され、磁石アセンブリ6はすべて、印刷プラテンの上面から離れた第1の位置から印刷プラテンの上面に近い第2の位置へ同時かつ付随的に移動できる。 (もっと読む)


少なくとも1層の第1のコーティング層(P)でコーティングされた基材(S)と、第1のコーティング層(P)の上に、少なくとも1種類の磁性粒子または磁化可能粒子(F)を備える少なくとも1層の第2のコーティング層(I)とを有する保護対象書類(D)であって、識別印が磁性粒子または磁化可能粒子(F)の選択的な配向によってコーティング層(I)に具現された保護対象書類が開示される。さらに、上記の保護対象書類を作る工程が開示される。
(もっと読む)


本発明による、生産ラインでアイテムを識別するための開示された方法および対応するシステムは、アイテムのデジタル画像から作成される色ヒストグラムに依拠するものであり、色ヒストグラムは、ビンごとに、基準アイテムとの同一性識別のために加減されたビン当たりの最小画素数および最大画素数と比較される。
(もっと読む)


開示されるのは、光学的に変化する対セキュリティ要素であり、この光学的に変化する対セキュリティ要素は、光学的に変化する箔の形で、または光学的に変化する干渉顔料を含むインクで作られた印刷物の形で、第1および第2の光学的に変化する薄膜多層干渉デバイスを備え、第1および第2の干渉デバイスは、所定の入射角においてスペクトルマッチングを示す。また、光学的に変化する対セキュリティ要素を製造するための、光学的に変化するデバイスのセットおよび光学的に変化する顔料を含むコーティング組成物のセットや、書類および商品の保護へのセキュリティ要素の使用、そしてセキュリティ要素を担持する保護対象書類および商品についても開示される。 (もっと読む)


彫り込み銅版凹版印刷インクのためのインクが開示される。このインクは、結合剤成分として高分子量樹状ポリマーを含む。そのようなポリマーを含むインクは、凹版印刷工程で必要とされる適切な粘度範囲を保ったまま、有機溶媒(揮発性有機成分;VOC)の含有量を大幅に減らすように調合され得る。印刷され硬化された本発明の凹版インクにより、化学的および機械的な抵抗特性が向上した。
(もっと読む)


本発明は、機械による認証および読み取りと人間の目による認証とを可能にする所定の光学特性、を有する高分子液晶材料のマーキングに関する。マーキングは、可変情報印刷法によって、アイテム、商品、または物品上に付けられる。マーキングは、人間の目による容易な認証と、マーキングされたアイテム、商品、または物品の、そのライフサイクルを通じたセキュアな追跡(tracking)および追跡(tracing)とを可能にする固有の符号を表す識別印の形をしている。 (もっと読む)


11 - 20 / 21