王子ネピア株式会社により出願された特許

1 - 10 / 21


【課題】取り出し口の形状が異なる包装体であっても、主要部品の共用化が可能であって、しかもより薄くスマートな包装体ケースが望まれている。
【解決手段】本発明による包装体ケースは、包装体に形成された取り出し口から衛生用紙を取り出すための第1の開口を有するケース本体と、第1の開口を囲むようにケース本体の表面に一体的に重ね合わされる蓋フレームと、第1の開口に対応して蓋フレームに形成された開口部を開閉するための開閉蓋と、包装体の取り出し口から引き出された衛生用紙を保持し得る絞り開口を有し、ケース本体の内面に一体的に重ね合わされる絞り板と、絞り板と蓋フレームとでケース本体の第1の開口の周囲を挟み込んだ状態でこれらを連結するための連結手段とを具える。 (もっと読む)


【解決課題】
本発明は,フロントパッチの面積が少なく,かつ,着用者の動きに合わせて上下方向に折れ曲がりやすいフロントパッチ有するテープ型使い捨ておむつを提供することを解決課題とする。
【解決手段】
本発明は,フロントパッチの上縁辺と下縁辺の形状を凹部と凸部が連続して繰り返す形状とすることにより,フロントパッチの面積を減らすことができ,おむつの材料コストを削減できるという知見に基づくものである。また,本発明は,フロントパッチの上縁辺と下縁辺の形状を凹部と凸部が連続して繰り返す形状とすることにより,フロントパッチが着用者の動きに合わせて上下方向に折れ曲がりやすくなるという知見に基づくものである。 (もっと読む)


【課題】保湿ペーパーに施された印刷インクが固化した場合であっても,使用者に対し,良好な肌触り有する保湿ペーパー,その製造装置,及びその製造方法を提供する。
【解決手段】保湿剤が塗布された第1のペーパー1を,印刷が施された第2のペーパー2の印刷面2aに接するように重ね合わせ,第2のペーパー2の印刷面2aが使用者の肌に直接接しないようにすることで,使用者に対し,良好な肌触りを提供することができる。 (もっと読む)


【課題】保湿ペーパーに塗布された印刷インクの固化の影響により保湿ペーパーの肌触りが悪くなることを防止し,かつ,印刷インクの滲みが少ない保湿ペーパーの製造装置及び製造方法を提供する。
【解決手段】基本的に,保湿ペーパーに印刷を施した後,当該保湿ペーパーの印刷面1aに保湿剤を塗布することにより,印刷インクが固化した場合であっても保湿ペーパー全体の肌触りが劣化することを防止し,しかも印刷インクの滲みを低減させることができる。 (もっと読む)


【課題】被包装物品の取り出しが容易で、且つ、包装体を開封した後、包装体内に収納された被包装物品に、埃等の汚れが付着し難い包装体を提供する。
【解決手段】複数の被包装物品1が整列集合されて構成された被包装物品集合体10と、被包装物品集合体10を包装する包装フィルム20と、を備え、包装フィルム20の側面26には、天面27側に開封用の切込線30が形成されており、この切込線30の両端部30a,30aが、天面27に対して平行に延び、且つ、切込線30の中央部30bが、包装フィルム20の底面28側に向けて凸となるように折れ曲がって又は湾曲して形成されている包装体100。 (もっと読む)


【課題】包装体の開封時に,フィルムが不用意に裂けてしまうことを極力回避しつつ,仮にフィルムが不用意に裂けてしまった場合であっても,不必要な箇所までフィルムに裂け目が生じることを防止できる開封用ミシン目線を備えたシートロールの包装体を提供する。
【解決手段】フィルムのMD方向に直交する方向であるCD方向に沿って,ミシン目線中央部24aを設ける。さらに,ミシン目線中央部24aの両端部を起点として,包装体の天面22又は底面23が存在する方向に向かって屈折又は湾曲するように,ミシン目線両端部24bを形成する。 (もっと読む)


【課題】印刷インクの固化によりペーパーに生じた皺の影響をなくし,見栄えが良く,かつ保湿剤が効果的に浸透した保湿ペーパーを得るための製造装置及び製造方法を提供する。
【解決手段】少なくとも2枚のペーパー1,2,3が重ね合わされた保湿ペーパー10を製造する製造装置20において,一方のペーパーに保湿剤を塗布する保湿剤塗布部を設け,他方のペーパーに印刷を施す印刷部22を設け,両ペーパーを重ね合わせる重ね合わせ部24の前に,印刷を施したペーパーに張力を付加して皺を引き延ばす張力付加部23を設けた。 (もっと読む)


【課題】ベルト型の使い捨ておむつにおいて,ウエストベルトに弾性伸縮材を配設してフィット性を向上させつつも,このウエストベルトに,着用者の肌に対して刺激を与えないような柔軟性とクッション性を持たせる。
【解決手段】ウエストベルト4を構成する2つのシート層間41,42にウエスト伸縮材44を配置してフィット性を向上させつつも,2つのシート層間にクッション機能を果たす空間Sを形成することにより,ウエストベルトが着用者の肌に対して与える刺激を低下させるという知見に基づく。着用者の肌に接するシート部とウエスト伸縮材の間に,さらにクッション形成シート部43を配置し,着用者の肌に接するシート部とクッション形成シート部を間欠的に接合することで,クッション機能を果たす空間を形成する。 (もっと読む)


【課題】伸縮材が過度に伸張することがなく快適な着用感を得られるとともに、容易に製造することができる使い捨ておむつを提供する。
【解決手段】後被包部6を胴周り方向に伸縮させるように形成された伸縮部80と、伸縮部80と重畳する位置に配置され、伸縮部80を被覆するギャザーを形成するギャザー形成シート82と、止着材48が付設され、後被包部6を前被包部2に対して止め付ける止着テープ11と、を備え、胴周り方向に伸張させた状態の伸縮部80と、ギャザー形成シート82とが、胴周り方向に向かって間欠的に形成された接合部84を介して接合されており、左止着テープ11Aが、伸縮部80及びギャザー形成シート82の左側縁部と重畳する位置に接合されるとともに、右止着テープ11Bが、伸縮部80及びギャザー形成シート82の右側縁部と重畳する位置に接合されている使い捨ておむつ1。 (もっと読む)


【課題】ウエストギャザー全体に柔軟性とクッション性を有しつつ,特に,ウエストギャザーの下部(股下部側)の柔軟性とクッション性が優れた使い捨ておむつを提供する。
【解決手段】折り返されたアウターシート10の間に複数のウエスト伸縮材20を配置してウエストギャザーを形成し,複数のウエスト伸縮材20と折返部の間にクッション形成シート30を間欠的に接合しつつ,複数のウエスト伸縮材20のうち,その下部に配置された下部伸縮材群20bとクッション形成シート30との間に,さらに1枚以上のシートを配置することにより,ウエストギャザー全体の柔軟性とクッション性を高めつつも,特にウエストギャザーの下部の柔軟性とクッション性を向上させることができるという知見に基づくものである。 (もっと読む)


1 - 10 / 21