説明

NECシステムテクノロジー株式会社により出願された特許

81 - 90 / 438


【課題】ユーザとサービス業者の双方が利益を得ることができる接近通知装置、接近通知方法及びプログラムを提供する。
【解決手段】位置情報制御装置300は、サービス業者、ユーザの位置情報を保管する。サービス業者装置200は、所定の時間経過に従って位置情報を位置情報制御装置300に送信する。接近通知装置100は、位置情報制御装置300からサービス業者装置200の位置情報を受信し、サービス業者がユーザに達するまでの所要距離及び時間を求め、接近していると判別した場合にユーザに通知する。 (もっと読む)


【課題】施設予約の成立確率が高い施設予約装置を提供する。
【解決手段】定員を含む施設の仕様と、この施設の使用が予約されている日時と、前記施設の使用を行う人数と、前記予約を行った予約者の名前と端末アドレスとを、前記施設の名称に関連付けて記憶する管理記憶部と、利用者端末から送信された利用者が希望する施設の仕様、使用を希望する日時、希望する使用人数に基づいて、前記管理記憶部を検索し、前記希望する日時と少なくとも一部重複する日時に予約されている前記利用者が希望する仕様を満たす施設の名称が抽出された場合、前記予約されている日時に予約されていない、前記予約されている使用人数を超える定員を有する仕様の代替施設を検索し、前記希望する日時と少なくとも一部重複する日時を予約している予約者の端末に、前記代替施設に前記譲渡候補者の予約する施設を変更することを要請する通知を送信する代替検索部と、を有する施設予約装置。 (もっと読む)


【課題】アプリケーションに含まれる不要機能によるハードウェアリソース消費量を、ユーザの負担無く軽減することができるアプリケーション管理装置を提供すること。
【解決手段】アプリケーションを構成する有効な機能リストを記憶した機能リスト記憶部11と、各機能の実行履歴を表す機能使用履歴情報を記憶した機能使用履歴情報記憶部12と、機能使用履歴情報に基づいて各機能が不要か否かを判定するための不要機能判定条件を記憶した不要機能判定条件記憶部13と、各機能の実行に応じて機能使用履歴情報を更新する機能使用履歴情報更新部15と、各機能が不要機能判定条件を満たすか否かを機能使用履歴情報に基づいて判定するとともに、不要機能判定条件を満たすと判定した機能をアプリケーションから削除して無効にする機能構成更新部16と、有効な機能構成の更新に応じて機能リストを更新する機能リスト更新部14と、を備える。 (もっと読む)


【課題】アクティベーションに関する情報に基づいて、より正確に不正使用ソフトウェアを検出する。
【解決手段】管理サーバが、ネットワーク上に流出しているアクティベーション情報に基づいて検出用パターンファイルを作成し、作成した検出用パターンファイルをアクティベーション情報格納領域に登録する。端末が、管理サーバから検出用パターンファイルを取得し、端末自身に格納されているアクティベーション対象情報の内容が、取得した検出用パターンファイルに含まれている初期データと異なっているか否かを判別する。判別の結果、初期データと異なっていた場合は検出用パターンファイルに関連する或るソフトウェアについて不正使用の可能性があると判断し、ソフトウェア不正使用可能性情報を作成する。 (もっと読む)


【課題】データの文字列が完全に一致しない場合や表現が異なる場合においても、データを分類することができるデータ分類システム、データ分類方法およびプログラムを提供する。
【解決手段】データ分類システム100は、データ取得部11、文字列抽出部12、判定部13、変換部14および分類部15を含む処理装置1と、データ情報21、辞書情報22、変換ルール23およびカテゴリ情報24などを記憶する記憶部2、入力部3および出力部4を備える。データ取得部11は、検索可能な文字列を含むデータを取得する。文字列抽出部12は、データに含まれる所定の文字列を抽出する。変換部14は、変換ルール23に基づき所定の文字列を変換する。判定部13は、所定の文字列または変換した文字列と基準の文字列との類似度をカテゴリ情報24に基づき判定する。分類部15は、所定の文字列を対応するカテゴリ情報24のカテゴリにグルーピングする。 (もっと読む)


【課題】 コンピュータシステムの障害情報取得の工程を短縮する
【解決手段】 情報処理の実行を妨げる事象が発生したユーザ端末から前記事象の発生毎に送信された、前記事象に関するログ(障害ログ)を含むログ情報を記憶するログ情報退避部と、前記ログ情報を前記ユーザ端末から受信して前記ログ情報退避部に格納し、前記ログ情報退避部から、前記障害ログを、前記事象から前記事象の発生の原因を探索する保守装置に送信するログ情報送受信手段と、を備える障害情報中継装置。 (もっと読む)


【課題】入力ボックスに応じて最適な入力モードを自動で設定したり、或いは入力ボックス毎に最適な漢字変換候補を自動で優先表示させることが可能な文字入力装置及び方法を提供する。
【解決手段】入力ボックスフォーカス判定手段101はWebページ上の文字を入力する入力ボックス内にカーソルが移動したことを判定し、入力ボックス周辺解析部102は入力ボックスフォーカス判定手段101によりカーソルが移動したと判定された入力ボックス周辺の文字情報を解析する。そして、入力ボックス周辺解析手段102で解析された文字情報に基づいて入力ボックスに文字を入力する入力モードや入力ボックスに文字を入力する際に表示画面に優先的に表示する漢字変換候補を設定する。 (もっと読む)


【課題】利用者間での不正なファイル操作をも確実に防止でき、よりセキュリティレベルを向上させることが可能な管理サーバ及びその端末管理方法を提供する。
【解決手段】個々のユーザに対してファイル毎に所定ファイル処理の許可・不許可を示す情報が登録されたテーブルを具備し、管理サーバ20はクライアント端末10からのファイル処理要求時にそのテーブルを参照してファイル処理要求のユーザがファイル処理の対象ファイルに対してファイル処理が許可されているかを判定し、ファイル処理要求のユーザに対して対象ファイルのファイル処理が許可されていると判定された場合、クライアント端末にファイル処理を許可する。 (もっと読む)


【課題】複数のベクタペアによって構成される文字輪郭のサイズ変更やウェイトなどが変換された場合であっても、文字ストロークを正確に判定する。
【解決手段】第1のベクタペアに含まれる、延長線方向の最大座標値と直交方向の最大座標値とがなす第1の端点と、第2のベクタペアに含まれる、延長線上またはその延長線に平行な線上の最小座標値と直交方向の最小座標値とがなす第2の端点とを結んだ直線と、第1のベクタペアに含まれる、延長線方向の最大座標値と直交方向の最小座標値とがなす第3の端点と、第2のベクタペアに含まれる、延長線上またはその延長線に平行な線上の最小座標値と直交方向の最大座標値とがなす第4の端点とを結んだ直線との交点を求め、その交点が、第1のベクタペアと第2のベクタペアとが含まれる文字輪郭の領域内に含まれる場合に、第1のベクタペアと第2のベクタペアとが同一ストロークを構成すると判定する。 (もっと読む)


【課題】互いに異なるシステムとして動作する2つのクライアント間のシームレスな連携を可能にし得る、セッション管理装置、セッション管理方法、及びプログラムを提供する。
【解決手段】セッション管理装置30は、第1のクライアント11からのログイン情報が正当である場合に、第1のクライアントとアプリケーションプログラムとの間に第1のセッションを確立する第1の接続制御部31と、第1のセッションの維持に必要な情報を保持するセッションオブジェクトを生成し、第1のクライアント11にセッションIDを設定するセッション制御部32と、第2のクライアント12が第1のクライアント11から受け取ったセッションIDを用いてアプリケーションプログラムとのセッションの確立を要求すると、セッションオブジェクトを用いて、第2のクライアントとアプリケーションプログラムとの間に第2のセッションを確立する第2の接続制御部33とを備える。 (もっと読む)


81 - 90 / 438