説明

キヤノンマーケティングジャパン株式会社により出願された特許

71 - 80 / 656





【課題】電子帳票システムを利用することによるペーパーレスによる効果を示す指標を提示すること。
【解決手段】ペーパーレスによる効果を示す指標を表示可能な情報処理装置であって、帳票データを管理する管理手段と、前記管理手段により管理される帳票データに対するクライアント端末を介するユーザの操作の種別に応じて、ペーパーレスによる効果を示す指標を表示するために用いるポイントを当該ユーザに対して付与する付与手段と、所定のタイミングで、前記付与手段により付与されたポイントを用いて、所定のユーザに対してペーパーレスによる効果を示す指標を表示する表示手段とを有する。 (もっと読む)


【課題】 データ送信先システムが管理するストレージの空き容量と、送信するデータ群に含まれるデータの間の関連性を考慮して、データ送信先システムが実行する処理にとって適切な手順でデータを送信するデータ連携装置を提供する。
【解決手段】 データ連携装置は、データ群をデータ送信先システムに送信する際に、複数のデータを組み合わせて送信するか否かの指示と、組み合わせて送信する場合には組み合わせ条件を受け付け、データグループ毎に組み合わせて送信する場合には組み合わせ条件に基づいて組み合わせたデータグループのサイズ、データ毎に送信する場合にはデータのサイズと、データ送信先システムのストレージの空き容量とを比較してデータグループまたはデータの送信可否を判定し、送信可と判定された場合にデータ送信を繰り返す。 (もっと読む)


【課題】 ユーザがソースプログラムを作成する前や作成している過程で、コメントを付加した処理ブロックを用いて、ソースプログラムの全体の構成を把握し易くさせて、ユーザのソースプログラム生成を補助することができる。
【解決手段】
グラフィカルユーザインタフェースを利用してプログラムを生成するプログラムであって、処理が未定義であることを象徴する処理未定義図形オブジェクトを提供する処理未定義図形オブジェクト提供手段により提供された処理未定義図形オブジェクトを複数組み合わせてソースプログラムの構成を受け付ける。処理未定義図形オブジェクトにコメント文を付加して、処理未定義図形オブジェクトを処理定義された複数種類の処理プログラムに対応した複数種類の処理を象徴する処理定義図形オブジェクトへの変更を受け付け、処理定義図形オブジェクト毎に定義されたテンプレートとソースプログラムの構成からソースプログラムを生成する。 (もっと読む)


【課題】 送信先ごとにエンベロープ情報が作成された送信先分割メールの送信制御を、送信先分割される前のエンベロープ情報を用いて行う。
【解決手段】 受信した電子メールデータと同一の識別情報を持つ他の電子メールが既に取得済みであるかを判定する。同一の識別情報を持つ他の電子メールを既に取得済みであると判定した場合には、エンベロープ情報の統合を行う。そして、統合されたエンベロープ情報と送信制御ルールとを照合し、送信制御ルールに設定されている条件に合致した場合、当該送信制御ルールに設定されている処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、複数の帳票データを検索する際に、ユーザの負荷を軽減し、検索をし易くする情報処理装置を提供する。
【解決手段】帳票データと当該帳票データ内に検索対象として設定された領域の文字列と設定された領域の領域識別情報とを含む領域情報とを対応させて記憶するサーバ装置に通信可能に接続された情報処理装置であって、検索対象となる帳票データの指定を受け付け、当該指定された少なくとも1つの帳票データに対応する領域情報を取得する。そして、取得された領域情報に従って、複数の帳票データに対応する領域と1つの帳票データに対応する領域とに分類し、分類した各領域を識別可能に表示する。 (もっと読む)


【課題】 開発者が、表示画面内に表などのデータを表示する表示欄をレイアウトする場合に、煩雑な作業を要せず、簡単な操作で表示欄と表示すべきデータ項目の対応付けを簡単な操作で行うための仕組みを提供する。
【解決手段】 プログラム開発装置の表示画面内にレイアウトされる複数の前記検索結果に含まれるデータ項目に対応する値を表示するためのオブジェクトに対し、当該オブジェクトに表示する前記検索結果を取得するためのクエリを用いて、検索サービスに要求することによって得られる検索結果を取得して、検索結果に含まれるデータ項目に対応する値を表示するためのオブジェクトを作成する。 (もっと読む)


【課題】 送信先ごとにエンベロープ情報が作成された送信先分割メールの送信制御を、送信先分割される前のエンベロープ情報を用いて行う。
【解決手段】 受信した電子メールデータと同一の識別情報を持つ他の電子メールが既に取得済みであるかを判定する。同一の識別情報を持つ他の電子メールを既に取得済みであると判定した場合には、エンベロープ情報の統合を行う。そして、統合されたエンベロープ情報と送信制御ルールとを照合し、送信制御ルールに設定されている条件に合致した場合、当該送信制御ルールに設定されている処理を実行する。 (もっと読む)


71 - 80 / 656