説明

株式会社第一興商により出願された特許

1 - 10 / 537


【課題】 選曲予約用リモコン装置として利用するパーソナル携帯端末とカラオケ演奏端末とのペアリングを適切に管理することにより、悪戯等による選曲予約操作が行われないようにして、選曲予約操作が混乱することを防止する。
【解決手段】 選曲予約許可判定手段22を備えて、パーソナル携帯端末50を使用した選曲予約に制限時間を設ける。選曲予約許可条件として、ペアリング指示時刻から第1所定時間が経過するまでの第1許可条件(最長制限時間)と、選曲予約情報を受信した時刻が、前回の選曲予約情報の受信時刻から第2所定時間以内であるという第2選曲予約許可条件とを設ける。第1及び第2選曲予約許可条件を満足した場合に、当該選曲予約情報に基づく選曲予約を許可する。第2所定時間は、同一のカラオケ演奏端末30と同時にペアリングが行われているパーソナル携帯端末50の数に応じて増減させる。 (もっと読む)


【課題】 カラオケリモコン装置と無線アクセスポイントとの間で接続が途絶えた場合であっても、速やかに他の無線アクセスポイントとの間における接続の確立を可能とする。
【解決手段】 ネットワークにおいて同一のセグメントに接続された複数の無線アクセスポイント40に対して、同一のESSIDを設定するESSID設定手段40aと、当該ESSIDが設定された任意のカラオケリモコン装置22が無線通信を行っている任意の無線アクセスポイント40との接続が途絶えた場合に、同一のESSIDが付与された他の無線アクセスポイント40のいずれか1つにローミングを行うローミング手段22cとを備える。 (もっと読む)


【課題】 パーソナル携帯端末とカラオケ演奏端末との距離関係に基づいて、パーソナル携帯端末を用いた選曲予約を許可するか否かを判断する。
【解決手段】 選曲予約許可手段21を備えることにより、任意のパーソナル携帯端末40から選曲予約情報を受信した場合に、ペアリング許可判定データベース23を参照し、当該選曲予約情報に含まれる基地局情報54cが、当該選曲予約情報に含まれる演奏端末識別情報54aに関連付けられた基地局情報54cの少なくとも2つ以上と一致すれば、当該受信した選曲予約情報に基づく選曲予約を許可し、当該基地局情報54cの少なくとも2つ以上と一致しなければ、当該受信した選曲予約情報に基づく選曲予約を許可しない。 (もっと読む)


【課題】 パーソナル携帯端末とカラオケ演奏端末との距離関係に基づいて、パーソナル携帯端末を用いた選曲予約を許可するか否かを判断する。
【解決手段】 選曲予約許可手段21を備えることにより、任意のパーソナル携帯端末50から選曲予約情報を受信した場合に、ペアリング許可判定データベース23を参照し、当該選曲予約情報に含まれる現在位置情報が、当該選曲予約情報に含まれる演奏端末識別情報に関連付けられたエリア内に存在すれば、当該受信した選曲予約情報に基づく選曲予約を許可し、当該エリア内に存在しなければ、当該受信した選曲予約情報に基づく選曲予約を許可しない。 (もっと読む)


【課題】 楽曲演奏を一時停止した場合であっても、無音状態とすることなく停止時音声出力を行うことが可能な楽曲演奏一時停止機能を備えた楽曲演奏装置を提供する。
【解決手段】 楽曲演奏中に、当該楽曲演奏の一時停止指令信号を受信すると、当該楽曲演奏の音声出力を一時停止させると共に、当該楽曲演奏に伴って表示されている映像を一時停止させる演奏一時停止制御を行う演奏一時停止制御手段39と、演奏一時停止制御が行われている間、当該楽曲演奏とは異なる音声を出力させる一時停止時音声出力制御手段40とを備える。 (もっと読む)


【課題】 歌唱者にとって歌詞テロップの文字サイズが小さすぎる場合であっても、歌唱者が容易に歌詞を思い出すきっかけを与えることが可能なカラオケ演奏装置における歌詞文字表示システムを提供する。
【解決手段】 カラオケ楽曲の演奏に同期して表示させる歌詞文字データ及びその表示タイミングデータ33bをカラオケ楽曲毎に記憶する歌詞文字データ記憶手段(楽曲データベース34a)と、任意のカラオケ楽曲の演奏に際して、当該カラオケ楽曲の表示タイミングデータ33bに基づいて複数の歌唱フレーズをそれぞれ識別し、各歌唱フレーズにおいて歌詞文字データを表示させる際に、各歌唱フレーズにおける先頭側の文字サイズを末尾側の文字サイズよりも大きく表示させる歌詞文字表示サイズ制御手段39とを備える。 (もっと読む)


【課題】 利用者がカラオケルームを移動する際に、移動前のカラオケ演奏端末における選曲予約情報を、移動先のカラオケ演奏端末で利用可能とする。
【解決手段】 任意のカラオケ演奏端末30において、任意のパーソナル携帯端末50から再生停止指示が入力され、選曲待避情報を受信した場合に、当該カラオケ演奏端末30におけるすべての選曲予約情報を予約待ち行列64aから待避させて、すべての楽曲の再生を停止させる選曲予約情報待避手段72と、移動前のカラオケ演奏端末30で予約待ち行列64aから待避されている選曲予約情報を、移動先情報を受信した新演奏端末識別情報を有するカラオケ演奏端末30に移行させる選曲予約情報移行手段73と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 利用者がカラオケルームを移動する際に、移動前のカラオケ演奏端末における選曲予約情報を、移動先のカラオケ演奏端末で利用可能とする。
【解決手段】 任意のカラオケ演奏端末30において、任意のパーソナル携帯端末50から再生停止指示が入力された場合に、当該パーソナル携帯端末50の利用者識別情報を含む選曲予約情報を予約待ち行列64aから待避させて、当該楽曲の再生を停止させる利用者別選曲予約情報待避手段72と、移動前のカラオケ演奏端末30で予約待ち行列64aから待避されている選曲予約情報を、移動先情報を受信した新演奏端末識別情報を有するカラオケ演奏端末30に移行させる選曲予約情報移行手段73と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 利用者が各自所有するパーソナル携帯端末を用いて、早押し曲名当てクイズ等のように、各利用者を識別して勝敗を決定するゲームを行わせる。
【解決手段】 パーソナル携帯端末を選曲予約用リモコン装置として利用するシステムであって、クイズ対象となる楽曲について、ヒント情報及び楽曲IDからなるクイズ問題情報を楽曲索引データベース65cから抽出するクイズ問題抽出手段66と、抽出したヒント情報を表示装置34に表示させるクイズ問題提示手段75と、所定時間内に利用者が解答として選曲した楽曲IDと、正解である楽曲IDとを比較して、正解である解答情報の中から最先にカラオケ演奏端末30に到達した解答情報を最先正解情報として特定する最先正解情報特定手段67と、最先正解情報に基づいて正解である楽曲名及び勝者である選曲者情報を表示装置34に表示させる勝者提示手段76と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 歌唱者が発声すべき目標声量レベルを表示して、実際に歌唱者が発声してマイクロホンから入力された入力声量レベルと目標声量レベルとを比較することにより、目標声量レベルの声量で発声出来ているか否かを報知する。
【解決手段】 演奏されるカラオケ楽曲について、歌唱者が発声すべき目標声量レベルを設定する目標声量レベル設定手段40と、所定の表示装置25において、目標声量レベルを表示させる目標声量レベル表示制御手段41と、マイクロホン24から入力された歌唱音声の入力声量レベルを検知する入力声量レベル検知手段42と、所定の表示装置25において、入力声量レベルを表示させる入力声量レベル表示制御手段43とを備える。 (もっと読む)


1 - 10 / 537