株式会社ホンダアクセスにより出願された特許

1 - 10 / 205



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】 適切な転送モードを選択可能なコンテンツ転送システムを提供する。
【解決手段】 車載装置200と携帯情報端末100との間で利用される無線によるコンテンツ転送システムシステム300は、携帯情報端末100が有するコンテンツデータのファイル形式及び/又はビットレートを読み取るコンテンツデータ読取部340と、コンテンツデータ読取部340の読み取り結果に応じて複数の転送モード(例えば、Bluetooth(登録商標)転送モード及びWifi転送モード)のうちの何れかを選択する転送モード選択部350と、を備える。 (もっと読む)


【課題】マット本体の貫通孔において上部半体及び下部半体の連結筒部を確実に連結する。
【解決手段】マット本体5の固定装置は、車両に固定した第一固定部材4と、マット本体5に固定した第二固定部材6とを備え、第一固定部材4は上下方向の回転ノブを備え、第二固定部材6は回転ノブを挿入する挿入受け部70を備え、この挿入受け部70に回転ノブが保持可能である。また、第二固定部材6は、マット本体5を挟む上部半体41及び下部半体42と、これら上部半体41及び下部半体42にそれぞれ設けられた対をなす連結筒部43,44とを備え、マット本体5に貫通孔61を設け、この貫通孔61内で対をなす連結筒部43,44を連結して上部半体41及び下部半体42を連結する。そして、一方の連結筒部44の開口縁44Fに延長部51を設け、両半体41,42を係合した際に延長部51が屈曲するように構成する。 (もっと読む)


【課題】 安全に車両が走行可能な、車載装置と携帯情報端末が連携するシステムを提供する。
【解決手段】 車載装置200と携帯情報端末100が連携するシステム300は、携帯情報端末100が車載装置200と通信するためのインターフェース部310と、インターフェース部310によって得た情報により車載装置200との連携を判断する連携判断部320と、車両が走行中であるか否かを判別する車両走行判別部350と、車両が走行中である時に登録アプリケーションの使用を制限するランチャーアプリケーションを起動するアプリケーション起動制御部330と、ランチャーアプリケーションが起動することをトリガーとして、携帯情報端末100の表示部110の画面を消灯させる照明制御部350と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 安全に車両が走行可能な、車載装置と携帯情報端末が連携するシステムを提供する。
【解決手段】 車載装置200と携帯情報端末100が連携するシステム300は、携帯情報端末100が有する複数のアプリケーションのうちの登録される少なくとも1つの登録アプリケーション221,222,223,224,225,231,232,233,234の使用を制限するデータ制御部310と、車載装置200を有する車両の状況に応じて少なくとも1つの登録アプリケーションが使用可能な場合(例えば車両が停車中である場合)、使用可能な登録アプリケーションの表示(例えば画面230等)を車載装置200の表示部210に出力するデータ出力部320と、を備える。 (もっと読む)


【課題】固定状態を確実に保持することができる車両用フロアマットを提供する。
【解決手段】マット本体と、このマット本体を車両に固定する固定装置とを備えた車両用フロアマットにおいて、固定装置は、車両に固定した第一固定部材4と、マット本体に固定した第二固定部材6とを備え、第一固定部材4は、上下方向を軸とした回転ノブ31を備え、第二固定部材6に回転ノブ31を挿入する挿入受け部90を設け、この挿入受け部90に挿入した回転ノブ31の回転により挿入受け部90に回転ノブ31が係止し、第二固定部材6は回転ノブ31の回転を阻止するレバー41を備える。マット本体の車両に対する固定機構を回転ノブ31とこの回転ノブ31に嵌合するレバー41とにより二段階で固定することで強固な固定が可能となる。 (もっと読む)


【課題】 音の分解性能を向上可能な車室内のマイクアレイ配置構造等を提供する。
【解決手段】 車室150内のマイクアレイ配置構造100は、複数のマイク11,12,13,14を備えている。複数のマイク11,12,13,14が凸曲線状LMに配置され、複数のマイク11,12,13,14は、第1のマイク11を有し、第1のマイク11の軸の方向DR1は、運転手170の口元171を向いている。マイクアレイ配置構造100は、複数のマイク11,12,13,14を収納し、且つ複数の孔21,22,23,24を有するカバー30,31,33を更に備えている。カバー30,31,33の表面は、凸曲線状LCを形成し、複数のマイク11,12,13,14の各々は、複数の孔21,22,23,24のうちの1つの孔に対応するようにカバー31,33の内側に固定されている。 (もっと読む)


【課題】着脱が容易で、雨風や虫の侵入を防止することができる自動車用網戸を提供する。
【解決手段】ドア2と、このドア2に設けられた窓枠3と、この窓枠3の上辺部14の車内側に設けられドア2の閉鎖時に車体ボディ1と該ドア2とを水密状態に保持するドア側ウエザーストリッパ15とを備えた自動車に取付可能な網戸31であって、網戸31と窓枠3の上辺部14とを接合する接合手段が設けられ、接合手段は枠体32の網上辺部34に設けた差込み片45からなり、差込み片45を窓枠3とドア側ウエザーストリッパ15との間に差込保持し、ドア2の閉鎖時に枠体32の網上辺部34がドア側ウエザーストリッパ15にて圧着保持されるから、ドア閉鎖時における保持強度が向上すると共に、従来構造のように網戸の枠体を経由した雨水などの浸入を防止することができる。 (もっと読む)


【課題】視認性と透過光の指向性に優れた照明効果が得られる車両用外装部品を提供する。
【解決手段】車両に取り付けられる車両用外装部品1において、外装部品1は基体2及び該基体2の外面を覆う光透過性材料からなる外装体3にて構成され、外装体3には光輝性を有すると共に光透過性を備えた表面処理部31を設け、基体2及び外装体3間には発光体32を備えてなり、発光体32の近傍の基体2及び外装体3間には発光体32からの光を遮蔽する弾性部材33を設ける。光を遮蔽する弾性部材33により、発光体32が不作動時には光輝処理された外装体3が意匠面となり、発光体32が作動時には任意の範囲に適切な透過光を放出することで透過光による意匠面の適切な構築が可能となる。 (もっと読む)


1 - 10 / 205